読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

ヘルシアコーヒー&特茶を3ヶ月以上、毎日飲み続けた効果を紹介

こんにちは。

本日のテーマは減量。男女問わず「太った」「やせる」というのは永遠のテーマですが、僕の場合結婚前は160センチの身長に体重66kgの肥満体質でした。自分の見た目や健康などについて深く考えた際、「こりゃいけねぇな」と反省して減量に着手。結果、3ヶ月前後で13kgの減量に成功。妻に出会った頃には52kg前後の体重でした。一日に摂取カロリーを1000キロ以下に抑えるほか(朝/昼をカロリーメイト2本、夕飯は普通に食べるだけで結構イケる)、運動でランニングを一時間行うなどかなりハードだったため、結婚した現在ではそれを行うというのもムリ。そこで手軽に減量できる手段について考えて、脂肪を燃焼させやすくするという花王ヘルシアサントリーの「特茶」を毎日飲み続けるという、極めて手抜き減量を試してみる事にしたのでした。

飲み始めたのは10月上旬から。飲み続けているのはこの2つ。

 

f:id:arrow1953:20170129233427j:plain

朝の出勤前にヘルシアコーヒーを一気飲み。実を言うとコーヒーは苦手なんだけど、ヘルシア緑茶は苦くて量も多いため、少ない量で我慢できるコーヒーを選択することに。そんでもって勤務中に飲むのはこのお茶。

 

f:id:arrow1953:20170129233642j:plain

10月の下旬に体重を測った際の結果。

f:id:arrow1953:20170129232758j:plain

 

でもって現在。

 

 

 

 

 

f:id:arrow1953:20170129234940j:plain

ま。減量に効く魔法の薬はないってこった。実際、両商品の効果も「体脂肪の燃焼を助ける」事であり「痩せる」事ではありませんから。

実を言うとこの飲み続けていた期間、僕もある実験をしていました。10〜11月にかけてはとくに運動もせず、ただヘルシアと特茶を飲むだけ。11〜12月はお茶を飲む+軽めの運動。具体的に言うと通勤時の乗降駅を本来の駅のひとつ手前にしてその駅から自宅まで走り、一日1万歩を超える距離を歩いたり走ったりする。これを続けた結果、1ヶ月で63kg→60.6kgまで減量成功。
12月〜現在までは仕事が増えたためにその運動が億劫になり、走る距離も大幅に減少。最低で1日1万歩のノルマを守ってはいるけど、その程度の運動ではあまり減量の効果も見込めないみたいでした。1日1万歩を歩いても減量の効果は水前時清子風に「3歩進んで2歩下がる。」といった所でしょうか。

ただ、いえるのはトクホのお茶を飲んで運動すれば痩せる可能性は高い。とか思っていたら、こんなサイトをみつけてしまいました。

 

www.mynewsjapan.com

このサイトによるとヘルシアコーヒーで脂肪を燃えやすくするとされる成分「高濃度クロロゲン酸」はコーヒー1本につき、270mg含まれていると花王はCMなどで語っているが、全日本コーヒー協会によるとそれは普通のコーヒー一杯分に含まれている量とさほど変わらない。花王は普通のコーヒーをイカサマな実験でトクホ商品に仕立てあげているというのです。ヘルシアコーヒーを飲み続けている身としては事実だったら「マジかよっ?」という話なのでさっそく調べてみました。上記のホームページをたよりに、最初は全日本コーヒー協会のホームページへゴー!

ajca.or.jp

このホームページでは「クロロゲン酸」についてこう説明していました。

以下、全日本コーヒー協会のホームページを引用。

コーヒーには、クロロゲン酸などのポリフェノールが豊富に含まれています。その量はカフェインよりも多く、コーヒーの褐色や苦味、香りのもととなっています。

(以下略)

コーヒーの生豆にはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が多く含まれています。
コーヒー1杯(約140cc)には約280mgのポリフェノールが含まれ、これは赤ワインと同程度、お茶の約2倍に相当します。

では続いて花王のホームページに。

www.kao.co.jp

このページではヘルシアコーヒーの特徴として、以下の質問が掲載されていました。

1、ヘルシアコーヒーに含まれるコーヒークロロゲン酸って、なに?
  →ポリフェノールの一種でコーヒー豆に豊富に含まれています。お茶に含まれる茶カテキンと    並び、清涼飲料二大ポリフェノールの一つです

2、コーヒークロロゲン酸は、一般的にコーヒーで言われている「ポリフェノール」とどう違うの?
  →コーヒーには様々な種類のポリフェノールが含まれており、コーヒークロロゲン酸はその一種   で主要ポリフェノールです。
<コーヒーに含まれる総ポリフェノール量>
コーヒークロロゲン酸量 + その他のポリフェノール量 = 総ポリフェノール

ここまで読んでいて、もうお分かりでしょう?全日本コーヒー協会コーヒー1杯に約280mgの「ポリフェノール」を含んでいると書いており、280mgのクロロゲン酸を含んでいるなんて書いていません。そして花王はコーヒーの総ポリフェノールをクロロゲン酸+その他であるとしている。ふつうに読考えたらヘルシアコーヒーの総ポリフェノールはクロロゲン酸270mg+その他になります。実際の効果の有無についてはともかく、こんな記事にいちゃもんつけられて花王も大変だったろうな。このクロロゲン酸がダイエットに有効かどうかについてもし興味あったら、ぜひ皆さんで試してみて下さい。

※このいちゃもんサイトを見て「ヘルシアコーヒー効果なし」と言い切っているコメントの多さに唖然。みんなもっと文章読もうぜ!!