サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

ドラえもんとドラミちゃんのいい話

こんにちは

本当はドラミちゃんの設定に続いてこの話を書くはずだったんですけど

実写のルパン三世ー念力珍作戦ーの映像を見つけたことに驚いたため

後々になっちゃっていました。

 

このへんで話をドラえもんに戻して2人のマイナー話をもうひとつだけ

 

ドラえもんとドラミちゃん。2人の年齢はいくつなのか?

ドラえもんの年齢については作者の藤子・F・不二雄さんも

考えていなかったようですけど誕生日だけはあります

 

ドラえもん  2112年 9月3日

ドラミちゃん 2114年 12月2日

※ちなみにドラえもんの誕生日には「129.3」という数字が秘められており、

これは連載当時の小学4年生の平均的な身長だったそうです

誕生日だけでなく、身長や体重などもこの数にちなんだ設定になっています。

(ファンサイトのドラえもんデータを参照) 

 

その誕生日と年齢についてはこんなエピソードもあります。

現在の声優さんに変わる前の2004年にラジオの「子ども電話相談室」で

子どもから「ドラえもんと、ドラミちゃんは何歳ですか?」という質問を

受けました。質問をうけたドラえもん役の大山のぶ代さんは

年齢を知らないながらも慌てることもなく

 

「僕が生まれたのは2112年で、現在2004年だから2004引く2112で・・・

マイナスになっちゃった」ととぼけて答え、

ドラミちゃん役の よこざわけいこさんは

「お兄ちゃんより2歳年下です」と答えて難局を乗り切ったそうな。

子どもたちの夢を壊さないお2人の回答にただただ感心。

 

 ※専門雑誌の「ぼく、ドラえもん」から引用しました

 

 

広告を非表示にする