読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

お客様に感動を!・・・などとかいう店がアホな客を勘違いさせている

社会

こんにちは。

本当に暑いっすね。そんな夏の暑さにも負けず、電車を乗り継いでクライアント先を回り各企業の社内LANメンテナンスに勤しんでいる今日、この頃。ただでさえ暑くてイラついているところ、お得意さんの会社へ歩いて向かっている時、ある企業の営業所の自動ドアに「お客様に感動を!」と高らかに語る張り紙を発見。その営業所に用はないんだけど、派手でやたらポップな色使いのポスターが気になったのでつい近づいて読んじゃいました。

なんでもその営業所ではお客様に自社サービスで満足いただくことは当然。その満足の先にある「感動」を提供できるかどうかこそ営業所、その企業のクオリティが問われるそうな。

そういや以前、「プロミス」っていうローン会社が女優の相武紗季をイメージキャラに起用して

www.youtube.com

お客様への最高のサービスを!感動を!みたいなあつくるしいCMをやっていました。そのプロミスのCMを電車の液晶モニターで見ていた友人は「客への最高のサービス?やたらに金を貸さないことだよ」とつぶやいていましたけど、ごもっとも。

そんなどうでもいい話は別としてさて本題。

最近、やたら過剰なサービスや「感動」を客におしつけるような企業が増えている印象があるんだけど、アレってウザくね?お金に見合うサービスだけで充分。お客に媚を売るような腰の低い接客とか商品購入時のおまけとかいらないから払ったお金分のサービスだけ欲しい。逆にそんなくだらないことやってるからお客を勘違いさせて、むちゃくちゃなことをいうクレーマーだとか、すぐにキレる老人などを増やす結果になっているんじゃねーの?とか思います。 お客の意向を考えないサービスなんて煩わしいだけです。マジで。

以前の話だけど、あるラーメン屋でオーダーしたメニューを間違えられたことがありました。そこは接客に力を入れているお店だったのかすぐ店長と思われる人がテーブルにやって来て「お客様。申し訳ございません」と大声で謝罪。僕としてはメニュー間違いなんて珍しくもない話なのでそこまで謝らなくてもと思っていたその時。「お代はいただきません。メニューも作りなおさせていただきますのでお待ち下さい!」と間違えた料理を持って行こうとするので、僕は「その料理をいただくので作り直しはいりません。料金もその料理分お支払いしますよ」と慌てて静止。注文した料理を間違えられたことは正直どうでもいい。ただ僕は食べ物をムダにすることは大キライなのです。そうしたらその店長はお客様への感動接客をどうのこうのと勝手に語り始めたので、僕も「せっかくの食物をムダにされるのが僕はイヤなので、それを食べたい。食物をムダにされてまで作り直した料理を食べたくない」と話したんだけど、そこの店長は機械的にサービスがどうのこうの、お店の接客のポリシーがどうのこうのとしつこいので頭にきて

「そんなに作り直したいんだったらこの間違えて持ってきたメニューを食べて、その後であらためて頼む!お金は2料理分払う!僕は最初からその間違えて持ってきたメニューをオーダーして食べた後で足りなくなり、追加注文をした。そういうふうにして下さい!これで文句ないだろ!」と怒鳴り、2つのメニューを食べてその料金を払って店を出ました。

お店の「感動接客」とやらのせいで倍の出費。少なくても僕はお客の心情を考えない店側の自分勝手な感動、サービス、接客なんていらないわ。

 

  

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

心理接客術 [ 森下裕道 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/8/18時点)

 

※店、お客は貨幣を境界として対等であるべきだと思う。へんなサービス意識はお客のクオリティーを下げるだけ。