読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

「コラアゲンはいごうまん」の本はマジでおもしろい!

社会 サブカル

こんにちは。

 先週末から土日にかけて、会社出張で東京を離れていました。その出張先に向かう道中の電車で読む退屈しのぎで買ったこの本。

  

 

やっぱりというか、これめちゃくちゃおもしろい!僕のブログの古い常連さん(古いといってもブログ3年めだけど)は僕が中学生の頃にワハハ本舗の社長兼演出を務めている「喰始」さんとお会いした事で、半年ほど物語やギャグの作り方を直接ご指導いただいたことをご存知でしょう。プロにはならなかった僕だけど、同じお笑い界の大御所の薫陶を受けている人という意味で、この芸人さんに僕は注目していました。

 この芸人さんのトークは喰さんやファンの掲げるやテーマに則した事象を取材して、その体験を漫談にして語るという独特なもの。 

SM女王の奴隷募集試験を受けてみる。
後期高齢者がソープ嬢として働いている風俗へ行く。

食べ放題なのに食べ過ぎると怒られるケーキ屋のお話。
「全国穴掘り大会」なる珍妙な大会に参加して練習中に「不発弾」を掘り出した話。

こんな具合のエピソードが本には29本収録されております。

 

さて、このコラアゲンはいごうまんさんですが、この独特で個性的な芸風を誕生させたお話もまた、ユニークなものなのです。大阪で何をやっても芽が出ずに悩んでいたコラアゲンさんは、14年前に上京。ワハハ本舗に加わって、ネタを喰始さんに何度も見せたもののほめられたことは殆どなく、ついに最後には喰始さんから「あなたはネタを考える才能がない」と、芸人にトドメを指すような通告を受けることに。

その時に芸歴15年を数えていたコラアゲンさんは、もうどん底に叩き落とされて号泣したそうな。ただ、喰始さんは同時にひとつのアドバイスもコラアゲンさんに与えていました。「ネタづくりの才能がないんだったら、自分の体験談を語ってみるといい。無理やりに作ってたネタなんかより、自分の体験から生じた素直な言葉こそお客さんに響くでしょう。プライドを捨てたなりふり構わない体験は、きっと笑いを生む」

 このアドバイスをルーツにコラアゲンさんは日本各地を回って、全国の「何コレ?」を取材。それを漫談にする芸風を確立させたそうです。どれもがゲラゲラ笑える「ファニーという意味のおもしろさ」と「え?そうなの?それほんとに知らなかった」という知識欲をかきたてられるおもしろさを同居させた知的なお笑いなのですけれど、その芸風ゆえテレビ露出はマジで少ない。こんなにおもしろい素材があるのにも関わらず、そこに触手を積極的に伸ばさないテレビってほんとうに勿体無いしつまらないと思うのです。

まぁ騙されたと思って、ぜひこの本を手にとって見て下さい。たとえつまらないとこのブログの読者さんが思ってもお金をお返ししませんけどね。

 

www.youtube.com

「すべらない話」にも何度か出演しており、そのクオリティは保証!

 

www.youtube.com

日本各地で行うライブもおもしろい!!

 

 

 

arrow1953.hatenablog.com

 

僕と喰始さんの出会いについて。不肖の弟子??でごめんなさい!!