サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

多くの疑惑で落ち目の東京オリンピックをこの漫画で盛り上げたい

こんにちは。

本日のブログはこの話題。

 

www.nikkansports.com

あんだけコンパクトで低予算で環境に優しい大会を目指すとか謳っていたいたくせに、ひっでぇ後出しじゃんけんだなというのが率直な僕の感想。この大会招致をめぐって裏金が動いたんじゃないかという疑惑でフランスの検察が捜査に乗り出したという話もありますけど、こうなったらヘンにウソつかないで正直に全部吐いたうえで「東京五輪」ではなく「東京誤倫」とか銘打って開き直っちゃったらいいんじゃない?なんて思ったりもしてます。

 

 さて本題。東京オリンピック開催決定後はエンブレムのパクリや競技場建設を巡る予算やデザインなどでのゴタゴタ。オリンピック開催前からこんなにグダグダなケースって他の国でもあったんでしょうか?なんか年を追う毎に、どんどん大会そのものがダークサイドへ落ちていっているような印象ですが本日はそんな下降気味の東京オリンピックにふさわしい漫画を紹介。

 

f:id:arrow1953:20160518002037j:plain

「金メダルマン」

 80年代の前半に「コロコロコミック」で連載された作品なんだけど知っている人、または覚えてる人は僕世代でも10人に2~3人程度じゃないかなぁ?

※ちなみに連載当時のタイトルは「金メダル暴走族」

 

金メダルマン - Wikipedia

 

 物語はモントリオールオリンピックの鉄棒競技で、まぐれで金メダリストになった「五輪たかし」が主人公の単発オムニバスギャグマンガ。現実だったらメダリストは引退後にタレントになったり知名度だけを頼りに政治家になったりなど引く手数多でしょうけれど、この主人公はいつも貧乏。そんでもって多くの職業を経てたどりついたのが暴走族のヘッドというワケのわからん転落っぷりには当時の僕も首を傾げました。言葉でこのマンガを説明できないのが悔しい。だけど作品を読む限り、主人公も楽しそうなのでまぁいいや。

 

金メダルマン 全4巻 - 立ち読み・試し読み(20ページ無料)|コミックパーク

 

 興味ある人はどうぞ。あらためて読んでみるとコレ絵柄が味わい深い。どうせイメージ下がりまくりのオリンピック。だったら自虐に走って笑おうぜ!