読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

チョコ味の焼きそば対決!一平ちゃんVSペヤングで食べ比べてみた

こんにちは

先日はブログで「ショートケーキ味焼きそば」を食べた感想を書きました。基本的に食物はみんな旨いというのが僕のスタンスだったんだけども、コレについては論外。思いきり「まずい」と叫びたくなる味でした。その後も変わりダネ味でユーザーの求めている方向とは逆に突っ走っているカップ麺、カップ焼きそば業界。次に僕が試してみた商品は「チョコレート味焼きそば」でした。

f:id:arrow1953:20170205230106j:plain

ショートケーキ味に続いて一杯ちゃんの「謎チョコキューブ入りチョコソース味」!だけども、このチョコ味は他のメーカーでも発売中。

f:id:arrow1953:20170205230349j:plain

そこで本日は一平ちゃんVSペヤングと称して、2つのチョコ味焼きそばを食べ比べてみました。まずは一平ちゃん。

f:id:arrow1953:20170205231340j:plain

ご覧の写真の画像からはわかりづらいかもしれませんけど、この時点で麺が焦げ茶色。そして左からチョコ味のソースに普通のソース、そしてかやくのチョコ。チョコ×チョコと焼きそばソースの公式を見て、もうその時点で食べる気が失せてきました。それでもめげずに

f:id:arrow1953:20170205232359j:plain

作っちゃった。んじゃ、食べてみるべ・・・。

感想:マズイけど食える。

意外なことに僕の妻は「甘じょっぱいけど、コレはまぁ美味しいかな?」みたいな感想を語っていました。僕はダメ。チョコの甘さと酸味の効いたソースの塩辛さはどうしても合うとは思えない。作った責任で全部食べたけど、これは正直いってお金を払って食べたい商品ではありませんわ。あとパッケージにでかでかと書いてある「謎チョコ」。コレは写真の中央部にある小さな具材ですけれど、お湯で熱くなった麺の上にあってもまったく解けませんでした。食べてみたサクッとする歯ざわりだったことから、たぶんだけどチョコを練り込んで作ったコーンスナックだったんではと僕は思います。

 

さて。次に食べるのはペヤング

f:id:arrow1953:20170205234729j:plain

こちらは麺に最初から味はついていないオーソドックスな麺と、チョコソースのみ。ソース独特の塩辛さと酸味がないだけおいしく食べられるかもと思い

f:id:arrow1953:20170205235231j:plain

作っちゃった。んじゃ、食べてみようかな・・・。

感想:まぁ食える。

ソースの酸味を感じないので純粋にチョコ味。だけど麺類とチョコレート好きの娘に食べさせてみたところ、吐き出しました。たぶん色合いから焼きそばの味を想像していたんだろうけど、いざ食べてみたら純粋なチョコの味だったため驚いたんでしょう。僕も色合いからどうしてもソース味が頭をよぎるため口に広がるチョコの味と先入観で作られたソース味のギャップに戸惑いました。確かに食べられるんだけどもこれだったらふつーにチョコを買って食べたほうがおいしい。

でもって結論。一平ちゃんVSペヤングの結果は味そのものには「まずい」という感想がなかったためペヤングの勝利!僕の独断と偏見だけど。

たださっきも書いたけど僕はもう二度とチョコレート味焼きそばを買いません。

普通にチョコレートを味わいたい!!

 
※あまい焼きそばは美味しくないっていう常識的なオチになっちゃったな。今回のブログ。企画失敗だった。
あ、ちなみにこのブログ記事はショートケーキ味を食べた時の感想!!

 

arrow1953.hatenablog.com