サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

5月3日の憲法記念日だから、日本国憲法をサブカルで学ぼう!

こんにちは

 

 先日からスタートとなったゴールデンウィーク、皆さんいかがお過ごしでしょうか?本日は明日の5/3の憲法記念日にちなみ、日本国憲法に絡んだ話題を紹介。

 

 ここ数年、日本国憲法の「改憲」「護憲」についての様々な意見が見受けられますがそもそも僕たちはこの国の憲法について熟知しているのか?改憲、護憲を論じられるほど僕らはこの国の憲法に向き合った事はあるのか?そんな疑問が常に僕の頭にはあったりします。

 

 だけど分厚い日本国憲法を前に二の足をつい踏みがちとなるアナタ!こんな本で憲法に触れてみるのはいかがでしょうか?

f:id:arrow1953:20150502182748j:plain

 Constitution Girls日本国憲法 萌えて覚える憲法学の基本 

 

 この本では「内閣」「衆議院」「参議院」「天皇制」「裁判所」などのシステムと条文がそれぞれ擬人化されており、各項目について概要を紹介。例えば改憲話題で主役となる「9条」はこんな具合

 

【9条ちゃん】

f:id:arrow1953:20150502182949p:plain

 

焼け野原となった地にただ1人で佇む少女が9条。以下は本文より引用。

 

"憂いの表情で微笑む女の子。9条ちゃんは身を守るものをほとんど持ちません。足は素足で歩けば傷がつきます。彼女が持っているのは優しさの象徴である花1輪のみ。過去の犠牲となった人達の痛みの上に立ち、悲しげです。"

 

著者「赤ネコ」さんのブログ

9条ちゃんの設定 | 赤ネコ法律事務所・別館!

 

 敷居の高い日本国憲法を、これ一冊で理解できるとは思いませんけど、「入門」だったらアリじゃないかな?とも思ったりしています。続いてこの9条についてもう少し。以前このブログで紹介したゲームを改めて紹介

 

arrow1953.hatenablog.com

 

 物語をかんたんに説明すると、学校の担任の先生から授業中に「憲法九条を改正する方が幸せか、このままの方がハッピーか」というテーマで改憲、中立、護憲という異なった立場で議論することになった主人公が各テーマの女の子に接触を図って仲良しになり、女の子とエロな展開に持っていこうとする。んでもってゲームのキャッチフレーズは

 

「ねぇねぇ、戦争の話をしようよ!」

 

 いやいやいや。エロゲーでそんな話をされたって困りますよ。エロゲー日本国憲法について語るという内容を不謹慎とするべきか、この国全体が憲法について議論を交わすための空気、土壌みたいなものがだんだん出来つつあるという事の表れと考え、肯定的に捉えるべきか迷うところではあります。

 

 今回のブログでは、僕の憲法(9条)についての考えを少しだけ。「日本国憲法」を巡って変える変えないの中心になっているものは やっぱり第9条だろうと思うんですけれど、僕としては変えるべきではないと考えます。確かに周辺諸国を含めた世界の情勢をみると戦力の放棄というのはありえないし現実的でもない。だけど。現実的でないかもしれないが、いつかこの国は戦力に頼らない外交・国づくりを 実現させたいといった目標をもつことは決して悪い事じゃない。さらにいうとこの国は戦争によって加害者にもなり、沖縄の本土決戦や東京大空襲、原爆などによって酷い目にあった国でもあります。その過去を踏まえたうえで「国家のイザコザで人を傷つけたり、傷つけられたりするのはイヤだ」といってみせることは戦力放棄を国づくりの目標に掲げたこの国の作法だったし、何より僕ら日本人の最低限の品性を作っていたんじゃないかと僕は思うのです。

 

 簡単に結論が出るテーマではないけれど、まぁ世間にゃいろんな意見があるってことで。