読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

25年後の東京ラブストーリー。ほんとにイイ話か?この作品

東京ラブストーリー

こんにちは。

本日のテーマは柴門ふみセンセのベストセラー「東京ラブストーリー」。1980年代後半に連載が始まった後、1990年代になってテレビドラマ化。テーマソング曲となった田和正の「ラブストーリーは突然に」も、300万枚近くを売り上げるなどまぁ、その当時としては大ヒットとなりました。
中学生だった僕はこのテのドラマはあんまり好きじゃなかったので全然見ていませんでしたが、クラスでは男子女子共に毎週欠かさずこのドラマを見ている人が大多数だったため、その話になった途端、自分が蚊帳の外にいるような感じでしたね。

その原作マンガが今週の「ビッグコミックスピリッツ」で読みきり掲載。25年後の東京ラブストーリーとし永尾完治、赤名リカが50代になって、ひょんなことで再会!みたいな物語になっているとの事で読んだんだけどここまで共感できないマンガもないな・・・。と、別の意味で感動させられました。

f:id:arrow1953:20160128012302j:plain

物語は広告代理店勤務(このあたりがもうバブル)の完治(カンチ)、同僚の赤名リカを主軸とする恋物語なんだけど、基本的にはこの赤名リカっていうクソアマの我侭で周囲が振り回されて人間関係も常にグチャグチャ。オチとしてはカンチは高校の同級生と結婚。リカは上司と不倫関係になり、その子どもを妊娠後に消息不明。本編マンガは高校時代に読んだんだけどこれのナニがおもろいの?ってのが率直な感想でした。

 

f:id:arrow1953:20160128013013j:plain

 

原作では妊娠したリカが、お腹の子に「名前をアフリカとつけるわ!」(赤名リカがアフリカで生まれ育ったからという理由で)とかワケの分からない事をいってカンチの前から去っていきました。んでもって25年後。年老いたカンチに娘から「結婚を考えている男」がいるとの電話。驚き、戸惑いをおさえてカンチが相手について尋ねてみると、その男性の名前は「赤名アフリカ」という。

 

・・・。

・・・・・・。

マジでつけやがった!

彼女は自由奔放な恋愛を楽しむ進歩的な女性から90年代にして、キラキラネームを子どもにつけて自己満足に浸る頭が可哀想なお母さんにクラスチェンジ。ある意味進歩的ではあるけど。

ってな具合に結婚を考えている若者二人の親としてカンチとリカはみごとに再会。リカは息子を出産後、子どもがどこにいっても苛められるため自由に生活できる場所を探すのに苦労したの。としみじみ語るけど、そりゃあんた自業自得だろう?と思わざるをえません。

「バブル」という80年代を体現するかのように自分の欲求に忠実であり、周囲を振り回すだけ振り回して傍若無人な振る舞いを見せていたリカがおばさんになり、自分の苦労を語る。なんかこのマンガを読んでいたら、いつだったか深夜の番組で40歳を超えてボディコンスーツに身を包み羽扇子をもってお立ち台で踊っている荒木師匠を目の当たりにした時の痛々しさに近いものを感じました。

 

荒木久美子 - Wikipedia

 

f:id:arrow1953:20160128014919j:plain

 

人間誰しも老いるし、若い頃を振り返って自分の愚かさを悔いる事もあるでしょう。だけど漫画で、それをやることないじゃん。マンガにはまったく共感を持てずにいた僕だけど赤名リカという女性は、どこまでいっても「赤名リカで」あって欲しかった。カンチと結婚ができなかった事が最大の後悔だなんて息子に愚痴をこぼすなんて俺がキライだったリカじゃない。

  

※荒木師匠には何も教わっていない。
だけど彼女は僕にとって師匠なのである!!

 

詳細な感想もどうぞ。

 

arrow1953.hatenablog.com

 

25年後の東京ラブストーリー連載?についてどう思うかを書きました!!

 

arrow1953.hatenablog.com

 

 

arrow1953.hatenablog.com