読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

ゆるキャラグランプリ2014のその後 -ブンカッキーの系譜を探せ-

ゆるキャラ ブンカッキー

こんにちは

ゆるキャラグランプリ2014もぐんまちゃんの優勝で幕を閉じましたが

ふと、こんな記事を発見

人気の陰で...ゆるキャラの「汚れ」問題が深刻化している - ネタりか

 

そりゃね。あんだけ各地回って動き回っておしゃべりしまくってたら

お風呂にでも入んない限り汚れていくでしょう。

ふなっしーがTVに出ていた時にゲストから

ふなっしー臭い!」といわれていましたもんね。

 

さて本題

 

現在のゆるキャラムーブメントはまったくゆるくない

ただ可愛いだけの「かわキャラ」たちが中心になっている事は

以下のブログ記事で何度も語りました。 

 

だけど僕自身はまだ諦めていません。

みうらじゅんに「ゆるキャラ」という概念を発想させた

ブンカッキーのような地域愛と間抜けさ、地域アピールのためだけに

生まれたそこはかとない悲哀を持つキャラ、いわばブンカッキーの系譜を継ぐ

キャラは必ずいるはずと思い、今年度のグランプリ出場キャラを調べていたら

こんなキャラを見つけました。

 

f:id:arrow1953:20141111234507j:plain

   アメリカイリノイ州代表

「Big Lincoln」

 

・・・来ちゃったよ

・・・出馬しちゃったよプレジデント。

 

本人のコメント

日本で「人民の、人民による、人民のためのゆるキャラ」を目指し

米国イリノイから参上。顔はこの通りだが、心は広く日本の皆さんと

「ゆるく」お付き合いを続け、そして私の故郷にもお越しいただきたいと願う

 

 

遠く海外からようこそ、大統領!今日はポッキーの日なので

参加賞のポッキー1箱あげるから、持ってお帰りなさい。

 

っていうか、このゆるキャラグランプリのために

アメリカで「予備選」とかあったんでしょうか?実に気になる。

黒人奴隷開放の父であった彼の功績もあって

現在、アメリカではオバマが大統領となったというのも

なんだか深く考えさせられるものがある今日この頃。

 

※ブログを面白いと思ったらぜひ、ブックマークにクリックを