読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

都知事選を戦いの舞台に選んだ「超光戦士シャンゼリオン」はあまりに先駆的だった

特撮 社会 サブカル

こんにちは。

なんだかんだで始まった都知事選。

このタイミングでこそ紹介したい特撮作品があるので本日はその話題。都知事選に絡んだ特撮っていったらアレ以外ないだろ?っていう読者さんも多い事でしょう。

その特撮とは超光戦士シャンゼリオン

f:id:arrow1953:20160718230325j:plain

 

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/超光戦士シャンゼリオン

そのメチャクチャな物語や演出が話題になり、あまりにも時代を先取りしすぎた「伝説の特撮」。現在でもマニアックな人気を誇る作品。あまりにも先駆的すぎてこの特撮作品が一般ウケしなかったのは提供がゲームメーカーのセガだった
ことを考えるととても頷ける話ではあります。

物語はこんな感じ。
人間の世界と異なる世界「闇次元」からダークザイドという集団が人間を狙って
現実世界に侵攻を開始。これに立ち向かうため、政府は特務機関『SAIDOC』を
極秘に設立する。SAIDOCはダークザイドとの戦いのために、人間を戦士「シャンゼリオン」に変身させる強化スーツを開発。適合者に選ばれた戦士はシャンゼリオンになり、ダークザイドとの苛烈な戦いに身を投じることとなる。 

ただ、このシャンゼリオンに変身することになった主人公、
涼村 暁(すずむら あきら)は人間のクズ。偶然に手に入れたシャンゼリオン
変身能力を他人に隠そうとせずに自慢したり、勝利のためにヒーローにあるまじき卑劣な手段を使ったり、自分の身を守るため敵に命乞いしたりなど、その身勝手な振る舞いを敵キャラから「お前・・・そういうの、どうかと思うぞ」と説教されたりする、ある意味で、最も人間くさいヒーローなのです。

そのヒーローが物語のクライマックスで宿命の敵と戦った舞台こそ、
なんと「都知事選」。敵の組織ダークザイドの幹部暗黒騎士ガウザーは
シャンゼリオンと戦う傍ら、人間界で黒岩 省吾(くろいわ しょうご)を名乗り
「黒岩相談所」の所長として人間社会に馴染めない仲間を励ましたり、仕事を仲介したりしていた。そして「人間を、人間世界のルールに則って征服する」という真面目なポリシーを持つ黒岩は人間社会での仕事で得たお金を政治資金にして都知事選に立候補涼村と激しい選挙戦を戦い、見事、当選をはたすのです。

知事になった黒岩の目指すもの。それは
東京都を独立国家として樹立させ、みずから
その初代皇帝になること。
政府に対して東京都独立クーデターを起こして皇帝の座につき、最強の
軍事国家を目指して全世界を征服してみせる!と高らかに吠える黒岩に
「国の将来を左右するものはやっぱり有権者の賢明な判断なんだろうな」と
思わざるを得ません。 

7/31に行われる都知事選。熟慮のうえで票を投じなくては!!と
このマイナー作品を通じて強く思う今日、この頃。

 

 

※あらためて再評価されていい作品だと思う!!