読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

【2015年度】ジャイアントキリングを天皇杯で起こせ!

漫画

こんにちは。

 

本日のブログの話題は、多少早いけど来年のサッカーの天皇杯

今年の天皇杯のメインビジュアルに、人気サッカー漫画

GIANT KILLING」の主人公、達海猛が選ばれたとの事。

 

f:id:arrow1953:20150802002426j:plain

今更感もありますけど、ピッタリの人選?だと思います。

 

物語は日本のサッカーリーグ1部で、毎年常に降格争いに巻き込まれる

弱小チーム「ETU」(イースト・トーキョー・ユナイテッド)に

かつて所属し、「ETUの星」とも呼ばれていた名物選手、達海が

イングランドのアマチュアサッカーチームの監督経験を経て

ETU監督に就任。イングランド時代ではアマのチームながら

日本の天皇杯のモデルでもあるプロ・アマの大会「FAカップ」で

5部チームを率いて2部のプロチームを破り、ベスト32に進出させた

手腕を活かしてETUを勝たせていくというものですけど、達海の戦略にハマり

うろたえる相手チーム監督の表情やしてやったりという不敵な達海の表情などが

魅力的な「監督」という目線からサッカーを物語るマンガです。

 

作品の全体的なテーマはタイトルの通り、

弱いチームが強いチームをやっつける

「大物食い(GIANT KILLING)」。ETUが常勝チームの弱点や

選手の慢心を突いて勝利を手にする様が痛快で、毎週読んでいますけど、

漫画みたいな大盤狂わせは現実的にあるのか?

 

日本国内のサッカーの試合で最も多くジャイアントキリング

起こるのはJ1・J2・J3だけでなく、大学のチームや

都道府県にあるアマチュアのチームなどにも出場資格がある、

この「天皇杯」だったりします。実際、J1のチームが

途中のトーナメントでJ2ほかアマチュアのチームに敗れる波乱も

ありましたし、2012年の決勝は

J2の京都パープルサンガと前年にJ2降格を味わった

FC東京とのJ2対決でした。また、昨年の決勝はJ1のガンバ大阪

J2のモンテディオ山形のJ1 VS J2対決となり、山形が大阪に勝てるか

最大の見所でした。

 

今年の天皇杯ではどんな戦いが繰り広げられるのか。

こういったトーナメントによる戦いは常に一発勝負なので、

リーグ戦とはまた違った緊張感が漂っております。

 

Jリーグの試合観戦の敷居が高いな、と感じたら

こういったトーナメント戦の観戦からスタートというのも

いいかもしれません。

 

補足

GIANT KILLINGは以前、NHKでアニメ化されていますが、

このアニメのオープニングを2010年の南ア杯の日本代表戦と

合わせた動画がすごい出来だったので紹介。

 

www.youtube.com

 

1:30からご覧下さい。ほんとによく作ったなぁ。

  

 ※僕の自宅にも全巻揃ってます。このマンガ大好きなので。

 

 

※このブログをおもしろい!と思っていただけたら

励みになりますので以下のブックマークにクリックを

 

    ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村