読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

ドラッガーを読まないアパレル店員と飲んだ話について 

社会

こんにちは
先日、このブログで書いたこの記事。

 

 

arrow1953.hatenablog.comこの記事で紹介したアパレル店員と久々に会いました。その娘は現在、過去の販売実績を会社から高く評価されて、都内の激戦区に配属されているとの事。ただ、配属されたのはよかったけれどもお店の売り上げにさほど貢献できていなかったため、焦っていたそうです。そんなタイミングで上記のエピソードをブログに書きたいんだけど、とお願いしたところ、快く了承。書かれたブログの感想で

「この記事は、現在の私の原動力になってる!お客さんの事を考えて接客できていた時期の事を思い出せた!マジ有難う」と今時のギャル風口調ながらも、熱いメッセージをもらいました。この女の子には今後も活躍いただき、この駄文ブログを原動力などとか思っていた時代を「子どもだったなぁ」と笑い、「今思うとAMの文章ってアパレルを分かってない人のもんだよね!」と文句つけてくるぐらい凄腕店員になって貰いたいもんです。

だけどもね。 文章書いていて、久々に嬉しかった。実を言うとこの間のブログ炎上以降、書くのをやめようかなと思ってたので。

 

arrow1953.hatenablog.com

 

arrow1953.hatenablog.com

 

 

arrow1953.hatenablog.com

人間って言うのは基本的に勝手なもんで、自分の意にそぐわないものは徹底的に無視、または攻撃する性質を持っています。 上記のゲームについても金八のコレクターズアイテム的なポジションとしてこんなゲームもあったよなというスタンスで書いたつもりが「遊びもしないくせに語るな」とか「10万本売れたゲームをマイナー扱いするな」だとか思ってもみない批判が寄せられて、ただただ困惑させられておりました。 批判は別にあっていいけどそこまで言うか?みたいな。

何を書いても批判、批判なので、もうどうでもいいやと思いながらも他人の批判を受けて参っているので、誰かを無性に褒めたいという逆説的感情から、前々から賞賛したいと思っていたアパレルの子を紹介した、といった流れからあの記事書いたんだけどもそんな喜んでもらえるとは思っていなかっただけにほんと嬉しかった。

ブコメで散々、頭が悪いとか文章が不愉快とか書かれたけどまあその件については僕も認める。

僕は頭だって悪いし文章も下手。山田詠美だったら「僕は勉強が出来ない!」と号泣しますよ。だけど、現実社会において懸命に戦っている人の背中を支えることはできる。それだけで充分。ってな感じで

 

突き進むぜマイナー道!

今後もごひいきよろしく。

 

 

・・・たまには調子に乗らせて下さい