読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

「聲の形」上映中なので、自宅にある原作を改めて熟読してみた。

社会 漫画/アニメ

こんにちは。

数年前に週刊少年マガジンで連載されて話題になった、聴覚障害を持った女の子とその周囲の人間模様をテーマに描く作品「聲の形」。今月の中旬からアニメーション映画になり、概ね好評だそうです。

僕自身、この映画はまだ観ていないので映画についての感想をどうこう書くことはできないけどいい機会だと思ったので、自宅にある原作全7巻を読み直してみました。

 

f:id:arrow1953:20160928001617j:plain

ネットなどでは「感動した」「いい映画」などという好意的な声や「実際の聴覚障害はこんなもんじゃない」  「障害を美化しすぎ」「感動ポルノ」という厳しい意見もあったりで賛否両論なんだけど・・・原作をあらためて読んだ感想としては「自分勝手な物語」っていうところに尽きる印象だったりします。本日は作品の感想を書く前に、この物語の導入部をまとめて紹介。

どこにでもいる高校生、石田将也が聴覚障害を持つ少女、西宮硝子と数年ぶりに再会。その瞬間から思い起こされる少年時代の回想から物語は始まります。小学生時代の石田は退屈と戦うための度胸だめしに友だちと川に飛び込んだりメチャクチャなイタズラを好むわんぱくな少年でした。だけど周囲の友だちはそのイタズラに飽き、ガキなことはもういつまでもやってはいられないといって、石田とは距離を置くようになっていきます。

そんなある日。石田のクラスに西宮さんがやってきます。生まれつき聴覚に障害を持つ彼女は、自己紹介のときにノートを広げて「この筆談ノートを通じてみんなと仲良くなりたいです」とあいさつ。そんな彼女をみて石田はいい遊び道具ができた!とはしゃぎながらいじめに走ります。そのいじめを横目で見ていたクラスメートも直接的には手を下さないものの間接的にそれを喜び、担任もそれを知りながらも「面倒はゴメン」という態度。そして石田に壊された複数の補聴器が総額で170万円という金額になり、学校もこの件について無視できなくなった途端、担任はすべて石田に罪をなすりつけ、断罪し始めます。クラスメートも手の平を返して石田を糾弾するようになっていき、それをきっかけに今度は石田がいじめの標的になってしまうことに。そんな石田に対しても怒ることなく笑顔を見せ、孤立したクラスの中で親切な態度を見せる西宮さんに石田は酷く苛立ちを見せ、二人は取っ組み合いの大喧嘩をする事に。そしてそれから1か月後に西宮さんは別の学校に転校。ソレと同時に石田の机には以前からクラスメートのひどい悪口が書かれており、クラスの花係だった西宮さんが毎朝早く学校に来て、石田の机の落書きを消していたことに気づくのでした。自分がいじめの標的にしていた女の子が自分を労ってくれていたことを知った石田はこの日以来、西宮さんへの罪悪感や自己への憎悪、周囲への不信を抱いて生きていく事になったのです。

さらに月日が流れて石田も高校3年生。自分自身への絶望から「自殺」を考えた石田は自分の人生の最後のケジメで西宮さんを探し出して、以前自分が小学校の池に投げ捨てた筆談ノートを手渡して謝罪。思いがけない行動を見せた石田にひどく戸惑う西宮さんを前、に自分の無知が今でも許せないことを告げたうえで石田もまた「友達になりたい」と、思いがけない本音を西宮さんに口走るのです。その発言に石田の手を思い切って握ることで応えた西宮さんでしたが・・・。

次回はその二人と、二人を巡る周囲の人間関係と、どうして僕がこの作品を「自分勝手な物語」であると評したのかについて書いていきたく思うのでどうぞよろしく。あ、ちなみに「自分勝手」っていうのは肯定的な意味で、この作品を否定的には捉えていません。

 

 

 

この作品の単行本6巻の帯にあるフレーズが非常に重い。

「生きることは嗚咽」 

  

今週のお題「プレゼントしたい本」