サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

「学び」とはなにか?をキートン先生は教えてくれる(ネタバレあり)

こんにちは

本日のテーマは「いま学んでみたいこと」。そもそもなぜ人は学びたくなるのか?それは人により理由も異なりますけど、僕の愛読書ともよべる漫画「MASTER KEATON(マスター・キートン)」主人公のタイチ・キートン先生は、こう答えています。

「それが人間の使命だから」(屋根の下の巴里より)

このエピソード、全144話のなかで僕が最も好きな物語です。

オックスフォード大学を卒業した後、思うところあって英国陸軍に入隊。後にエリート部隊「SAS」の曹長まで務めた異色の考古学者タイチ・キートン先生はこの物語では、社会に出た大人が再び学び直せるための場として作られたパリのシモンズ社会人学校という定時制学校で考古学の講師を務めていました。ところが区画整理などの行政的な事情で学校が取り壊し、廃校となる事が決定。勉強から遠ざかることを嘆く学生をどう励ましたらか。そんな時、ふとキートンはオックスフォード大の恩師である「ユーリー・スコット教授」の武勇伝を思い出します。ユーリー教授は第二次世界大戦中、ロンドンがドイツ軍の空襲を受けた後、瓦礫の中からテキストを拾い学生にこう告げます。

 

f:id:arrow1953:20150909000231j:plain

「ドイツ軍の狙いはこの空襲で英国民の向上心をくじくことであり、今、ここで勉強を私たちが放棄したらそれこそヒトラーの思うつぼである」

ユーリー教授はこの態度を通じて、こんな時でも、寧ろこんな時だからこそ学びを手放さない。学び続けることこそが人間にとっての喜びであり使命だということを学生に教えたのでした。

そしてシモンズ社会人学校の最後の授業の日。学生たちを前に、学問とは何かを語ろうとするキートン先生の前に政府の役人や大臣たちが乱入。「今は授業中」とその行為を止めても地位をかさに偉そうな態度の来賓をキートン先生は「大臣でも静かにしなさい!」と一喝。静寂を取り戻した教室でこう語ります。「人間は好奇心や知る事の喜びがあり、一生学び続けるべきである。出世や肩書きのために学ぶのではない。知る喜びを持つ私たちには学び続ける使命がある。だからこそ人間は学ぶのである」(セリフ要約)

 

f:id:arrow1953:20150909003855j:plain

 

多くの拍手の中、キートンの講義を褒めながらも「評価はBプラス。ただ、Aプラスの評価になった先生は後にも先にもまだ一人」と事ある毎に語っていた年老いた学生が「先生。Aプラスをあげましょう。以前、同じようなことをいって自分たちの学びを励ましてくれた先生がいた。自分が講師の授業にAプラスをつけたのはその先生以来」と語ります。その先生こそがキートンの恩師であるユーリー教授であり、この瞬間ユーリー教授の学びへの思いは、後に続く世代に確かに受け継がれたというお話でした。

このエピソードを読んで20年になるけど、今もこのセリフは色褪せません。

※2017年1月31日追記

本日、ツイッターのトレンドに「マスター・キートン」が上位で上がっていたので何事かと思ったらこういうブログの記事がありました。

 

srdk.rakuten.jp

MASTERキートンの1巻収録「砂漠のカーリマン」より。中国のタクラマカン砂漠ウイグル族の長老の息子との遺跡発掘を巡るトラブルに巻き込まれたキートンがサバイバル知識を駆使して砂漠のど真ん中に追放された発掘隊と生還を果たす物語。マジでやる人いると思わなかった。

 

 ※他にも名作揃い!ぜったいに読むべき!

今週のお題「いま学んでみたいこと」