読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

カレーの王子さま -王国をめぐる物語-

f:id:arrow1953:20141113235157j:plain

 

こんにちは

今回のテーマはカレー。

日本人においてラーメンと双璧をなす国民食であるこのメニュー。「美味しんぼ」や「ミスター味っ子」「包丁人味平」など多くのグルメ漫画でこのテーマを題材に物語が描かれてきました。それはこのメニューがこの国の多くの老若男女に愛されている証拠といってよいでしょう。

現在発売されているカレールーの数もメジャーなメーカーからマイナーなメーカーまで含めるといくつになるのかわかりません。今回は、子ども向けとしてS&Bから発売中の「カレーの王子さま」「カレーのお姫さま」について。

f:id:arrow1953:20141113235134j:plain

カレーの王子さま

 

f:id:arrow1953:20141113235136j:plain

カレーのお姫さま

 

この2人はスーパーなどで今でも会うことができます。だけどS&Bの商品にはもう1人のお姫さまがかつておりました。その名も「ハヤシランドの王女さま」

f:id:arrow1953:20141113235157j:plain

ハヤシランドの王女さま(1984年発売)

 

ハウス食品では元々「カレーの王子さま」「森のシチュー屋さん」「ハヤシランドの王女さま」


S&B お子さまメニュー CM - YouTube

 この3つをお子さまメニュー3人衆としていたのです。

ところが気づいたら森のシチュー屋さんとハヤシランドの王女さまはだんだん、フェードアウト。そんでもって時は流れていき、


S&B カレーの王子さま と お姫さま CM - YouTube

ハヤシランドの王女さまはカレーのお姫さまとなり再デビュー。どうしたんだ王女!カレーの王子と政略結婚か?またはその見た目に似合わず圧政で民を苦しめた挙句、フィリピンのイメルダ夫人のようにクーデター、革命で国を追われたのか?僕はそんな事をマジで考えている少年でした。だけど、今日この商品を見つけたことから

f:id:arrow1953:20141114002217j:plain

 

覇権主義に走ったのは、王子だったのかも。ハヤシランドは併合されたのでしょうか?謎が深まる今日この頃。