サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

実写ドラマの「エンジェルハート」を見た後、アニメ「CITY HUNTER」のGet Wildを見たらやっぱりかっこよかった

こんにちは

ドラマとして始まったもうひとつの「CITY HUNTER」の「エンジェルハート」。 小学生だった頃にアニメで冴羽獠とであった自分としては「実写はやめろ。ジャッキー・チェンの二の舞になるぞ」と思っていたんだけど、思っていたよりイイわ!

ドラマで冴羽 獠役を務めている上川隆也さんは演劇集団キャラメルボックスの頃から好きだったので若干のひいき目も入っているのかも知れないけど、僕はそんなに違和感なくドラマを見られました。あと、獠の永遠のライバルであるファルコンの役がブラザー・トムっていうのも「あぁなるほど」っていう感じで。ファルコンを演じられるのはサンプラザ中野だけかと思っていただけにコレもまぁアリ。もう少しだけ声にドスがあったらとも思ったけど、キャラクターのシルエットは想像していたよりも忠実だったのでこれといって、作品のキャスティングについて不満もありません。
ただ、エンジェルハートは先ほども書いたとおり「もうひとつのCITY HUNTER」で本来の舞台とは異なったパラレルワールド物語。元々のCITY HUNTER好きな僕としては純粋な続編が読みたかったな。っていう話から久々にアニメの「CITY HUNTER」が恋しくなったので、日本アニメの歴史において、もっともカッコイイと思っている「Get Wild」の動画を見て、当時をなつかしんでいました。

ending 1 city hunter - vidéo dailymotion(アニメ版エンディング)

この物語の終わる30秒前後から登場人物のセリフにかぶる形でイントロが流れてきて、最後に物憂げな表情の獠がこちらを見つめて静かに曲がフェードアウトしていくのが哀愁を誘います。現在と昔のアニメを比べたら画面の鮮明さや作画のタッチなどは現在のアニメファンからみたら古くさいでしょうけど、現在の作品と比べても決して見劣りしないカッコよさがあると思う。別に現在の作品を否定しないけど、今に比べてアニメ表現の技術が稚拙な分、クリエーターが創意工夫をしていたっていうのはあるんじゃないかなと思う。

 

CITY HUNTER COMPLETE DVD-BOX (完全限定生産)

CITY HUNTER COMPLETE DVD-BOX (完全限定生産)
価格:138,000円(税込、送料別)

 

今週のお題「私のテーマソング」