読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

レトロフリーク発売!!あらためて覚えておきたいキワモノFCソフトベスト5 ー 有名人ゲーム編 ー

こんにちは

 

昨日はブログでレトロフリーク発売にちなみ、遊んでみたいファミコンソフトを紹介しました。

 

arrow1953.hatenablog.com

 

本日のテーマは有名人が出演したゲームソフト。これも昨日のキャラゲーなどと同じく、出演者の知名度にあやかり、メーカーがゲームソフトを売りたいとの思いで作ったものがほとんどでゲームそのもののおもしろさについては二の次!とでもいいたげな作品、ユーザーがお金を払ったことを、心底後悔させるクソゲーの宝庫といっても過言ではありません。
まぁ、中には吉本タレント総出演ながら物語が意外とシリアスでしっかり遊べる「さんまの名探偵」みたいな名作もありますけどもね。今回は別に遊びたくはないけど話のタネになるキワモノゲームを集めました。

 

第5位 光GENJI ローラーパニック(ディスク)

www.youtube.com

えーと・・・なんでポートピア連続殺人事件の「ヤス」が7人並んでいるんでしょう。

f:id:arrow1953:20150906001213j:plain

 

ゲーム内容はLIVEを控えた光GENJIの7人全員が商売道具のローラースケートを盗まれてしまう。本番までに7人全員のローラースケートを探せというアドベンチャーゲームだそうです。

 

探さないで買ってこい。はい、次。
ちなみにこのゲームはディスクシステムの最大のウリである500円でのゲーム書き換えが不可だったため定価で購入しなければゲットできないというアコギな商品でもありました。ほんとにジャニーズは汚い。

 

第4位 田代まさしのプリンセスがいっぱい

www.youtube.com

 

夢の中でフェアリーな女の子の会話から始まるこのゲーム。たぶんまだクスリが頭から抜けていないんでしょう。薬物障害ってほんとこわいねっていうところで、はい次。

 

第3位 ゴルビーのパイプライン大作戦

 

旧ソ連ゴルバチョフ大統領を主人公にした、購買層が分からないパズルゲーム。もっとも驚いたのは制作した会社が「ぷよぷよ」で有名なコンパイルだったこと。もしかしたらゲームとしてはおもしろいのかも。はい、次。

 

第2位 舛添要一の朝までファミコン

www.youtube.com

国際政治学者(当時)の舛添要一から、クイズ形式でビジネスの心得を学びながら進めるアドベンチャーゲーム。これも購買層が見えず誰が買うんだろう?と思いながらデパートのおもちゃ売場でまったく売れる要素もないくせして異質な存在感を放っているのが印象的でした。ふと気づいたらお店のショーケースからこのソフトが消えていたので、あぁ、どうにか売れたんだなと思ったけどもあまりにも売れなくて返品されたのかも。

はい、次。

 

第1位 オールナイトニッポン スーパーマリオブラザーズ

www.youtube.com

 

実はこのゲーム、本日まで知りませんでした。最初にベスト5を選んだ後、他にもインパクトのあるタレントゲームはないかな?と思って検索しまくってたら「オールナイトニッポンスーパーマリオブラザーズ」なる単語にぶつかり、なんじゃいそりゃ?と調べていたら、ラジオ番組「オールナイトニッポンの放送20周年企画でリスナーのプレゼント用に作られた特別なスーパーマリオがある事を知って驚き。市販版との大きな違いはゲームタイトル。動画をみるとわかりますけど、「SUPER MARIO BROS.」の左に「オールナイトニッポン」と書かれています。

他にもゲームのキャラに注目。おなじみ雑魚キャラ「クリボー」などが、その当時金曜日のパーソナリティだったサンプラザ中野に変わっており、救出キャラのキノピオが他の曜日のパーソナリティだった石橋貴明ビートたけしなどになっています。詳細はこちらをどうぞ。

オールナイトニッポンスーパーマリオブラザーズ - Wikipedia

  

ボクはファミコンが欲しかったのに

ボクはファミコンが欲しかったのに
価格:1,296円(税込、送料別)

 ※っていうタイトルの小説。クラスにいたなぁ、そういってセガをもってた奴。うわー、このマリオの事を周囲に広めたい!!