サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

優先席をめぐり、キレる老人をフルボッコにした僕の戦い

こんにちは

読者の皆さん、連休明けとなる本日、正月気分もお休み気分も乗り越えての登校、出社お疲れ様です。ってか俺はぶっつづけの休日出勤だったけどな。振替休日は貰えるから別にいいんだけど、みんなが休んでいる時にお仕事っていうのはなんとなく精神的にキツイものがあります。だりーなー、やってらんねーなーと愚痴をいいながらお得意さんの企業を周って、社内LANのメンテナンスや新規のネットワーク増設を手がけているだけだった連休でした。

さて本題。

こういった気分の乗らない日っていうのは自分にとって不愉快な事が起こりやすいイメージがあります。自分のイライラの感情が周囲から不愉快を引き寄せるのかどうかはわからないけど、とにかく仕事以外で頭にくる事が多い。そんな今回の不愉快は「優先席をめぐる暴力」。ある地下鉄に始発駅から乗ることができた、たまたま優先席が開いていたのでこれ幸い!と優先席区間にある開いた席に座りうたた寝をしていました。そうしたら数分後、右足、左足に何か衝撃みたいなものを感じたので目を覚ましたら性格悪そうな爺さんが杖で僕の足を叩いている。目つきもこちらを睨みつけ、無言で僕に「席を譲れ」と語りかけていたのでした。

お断りしておきたい事だけど、普段の僕だったらお年寄りや身体の不自由な方を見かけたら、普通座席、優先席問わず自分から率先して席を離れて声をかけて譲ります。ただ今回はその態度が頭に来たので「ゼッタイ譲らない」事を決意。逆に睨み返してやっただけでなく、軽度とは言え暴力を振るわれたので

「あぁ、杖で叩かれた足が痛くて立てない。席を譲りたくても譲れなくて、申し訳ないな」

足をおさえながらわざとらしくいってやったら、爺さんさらに怒りを増していたけど自分の振舞いが席を譲らせる結果を遠ざけたことを理解できていたのか車内で興奮。精神的に敗北を認めたのか息を荒くしながらも、人前で大声で怒鳴れないので2駅ほど過ぎたところですっごい勢いで降りてどこかに行きました。この出来事を機に、軽率な怒りは周囲にも自分にもいい結果をもたらさない事を学んでいただきたいもんだ。

matome.naver.jp

まぁ、このやり方に賛否両論はあるだろうけども、正直言ってこの爺さんとのやりとりは自分の中ではベストな対応だったと思っていたりもします。ブログのタイトルには「戦い」と物騒なことを書いたけどコレは僕にとってはお遊び。杖で足を叩かれて、無言で「俺に席を譲れ」と高圧的に迫る爺さんに対して考えていたのは以下の通り。

①爺さんの不当な要求に対して屈しない
②爺さんを退けるだけではなく、暴力に訴えず敗北感を与える
③周囲に嫌な思いをさせず、できるだけ微笑ましい対応で、爺さんには敗北を与える

コレを全部満たせれば、俺の勝ちだなと考えたうえで、記事どおりの対応になりました。

こういった非暴力的ストリートファイトだったら僕の独壇場です。出演は自分と爺さん、設定は電車の優先席の前というリアルなエチュード(即興劇)で、周囲を自分の舞台に変えてやろうということだけ考えていました。いただいたはてブコメントに「子供っぽい老人いじめ!安い正義」みたいな事を書いていた人もいたけれど、僕は単にこの爺さんで遊んでいるだけだったので、なんだかなぁと思っていました。こんなおふざけめいたことを書いているけど、コレ普通に相手の一方的な暴力事件だから。老人いじめどころか、いじめられたのは僕の方だから。

若者だろうが老人だろうが、簡単にキレてる人たちっていうのは周囲の評価を落とすだけなので損すよマジで。

 

 

arrow1953.hatenablog.com

 電車はおもしろいこと盛りだくさん!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

暴走老人! [ 藤原智美 ]
価格:575円(税込、送料無料) (2017/1/10時点)