サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

80年代の愛すべき個性的アイスをまとめて紹介

こんにちは

 今回のブログはもう夏も本番に入ったこともあるので今週のお題「好きなアイス」から。ただ、このテーマで書かれる記事のほとんどは「このアイスが美味しくて好き!」「私のお気に入りはこのアイス」とかいうふうに、アイスの「味」という観点から語られると思うので、このブログではマイナーなアイスを紹介というスタンスで話を進めてい着たく思います。ってか、以前書いたアイスにまつわる記事の総まとめなんだけどね。

 ってな具合でまず紹介するのがこの商品。

 

①わたぼうし

f:id:arrow1953:20141109222943j:plain

   ロッテのアイスでロングセラーを誇る「雪見だいふく」のプロトタイプ商品。違いはアイスを大福でなく、マシュマロでくるんだ点。

 

www.youtube.com

 コレは昭和50年代の初期に発売された頃のCM。子供の頃に食べてその味が衝撃的でした。その後にこの商品は「雪見だいふく」となって再発売されたんだけども、正直言って僕はわたぼうしのほうが好きだった。30数年の時を経て、このわたぼうしをまた食べたくなったため手作りに挑んだのがこの記事。

 

arrow1953.hatenablog.com

 

②立たされん坊

 アイスキャンデーの棒に「当たり」のマークがあったらもう一本!というサービス。もう一本当たりなんてケチくせぇ!昔は最大で3本当たり!ってアイスがあったんだぜ!

arrow1953.hatenablog.com

 こういう太っ腹なアイス、もう出ないのかなぁ。

 

③ぷらもで〜る

 日本のアイスの歴史でも最大のキワモノ。なんとアイスの棒がプラモになる。

f:id:arrow1953:20170803010820j:plain

 この商品を作った人はたぶん天才かバカのどちらか。

arrow1953.hatenablog.com

 いかがでしたでしょうか?これらの商品は現在残っておらず、言ってみれば時代と共にどこかへ行き、誰の記憶にも残らないという結果となった商品。「負け犬」ですはっきりいって。だけどもこれらの商品にはどれも「他社が売れているから、ウチでも真似してやろう」とかいうセコい考えではなく「どこの会社も作らないなモノを作ってアイス市場を俺らで独占してやるぜ!」とかいった野心と意気込みが溢れているように思えます。万人が旨い!というあいすよりも、こういう不器用な奴らの方が魅力的で僕は好き。そして僕はこの不器用なヤツらを、多くの人に知ってもらいたい。

 

 


 

今週のお題「好きなアイス」