読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

この春、社会人になったあなたに教えたいゲーム その1

社会 サブカル ゲーム

こんにちは

 

企業で4月1日に行われた入社式を終え、

明日からいよいよ社会人生活も、本格的にスタート。

 

各ブログでも、こんな激励を込めたアドバイスが書かれています。

hinatakokage.hatenablog.com

 

ktadaki.hatenablog.com

 

このお2人のブログを同時に読むと、どちらが参考になるだろう?と

思う人もいるかもしれませんけれど、結論をいうと「どちらも」。

お2人のように気の利いたことを僕はいえませんけれど、

社会ってのはこういった「清濁併せ呑む」度量が重要になってくるという事は

ぜひ、覚えておいて欲しいですな。

 

さて本題。

このブログの本質はあくまでマイナーなサブカルグッズ、情報紹介などがメイン。

僕なりの新人社会人へのエールとして、社会人にオススメのゲームを紹介します。

 

 スーパーファミコン用ソフト「課長 島 耕作」

 

コレは以前、ゲームプロデューサーとしてマニアックな認知度を誇る

がっぷ獅子丸さんが「ゲーム批評(現在廃刊)」という雑誌で

担当していたコーナーの「悪趣味ゲーム紀行」というコラムにあったクソゲーです。

 

 今や課長から会長まで昇りつめた究極のサラリーマン、

島耕作が勤め先のハツシバ電器を舞台に社内のトラブルや陰謀に立ち向かっていく

ゲームなんだけども、具体的に説明しなくても原作を知っている人だったら

どんなゲームかだいたい想像できるでしょう。

実際想像どおりなんだけど。つまり無茶振りなトラブルや嫌な上司は

巧みな上の口でのらりくらりかわしていき、いざとなったら使える

女性の部下の下の口を巧みな技術で黙らせてねんごろになり、

その女性を手足のように使ってトラブル処理にあたるっつー内容だったりします。

 

この島課長のサクセス物語はある意味男性の憧れではあるんだけど

決してマネをしないで下さい。

こんな社会人になったらダメよ!という

反面教師の意味合いでこのゲームを紹介したけど、

 セクハラ防止研修などの教材として使うのはアリではあるけど。

 

 「島 耕作」検定

こんな役に立たない資格、いらねぇ!!

  

※このブログをおもしろいと思っていただけたら

 励みになりますので以下のブックマークにクリックを!!

  

    ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村