読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

大人になってダイの大冒険の「魔王ハドラー」の魅力が分かった

社会 サブカル 漫画/アニメ

こんにちは。

 

本日は僕と同世代のブロガーさんのブログにあった記事から。

potatostudio.hatenablog.com

 

現在、40歳前後の漫画好きなおっさん・おばさんはこの
ダイの大冒険」という題名を見て「おおっ!!」となるかも。

80年代後半~90年代にかけて週刊少年ジャンプで連載されていた

ゲームの世界とは異なるもうひとつの「ドラゴンクエスト」です。

 

世界を混沌と破滅に導く「魔王」を勇者が倒してからというもの、
人間は平和な生活を謳歌していた。そして15年後に、その魔王
「ハドラー」が謎の復活をとげ、ふたたび人類は危機に立たされる。
そんな中、勇者に憧れていた少年「ダイ」が魔王倒すため冒険の旅に出る。

 

f:id:arrow1953:20160512235301j:plain

 

おおまかな物語はこんな感じです。
物語の序盤で、ダイは勇者の家庭教師を名乗る奇妙な男
「アバン」の指導を受けてその素質を開花させていきますが、
この家庭教師のアバンこそ15年前に世界を救った元勇者でした。

f:id:arrow1953:20160513000204j:plain

アバン・デ・ジニュアールⅢ世

 

アバンに積年の恨みを持つ魔王ハドラーは直接決闘で勝利。

f:id:arrow1953:20160513000624j:plain

復活して大魔王が率いる「魔王軍」の手先になった魔軍司令ハドラー。

 

目の前で師匠を失い、世界の危機を救うだけでなく
師匠の敵討ちも背負う事になったダイは仲間達と共に
魔王軍との戦いを繰り広げながら逞しさを増していきます。

 

勇者アバンを破り、もはや敵なしとなったハドラーは
そんなアバンの弟子たちの成長に脅威を抱き、次第に
追い詰められるように。

 

アバンをして「残忍ではあるが卑怯な男ではなかった」といわれた
ハドラーでしたが部下の甘言に唆されて卑劣な作戦を使うことを
だんだん厭わなくなっていきます。

 

f:id:arrow1953:20160513003143j:plain

ダイの最初の仲間であり、親友の魔法使いポップ。

 

f:id:arrow1953:20160513003222j:plain

未熟な少年魔法使いの発言に焦る魔王。
 

あらゆる手を講じてもダイやその仲間に勝てない事を悟った
ハドラーは覚悟を決め、自分の肉体を怪物にすることを選択。

 

f:id:arrow1953:20160513003536j:plain

ここからハドラーは一気にカッコよくなっていくんです。

肉体の強化によって強さを手にした事から精神も大きく成長。
その振る舞いは魔王というよりも誇り高い武人を思わせるものに変貌。
大魔王に利用されていただけだった自分を恥じて、魔王軍と
袂を分かった後は自らの宿敵をアバンの弟子たちであると定め、
自分のすべてをぶつけて戦い、勝利を収めることこそ本望だと
ダイたちに正々堂々の決闘を挑むようになっていきます。

 

そんでもってダイとの最終決戦時にはそのかっこよさも最高潮!

f:id:arrow1953:20160513005239j:plain

両者ともに力と技をぶつけ合っても互角。
残るは奥義対奥義!その局面でダイが自分の武器に力を貯めている時に

「今その奥義の邪魔をすれば、確実に勝てる」という思いが脳裏をかすめた
自分自身のことを「無粋」と笑って宿敵の些細なスキを狙うことなく

「どうせこの一太刀で燃え尽きる身!!
ならばその数秒を己を高めるのに費やすのみ!」と叫び、
自分の持つ能力を最大限に引き出そうと心血を注ぐ姿は
もはや単なる悪役に思えません。

 

この物語における最後の敵「大魔王バーン」の使い魔として得た力、
権力に自分のアイデンティティを求めていた小悪党ハドラー。
そのハドラーが自分を「使い魔」に甘んじさせていた
ちっぽけで情けないプライドを捨て、あくまで「個」として
自分の求めるもの、そのために足りないもの、自分のできること
できない事を真剣に問い、行動に移すまでの過程の困難さ。
それが身に染みて理解できるのはたぶん、僕がおっさんに
なったためでしょう。

 

この漫画をふたたび40代のおっさんに見せてジャンプ名物の
キャラ人気投票やったらたぶんだけどハドラー上位に入るんじゃないの?

 

 ※このテレカはジャンプの全員

プレゼント。僕も持ってたけど

どこにいっちゃったんだろう?

 

 以下、内容補足

 

arrow1953.hatenablog.com