読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

好きな女の子のたて笛はペロペロなめるとマジでおいしい

こんにちは。

世間はもう学校の卒業式を終え、春休みまっさかりでしょうか。卒業式っていうと、僕らの頃だったら女子は好きな男子の「第二ボタン」をもらう事が憧れだったりもしますが、僕ら男子が想像するのはやっぱり「好きな女子のたて笛」を舐めまくること。コレってよくマンガやアニメなどで見たり実際にやった奴がいるとかうわさで聞いたりしたんだけど、経験した人っていますか?

僕にもその頃好きな女の子はいたんだけど、どちらかというと潔癖症っぽい性格だったので考えただけでも汚く、想像をしただけで、背中が震えます。だけどもまぁそういったものに興奮を覚える性癖の人も世間にゃいるので、他人に迷惑をかけない前提で楽しめば他人がどうのこうのいう話でもありません。何でこんな話をしたかというと、こういう漫画を読んだからです。

トンネル抜けたら三宅坂

f:id:arrow1953:20160325004953j:plain

この少年、三宅坂登は小学校5年生でありながら性欲が他の少年と比べて10倍という設定で、学校ではこっそり好きな女の子のたて笛を舐めまくり、上履きの匂いをかぎまくり、愛読書のエロ漫画雑誌に作品を書いて編集部に持ち込んだり、やりたい放題。

とりたてて面白いという作品ではないけんだけど。漫画のタイトルがなつかしくてつい買っちゃった。懐かしいっていうのはどういう事かっていうとこの作品、実は16年ほど前に別の雑誌で連載されていたんです。スクウェア・エニックス発行の雑誌「コミックバウンド」で。

ただこの漫画雑誌はあまりに売れなかったため たった5号で廃刊。その雑誌で異彩を放つ作品でした。

5年生の少年が「数の子天井」「ミミズ千匹」と絶叫しては担任の先生に頭を引っぱたかれたり、同級生の女子に「アナルファック、フィストファックも知らないガキが!」と意味も無く凄んで見せたりとやたらパワーはある作品だったので案外ヒット作になったりしてなどと思っていた矢先の廃刊。

 

f:id:arrow1953:20160325012143j:plain

こっち2000年版

 

f:id:arrow1953:20160325012304j:plain

現在

絵柄を比較してみたら、やっぱり現在の方が落ち着いていた。

※詳細は、以下ブログ

藍蘭島漂流記:「トンネル抜けたら三宅坂」復活 - livedoor Blog(ブログ)

10数年の歳月を経て小学館の「ビッグコミックスペリオール」で連載となったんだけど、昔のと比べて、勢いがなんとなく下がっている。僕がもうおっさんになったために下ネタに耐性がついたのか?若い頃よりマンガを見る目が肥えて、それほど面白く感じなくなっただけか?さて。

  

 ※おもしろいかどうかの評価はともかく、キワモノではあるな。