読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

下品な女の子と思いっ切り下ネタを熱く語り、盛り上がった

こんにちは

連休をぶっつぶして仕事に励んでいた先週。その振替休日をとれそうもない今週。そんなブルーな気分を抱えながらも本日からまたハードなお仕事の日々が始まりますけど、仕方ない。休日は月末にでも回して、せめて仕事を楽しいと思える雰囲気を作って業務に励んでいこう!などと思っている今日、この頃。

さて本題。

仕事を楽しいと思える雰囲気。それを支えているのは良好な人間関係に拠るところも大きいですが僕のお得意さんとして通っている複数の現場にはひどく下品な下ネタを好む人も多い。最近では、渋谷の某企業でLAN、インターネット通信などの通信インフラ保守を請け負う別会社の女性新入社員Aさん。先日、業務の傍らこの人と昼食を食べていた時のことでした。以前、この人に自分のブログを書いている事を教えたらわざわざ訪問してくれたそうで、この日はそのブログの感想からトークが始まりました。Aさんいわく

「AMさんのブログ読ませてもらいましたけれども、女性にはキツいネタも多いかな。アダルトビデオのタイトルを考えていて楽しいとか」

 

arrow1953.hatenablog.com

あぁ、そんなこと書いたな確かに。野郎どもだったら互いに「くだらねー」と言い合える話題かもしれなけど、確かに女性には気分を不快にさせる話題かもと心配していたら「私もアダルトビデオのタイトル審議会の仲間に入れて下さい!今年は私もやりたい」とまったく想像もしていなかった反応。まぁ確かに会に女性はいないので、この生産性のないくだらない活動に新たな価値観を加えうるとても貴重な存在になりえますが、若い女性から積極的に「仲間に入りたい」と言われたりするとマジで?といいたくもなります。

「AMさんがこの現場に来たら自分で考えたアイディアを聞いてもらいたくて、メモしてきました。」

この娘、マジだ。そんなこと考えているヒマがあるんだったら仕事の勉強でもやれや!といってやろうかと思ったんだけど、他人の考えたアイディアも気になったのでそのメモを見せてもらったところ、コレは!と思わせるものがありました。昨年「PPAP」でブレークしたピコ太郎をパロって作られたパコ太郎。確かにこのブームに乗っかって作られそうなアダルトビデオのタイトルではあります。だけど、この「パコ太郎」でググってみたところ40万件でヒット。やっぱり自分の考えることは他人も考えるもんです。ちなみに僕の考えた「処女の貴重な体験」については、類似があるものの、同一のものはノーヒット。伊達にMVPはとっていません。「あー、やっぱ難しい。」そういってため息をつくAさんを

「落ち込むことなんてない。もし人とアイディアが被ったら、そこからさらにオリジナリティを作るんだ。このパコ太郎というエロビデオを、もし実際に自分が作ったらどんな作品になるか?とか」といって励ます僕に「なるほど。」と頷くAさん。そして「AMさんだったらどういう作品を作るんですか?」と、いわれたので、僕は考えました。PPAPはアップルだの、パイナップルだのフルーツを絡めてくるのでそこは外せない。女性でフルーツといったら自らのヒップを「ビッグピーチ!」と評したリア・ディゾン

海外で自分のホームページを自分で作り、公開後はアクセスを集めたことで日本に来日。「グラビア界の黒船」ともよばれており、青年誌のグラビアコーナーで多数の人気を集め、人気絶頂の中、デキ婚を自らの口から高らかに発表。

その発言は多くの注目と男性の失望を集めました。妊娠、結婚後もタレント活動を続けていきたいと語る彼女は記者会見で男性ファンたちに「ポイしないで!」と笑顔で発言。別に僕はできちゃった婚自体否定をしませんけど、先にファンをポイしたのはあんただろ?とワイドショーで放映された記者会見のVTRを見つめながら思いっきりツッコまざるを得ませんでした。その後彼女は離婚。現在、芸能界復帰を果たしているみたいですが「あの人は今?」状態に陥っている彼女を「MUTEKI」あたりで復帰いただき、男優に後ろからペンを象った巨根で思い切り突いてもらうシチュエーションで・・・。こんなことをつぶやきながらノートに走り書きする僕を見て、「AMさんていつも仕事中にこんなことを考えてるんですか?」と眉をしかめるAさん。「いつもじゃないよ。仕事に詰まった時とかの合間だけ」と、ノートにアイディアの羅列書きを走り書きで続けながら応える僕。この後にAさんも僕のブレーンストーミングに加わり、この日は、結局Aさんとは仕事と「パコ太郎」のアイディア出しで過ぎていきましたとさ。いやだけど若くて可愛らしい子と下ネタトークをかますのはほんとにおもろい。

お前ら羨ましいだろ?

 

 


 

 ※自分の会社では真面目でとおっているのよコレでも。