サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

どうして海上自衛隊は「女子高生アニメ愛好家集団」というレッテルを張られないんだろう?

こんにちは。

本日のブログのテーマはこのアニメ。

 

www.hai-furi.com

 水没によって国土のほとんどが水没した日本が舞台であり、その中で海上を守る女性防衛部隊「ブルーマーメイド」を目指す専門養成学校「横須賀海洋女子学生」の物語だそうで。また、このアニメには海上保安庁海上自衛隊も積極的に関わっていることもありこんなポスターも。

f:id:arrow1953:20160412232435j:plain

 

www.hai-furi.com

 

 こういった「国防」というリアリズムとサブカルの世界観を融合させることについては、以前もブログで述べているとおり、僕は反対の立場です。

 

arrow1953.hatenablog.com

  

arrow1953.hatenablog.com

 僕のいいたいことは上記の記事で書いているので何度も繰り返そうとも思いませんけれども、最近、世間を騒がせた女子中学生誘拐事件について、犯人がラノベからメジャーになった「涼宮ハルヒ」シリーズのファンだったことから、高校生時代に女子高生を主人公にしたアニメなどを好んで見ていたと報道されました。ハルヒが女子高生アニメか?という議論についてはともかく、女子高生を主人公とするようなアニメに熱中していたことが問題だというなら、同じく女子高生アニメに積極的コラボを行っている海上自衛隊海上保安庁ロリコンや犯罪者の巣窟なのか?少なくても、日刊スポーツは海上自衛隊を「女子高生アニメ愛好家集団だ!」と論じて、このコラボを非難するのが筋なんじゃないの?と僕は思っています。

 ある時はポピュリズムを得るための道具としてサブカルを使うくせに、またある時はサブカルを犯罪の温床として扱う。都合よく二枚舌でサブカルを利用しようとするこの国のパブリックに僕はひどくいらだっています。

  

NHKニッポン戦後サブカルチャー史 [ 宮沢章夫 ]

NHKニッポン戦後サブカルチャー史 [ 宮沢章夫 ]
価格:1,944円(税込、送料込)

※なんでもサブカル、サブカルなこの国はマジでおかしい。