サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

日本国憲法を学べる漫画やエロゲーについて語る

こんにちは。

 本日は5月3日の憲法記念日。この時期になると新聞やテレビなどのメディアは世論調査を行い、日本国憲法の改正の是非についてなどを国民に広く問いかけたりします。そういや昨日、安倍首相が今日の記念日にちなみ、こういったコメントを発表。

www.asahi.com

以下、記事の引用

 (安倍)首相は「憲法を不磨の大典と考える国民は非常に少数になってきた。もはや改憲か護憲かといった抽象的で不毛な議論から卒業しなくてはならない」とも語った。

とかいっておきながら同じ朝日新聞世論調査だとこんな結果。

www.asahi.com

 朝日新聞だけの結果をもって「不磨の大典と考える国民が少数か」を断ずるのはアンフェアなので、読売新聞の世論調査のほうも紹介。

www.yomiuri.co.jp

 朝日新聞の調査では憲法改正は必要=41%、不必要=50%で不必要派がリード。これに対して、読売新聞の調査だと憲法改正賛成と改正反対が共に49%で見事二等分。首相が日本国憲法の改正をやりたくてやりたくてたまらずにいるため、演説で「もはや改憲か護憲と言った抽象的で、そして不毛な議論からは私たちは卒業しなければいけないと思います」なんていっちゃっているけども、この世論調査の結果を読む限り、護憲か改憲かの議論は徹底的にやらなきゃいけないんじゃないのか?少なくてもあんたの在任中に安易な改憲なんてことはないような、徹底的に時間をかけた国民的な議論が求められるんじゃないの?なんて思っちゃいました。

 さて本題。護憲か改憲かといった結論に至らなくてもこの国の憲法を学び、この日本国憲法が戦後の日本の立脚点だということ、僕らはこの憲法の恩恵を受けて育ってきたという事実を認めるのは大事なことであると僕は考えています。声の大きいネトウヨや自称保守の人たちは現行の憲法を「平和ボケ」「理想論」とかバカにしてくれるけれど、この国の性別や身分に左右されない平等思想とこの国の主人公は権力ではなく国民だという「国民主権」の思想が義務教育や福祉などの相互補助を支えているのであり、それを理想と笑うなら「お前らぜったい自分の子どもを学校に通わせるんじゃないぞ」「年金貰うんじゃねーぞ」といってやりたくなるんだけど、まぁいいや。長い前振りだったけど、本日のブログはそんな日本国憲法について考える変わり種のアイテムを紹介。ひとつは昨年この時期に紹介させてもらったバカボンのパパやニャロメから日本国憲法についてレクチャーを受けるこの本。

①「日本国憲法」なのだ!

f:id:arrow1953:20160505012534j:plain

 戦中、戦後を満州で暮らしたギャグ漫画家「赤塚不二夫」センセの貴重な体験も掲載された本。日本国憲法はニャロメ達のいうとおり両議院の全議員で多数決を行い、2/3以上の賛成と国民投票過半数を得なくては変えられない。従ってとても重く、重大な案件。改憲、護憲の議論を「不毛」なものと軽々しく語るこの国の権力者さんはその重大さをわかっていないのでしょう。

 

arrow1953.hatenablog.com

昨年の記事をさり気なくリマインド。

 続いてはゲームを紹介。これはブログを始めた頃に紹介したのであまり注目されずに寂しかったんだけどもこの商品のオリジナリティは現在も際立っているためこれまた再度紹介。

DS9ディベートスクールナイン)

f:id:arrow1953:20141119235027j:plain

 コレなにか?というと「憲法9条改正」をテーマにした美少女エロゲーキャッチコピーの「右と左どっちの彼女が好き?」ってのが実に味わい深い。ゲーム会社のホームページを見るとジャンル:憲法9条改正恋愛AVGって書いてある。
 物語はある学園のディベートの授業で「憲法9条改正」について語り合うこととなり、中立だったプレイヤーが生徒会選挙で戦った改憲派の女子のクラスメートと対立するうちに護憲の立場に周って改憲、中立、護憲と異なる立場に属する女子と仲良くなりスケベな関係を目指していくという常人にゃ理解できない内容のため、一般ウケしないユーザーを選ぶゲームなんだろうと想像できる珍品。興味ある人がいたらぜひゲームを買ってブログで感想を述べてもらいたい。

jado-soft.com

※18歳以下の読者は見ちゃダメ。詳細は以下の記事をどうぞ。

 

arrow1953.hatenablog.com

今回の記事の締めくくりとして、自民党の考える憲法改正がどんなものかも紹介。

 

arrow1953.hatenablog.com

 この改憲案を読んだうえで憲法を「不磨の大典ではなく改憲するべき!」とか思う人がいたら、たぶんその人ってマゾだな。

f:id:arrow1953:20160707013434j:plain

 ※現行憲法では男女平等が謳われて、この70年で女性の地位は向上した。だが個人の自由が強調されすぎたため、家族の絆とか地域の連帯が希薄になっている。

 そんなの単に国家や地域など、組織に自己のアイデンティティーを依存しなきゃ生きていけない野郎どもが弱くて情けないだけだろう。その弱さを克服できないあんたらの軟弱さを女性のせいにするな!みっともない。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「日本国憲法」なのだ!改訂新版 [ 赤塚不二夫 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2017/5/3時点)