読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

もっともらしい思い込みは子どもに壊される -走れメロスの意外な事実-

社会 サブカル

こんにちは

 

本日のテーマは走れメロス。文豪、太宰治の名作小説です。

物語は皆さんも知ってのとおり、暴君に対して逆らった

メロスが処刑される事になった際、

 

「その日は、妹の結婚式があるので刑の執行をちょっとだけ待ってくんね?

 代わりに俺の親友を置いてくので、俺が戻らなかったらそいつを処刑ってことで。

 ぜってーに戻るから大丈夫!!」みたいなノリで親友のセリヌンティウスを人質に

 結婚式に出席した後、走って友の元に戻るまでの紆余曲折。

 

だけどこの名作に異議を唱えた中学生が!

 

commonpost.info

  

nlab.itmedia.co.jp

 

中学生の村田一真くんが昨年に一般財団法人 理数教育研究所開催の

「算数・数学の自由研究」で「メロスの全力を検証」という論文を発表。

その論文によると、メロスは走るどころか往路は単なる徒歩。

復路も早歩き程度の速度という事。以下ホームページを引用

 

物語の中でメロスは妹の結婚式に出席するために3日間の猶予を

王から貰い、初日と最終日を使って10里(約39km)の道を往復・・・

 

10里(約39キロ)の道を往復・・・。

 

原作を読んでいるといかにも長距離というイメージを抱きそうですが

実際はフルマラソンの距離よりも短かい!この論文で村田君は

メロスの走った街の風景やその周囲の人々の描写から拠点ごとの

時間をなど算出して平均的な移動速度を時速4km以下と結論づけています。

 

※この詳細については、興味があったら上記をどうぞ。

 

この村田君の論文については「見事」という意見もあるし

小説というフィクションによる感動を台無しにさせるものであるという

意見もあった事でしょう。だけど、思い込みやそれによる思考の停止により

物事に対する「批評精神」ともいうべきものをなかなか発揮できない

頭の固いおじさんになった僕にはとても新鮮でした。

 

んじゃここでもうひとつ似たお話を

1997年に、アメリカのオハイホ州 アイダホ州である中学生が

「ジハイドロジェン・モノキサイド」っつー化学物質の特徴を調べて

論文で大人たちにこの物質の是非を問いかけました。

 

ジハイドロジェン・モノキサイド。日本語訳でいうと「一酸化ニ水素」。

その物質の特徴(メリット・デメリット)については以下のとおり

 

酸性雨を降らせる原因ともなる

地形の侵食を引き起こす

金属を錆びさせる

ジャンクフードの添加物になる

植物の育成を促進させる

人体にもある

 

さて、この化学物質は人類にとって有益かどうか?

このジハイドロジェン・モノキサイドの回答については今度。

 

インターネットで回答検索はルール違反ってことでよろしく(笑)

 

 

 

このブログをおもしろい!と思っていただけたら、

励みになりますので以下のブックマークにクリックを

  

    ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村