読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

アニメ業界で働きたい人のために少しでもマシな会社を選んでみた

こんにちは。 3回にわたって自分の経験から、アニメ業界の業務改善を図る提案を幾つかさせてもらいました。いただいているコメントには「それができない理由も、筆者は百も承知だろうけど」とか「桝本さんの本の記述からダメそうだと感じた」というのもあり…

アニメ業界で働いた体験から提言をしたい、業界の改革案③

こんにちは。 前回、前々回と自分のアニメ制作体験から 労働環境の酷いアニメ業界を健全なものにするための 改革案をつらつら述べてきました。いただいたコメントには 「5年前までは僕のいたころと変ってなかった」という 貴重な体験談もあり、やっぱりなと…

アニメ業界で働いた体験から提言をしたい、業界の改革案② 

こんにちは。 前回のブログでは制作スケジュール破綻による、秋のアニメの放映時期延期という話題と自分自身のアニメ業界での経験を踏まえて業界の改革案の一部について語ってみました。前回ではビジネスマナー研修などを通じて、アニメ制作会社の常識=社会…

アニメ業界で働いた体験から提言をしたい、業界の改革案①

こんにちは。 今日のブログのテーマはこの話題。 www.excite.co.jp ぶっちゃけて言うと、もう20年以上前から労働環境の苛酷さなどで人手不足に陥っていたアニメ業界で、作品の制作スケジュールの崩壊を理由に放映延期になる番組が増加。10月から放送予定のア…

アニメ業界体験録 -エロの言い訳だった泣きゲーだけど、結局の所「泣ける」より「抜ける」が目的だろ?-

こんにちは 本日のテーマはこのブログから。 アニメとエロが これほど強く結びついたのはいつ頃か? それはたぶん、10年程前のとあるムーブメントが ひとつの契機になったのではないかと、僕は思います。 今から10年ほど前、 エロゲーにあるムーブメントがあ…

アニメ業界で働いたからこそ言う。この業界は一度ぶっ壊れるべき。

こんにちは 本日は久々のアニメ業界体験録。 久々にこのテーマでブログを書こうと思ったのは この記事がきっかけでした。 mantan-web.jp マングローブとは直接お仕事をしたことはありませんが 小説や漫画などの原作つきではない「オリジナル」作品を 作るだ…

実録・月130時間~200時間を越える残業を続けると、人間はどうなる(アニメ業界編)

こんにちは 最近、はてなブログで 流行っている「実録残業」シリーズ。 本日、この流行に便乗させてもらって アニメ業界の残業についてブログを書きます。 「ハケンアニメ!」をキーワードに 僕のアニメ業界体験録を訪れる人がいますが 多くの人が気になるの…

アニメ業界の合コン。ハケンアニメはやっぱりファンタジーだった

こんにちは ブログで何度もとりあげている「ハケンアニメ!」が 2014年度の本屋大賞にノミネートとのこと。コレに便乗をさせてもらい、 このブログのアクセス数がアップしないかな?と勝手な事を考えている AMネットワークです。 さて。 昨日のブログでアニメ…

アニメ業界での男女の出会いについて

こんにちは。 本日のブログもアニメ業界について。 テーマはたぶんお待ちかねの 「アニメ業界における男女の出会い」。 最近は「ハケンアニメ!」や「 SHIROBAKO」など美女がアニメ業界で 活躍する物語が増えているため、この辺については気になる人も 多いだ…

アニメ業界での経歴なんて実社会でゴミ同然だった

こんにちは 先週はブログを書いたり書かなかったりの日が続き、イライラしてました。 アニメ業界を卒業後は、現在IT技術者となってお仕事してますけど 久々の徹夜で、40歳での徹夜業務のキツさを心底、思い知った。 徹夜がイヤでアニメ業界をやめたっていう…

アニメ業界で働いた体験から先輩の質の重要さを語る

こんにちは 昨日の話の続き。 アニメ業界体験録 -10年前のハケンアニメ世界にいた僕- - サブカル 語る。 アニメ業界体験録 -10年前のハケンアニメ世界にいた僕- - サブカル 語る。 その続きを書く前に、こんなブログ記事を見つけました。 アニメの制作進…

アニメ業界で働いていたけど、ハケンアニメな世界なんて存在しない

こんにちは 昨日はアニメ業界の体験について語るため、前ふりみたいな記事を書きました。 ハケンアニメやSHIROBAKOはファンタジーである - サブカル 語る。 ハケンアニメやSHIROBAKOはファンタジーである - サブカル 語る。 リアルなアニメ制作の現場ってい…

ハケンアニメやSHIROBAKOはファンタジーである

こんにちは お正月も三が日を越えたので、そろそろ本来のサブカルについての話題に戻ろうかと思います。今回のテーマは「アニメ制作物語」。昨年はどういうわけか、アニメ制作現場をテーマにした物語が幾つか話題となっていました。ひとつは辻村深月さんの小…