読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

MASTERキートン -夢を掘り続ける人-

漫画/アニメ MASTERキートン


Yahoo!ニュース - 20年ぶりの完全新作『MASTERキートンReマスター』発売――カラーを再現した豪華版も (ITmedia eBook USER)

 

こんにちは
20年間「MASTER」キートンという漫画を愛してやまない僕にとっては、最近多い旧作の漫画のリバイバルで最も嬉しい話題。この連載がスタートした時は真っ先にビッグコミックオリジナルを購入。そこには40前後(おそらく)ながら童顔だったキートンが白髪になり、老眼鏡を手にしながらもルーマニアブカレスト大学で考古学の教鞭を執っている初老の姿が。

高校生の頃に夢中になっていた自分もふと気づいたら「MASTERキートン」時代のキートンとほぼ変わらぬ年齢となっていた事にただただ驚き、しみじみさせられました。

  

 

この物語はオックスフォード大学出身で考古学を学び、思うところあって英国軍入隊後、エリート部隊のSASに所属した異色の経歴を持つ保険調査員、太一・平賀・キートン(日英のハーフ)が各国で繰り広げるトラブルを軍隊経験や考古学で得た知識を武器に解決を図っていくのが最大の魅力。物語でキートンはヨーロッパの文明の源泉がドナウ川流域にあると考え、調査員を続けると同時にドナウ川流域の発掘を夢見ていました。

 

今回の副題はキートン最終巻のタイトル「夢を掘る人」からつけましたが

20年を経ても未だに考古学を学び続け、夢を堀り続けるその姿は

もう中年となった自分を、奮い立たせてくれます。ぜひ皆さんもご一読を。

 

※20~25年前の話なので、物語は湾岸戦争や冷戦終結など世界の激動が大きく関わっている傾向が強いのもこの漫画の特徴。日本ではさほど知られていなかった東側諸国の文化やお国事情などもかんたんに紹介されたりもしているので「20世紀の雑学漫画」としても楽しめます。僕は「MONSTER」より「キートン」だな。

そうだ。ついでにこちらも紹介

 

f:id:arrow1953:20141202021237j:plain

  キートン動物記

 これは小学館ビッグコミックオリジナルで「MASTERキートン」連載時、「ビッグコミックオリジナル増刊号」で不定期連載された短編集。シートン動物記をもじった題名どおりに、人間と動物との関係をめぐって発生する多くのトラブルをキートンが雑学を交えて解決を試みていく構成になっています。コレはたぶん、楽天で検索しても出てこないのであんまり知られてないかも。古本サイトでも在庫なしが圧倒的だったもんなぁ。