読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

父の日に考えさせられる五味太郎の教育論

社会

こんにちは。

来週6/19の日曜は父の日。だけど、僕にとってこの日は単なる休日出勤。まだ小さい娘と妻から「お父さんありがとう」とは言われないだろうからせめてこの日は父の日=乳の日っていうことで仕事の帰りに自分へのごほうびで「おっぱいパブ」で遊ばせてくれ!と妻に頼もうと思ったりしたけど、そんなことをいったら本気で殴られるのでいいません。

さてさて本題。

娘が生まれて頼りないながらも父親となった僕。娘を今後どんな子に育てたらいいかについて考えたりすることもよくあります。子どものうちから学歴社会のこの国で苦労することないように、教育にお金をかけるべきか。自分も学歴は苦労した面もあるので子どもに同じ思いをさせたくない。猛勉強させて有名国立、私立進学。そんでもって有名企業に就職を!って考える親御さんの気持ちも分からなくありません。

だけど僕の持論は男も女も勉強より愛嬌!いくら勉強ができたって、人に好かれなかったら何もできない。逆に人から愛されれば案外人生って、どうにでもなると思っているので、僕としてはなによりもまず愛嬌のある子に育って欲しいと思っています。

 勉強より愛嬌!

コレ、今年の「俺の中の流行語大賞」ノミネートだな。とかいってもこの国じゃ学歴が幅を利かせてるじゃん。そう思っている全国のお父さんに、童話作家五味太郎さんの名言をご紹介。

 「今の親ってとりあえず高校出ときなさいって子供にいってるんだよ。失礼だよね、親って。自分の子供に『高校を出ないと、食べていけない』とかいうわけだよ。食べていけるよ!

コレを読んだ時に、僕、頭を殴られましたね。確かに、考えてみたらナニが何でも学歴って考え方は子どもの持っているポテンシャルを信じてないということでもある。自分の子どもがそういった空気に勝てないと思い込んでいるだけで、自分の子どもの持つ才能や生きていく逞しさを心底信じられれば「学歴?あってもなくてもいいじゃん」って心から言えると思うのです。

だけどもそれは本当に勇気のいることだと思う。学歴に逆らって生きていけるかと問われたら、僕は堂々と首をタテには振れません。だけど、そういってやる事で逆に子どもの心にある「枷」が外れて自分自身のウリと魅力を必死に探そうとするきっかけになり、子どもが見つけて育てた自分の魅力とウリで大成っていう事だってありえる。

学歴を真っ向から否定もできないしそれを積極的に肯定する人生っていうのもおもしろくない。僕はせめて「学歴社会には表面的に従っておけ。そういった空気が下らないと思った時に、その空気を覆して生きていくための武器だけは持っておきなさい」程度のことを言えるお父さんにはなりたい。

 

 

 

※漫画家の山田玲治さんと各分野で「個」を手放さずに戦っている人生をおくる人達との対談。今回のブログで紹介させてもらった五味太郎さんは3巻