読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

長嶋さんと戦国時代にタイムスリップ

こんにちは

本日のテーマは行ってみたい時代。現在の物理学の常識では実現させることが不可能なタイムマシン。だったら空想力を働かせて、行ってみたい時代の光景を想像しよう。と、だいたいこんな目的で僕らはSF小説などを手に取りますがこの小説は「SF」か単なるパクリなのか、なんとも分からない所です。

今回、ご紹介するのは直木賞作家、志茂田景樹先生の「戦国の長嶋巨人軍」

f:id:arrow1953:20151018224745j:plain

長嶋さん+巨人+自衛隊+信長=バカが戦車でやってくる。この味わい深い表紙から漂ってくる「おバカ」テイストがもうたまりません。

物語は1995年。この物語は巨人の選手を徹底的に鍛えるために、自衛隊の駐屯地でキャンプを行うという長島さんのまったくもって前代未聞でよくわからない発想から始まります。この辺についてはさすがカンピューターというところでしょう。

そのキャンプ中に選手は霧のなかに覆われていき、気づいたら自分達の立っている場所は桶狭間の合戦の戦場。 名作小説「戦国自衛隊」をパクった思わせる混迷の状況の中、長嶋さんだけは正気を保っており「仕方が無い」と気持ちを切り替えて弓や馬、刀や槍などのほぼ白兵戦力で挑んでくる今川軍に戦車や銃器を手にして、文字通り軍隊となった巨人軍が全力で攻撃。近代兵器の銃やマシンガンを撃ちまくって圧勝。戦略もなにもない圧倒的な装備の差で桶狭間に勝利しちゃいます。

 架空戦記のロマンもSFの欠片もねぇ。

 その後、長嶋巨人軍は織田信長食客みたいな存在になっていき、信長軍の戦には常に加わることで圧倒的な勝利をプレゼントしながら、信長の領地で野球の普及に努める事になるというところで終わり。

この小説、実は20代前半に知って買いたかったんだけど、まだ手に入れておりません。前々から一部でその物語やその当時の選手(落合や桑田など)の描写などがあまりにも妙であるとの評価が高いので古本屋を探しまくったけど、どこにもなくて諦めていました。

今ではアマゾンでそれを買えたりするんだからほんと便利な世の中になったもんだ。だけども、古本をアマゾンで買うのって好きじゃないんだよな。

 で、後日談。この本を紹介するためにちょっと調べてみたら2013年に漫画化されていました。

f:id:arrow1953:20151018232700j:plain

 

小説が出版されたのが1995年で漫画化が2013年。実に18年の時を経ての漫画化!

編集者が原作の熱烈ファンだったのか。或いはこの小説が原作に使われるほど現在の漫画業界はネタがないのか、どちらでしょう?

  

胸のロゴの「おだ」のデザインが最高!

 

今週のお題「行ってみたい時代」