読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

以前バレンタインで貰った、対応に困るチョコの思い出

こんにちは

 

久々のブログ更新ですが、皆様お変わりはありませんでしょうか。

 

昨日はバレンタインデー。

 

別に自慢でもなんでもありませんけど、

僕は生まれてこのかた本命チョコなんて貰ったことありません。

 

高校2年生まで女子からAM菌呼ばわりされていた

自分にとって、「女子にモテる」ことはありえないとも思っていたので。

ただ高校生にもなって菌扱いされていることもある意味オイシイとも

思っていたのでさほど苦痛でもありませんでしたけど。

 

そんな自分でも結婚でき、娘も授かったので

人生って言うのはわからないものだしそういうもんなのかなぁと

しみじみさせられたりする今日、この頃。

 

さて本題。

人生において「モテ」とは遠く離れた世界で生きていた僕も

バレンタインにチョコを貰ったことはあります。義理チョコという

前提が悲しくもありますけど。もちろんチョコをもらっても

「挨拶的な意味を持った儀礼のチョコ」なのでそこから恋に発展する事もなく

僕も義理チョコをもらってヘンなカン違いに走る馬鹿でもない。

 

だけど。

未だ解釈に迷っているチョコを貰った事が嘗てありました。

 

学生の頃。話友達の女子から

「AMちゃんチョコあげるよ」とチョコを手渡されたのです。

 

その子は当時つきあっていた男はいないとのことでしたけど

いかにも店頭で売っていたものを、買って手渡しました!といった感じの

まったく気合いの入ってないチョコにカン違いをする要素は

ありませんでした。僕も「ありがと」と普通に受け取ってめでたしめでたし。

って思っていたけれど、その女の子はチョコといっしょに

「これもついでに渡すね」といって小さな薄い紙を僕に渡しました。

 

それは貰ったチョコの領収書でした。

 

皆さんだったらコレを貰ってどうします?

 

僕はとりあえず、その領収書に書かれていた金額を1000円で払いました。

900円前後だったのでお釣りはもらってなかったと記憶しています。

 

その後。その女子からもらったチョコの話を友人たちとしていたら

「領収書?そんなの俺たちもらってねぇぞ」という、意外な反応。

チョコと領収書を貰ったのは僕だけだったのです。

その女子の行動は今でいうところのツンデレだったのか。

それとも僕に向けての単なる冗談だったのか。

 

どうだったんでしょうねぇ・・・。

今となってはどうでもイイ話だけど気になる。

  

※今さら「バレンタインデー」にときめく年でもないけど

10代でそのときめきを味わえなかったのは寂しくもある。 

 

今週のお題「バレンタインデー」