サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

ドラマ「電影少女」の感想と僕らの思春期について語る

こんにちは。

f:id:arrow1953:20180114151750j:plain

 1/13からスタートとなったドラマ「電影少女」。この作品のタイトルを目にして、悶々とした性欲に彩られた自分の思春期を思い出す人はおそらく僕と同年代でしょう。

 

電影少女 - Wikipedia 

 

 さて本題。この「電影少女(ビデオガール)」という作品は80年代後半から90年代の前半にかけて週刊少年ジャンプに連載されていた作品で、作者は桂正和。この作品をきっかけに桂センセも作風を変えただけでなく画力も大幅にアップ。二次元の漫画ながら写実的というか、立体的で肉厚に描かれた女性の裸体はエロ本とはまた異なるエロさがあり、当時の思春期真っ盛りなヤローどもをとりこにしたもんでした。机やベッドにエロ本を散らかしていても平気だった中学の同級生が、これだけは親に知られたくないといって「電影少女」の単行本を机の引出しの中に隠していたのを見つけた時はその不健康な性欲にドン引きさせられましたが、同時にこの友人の気持ちも理解できるため、このやり場のない感情をどうしたもんかと思ったもんです。どんなマンガだったのかは現在、集英社のサイト「ジャンプ+」で公開中なので、興味ある人は読んでみるのもいいでしょう。

 

shonenjumpplus.com

 

 そんな思春期の記憶に懐かしいこの作品が25年の時を経て2018年にドラマ化。

www.tv-tokyo.co.jp

 連載スタート当時の1989年を2018年に変更したリメイク作品かと思ったら、ドラマの舞台は原作の設定の25年後。原作の主人公の甥っ子が両親の離婚を機に、かつて先代主人公の暮らしていた空き家に居候。そこで古ぼけたビデオデッキとテープを見つけ、そのデッキでテープを再生させたことでテレビから女の子が出てきた!という原作とは異なるオリジナル設定ながらその物語の流れを汲んだ続編みたいな雰囲気になっていました。

 

 ツイッターでもオンエア時には、概ね高評価な呟きが溢れておりましたけど、僕個人の感想は正直いって微妙かな。桂正和の描いたヒロイン「あい」の近未来的デザインのコスチュームが安っぽかったこともあり、「低予算のコスプレドラマ」というイメージしか持てませんでした。マンガ原作の実写ドラマや映画のほとんどはだいたい駄作になる。という僕の先入観がそう思わせているのか、または25年前の作品のドラマ化に漂っている「今更感」が僕をうんざりさせたのかわからないけれども、どうせだったらそんなオールドなおっさんの意見を覆すような出来のドラマを作って貰いたいもんです。良作を作ろうとして突っ走ったら方向性を見誤って、駄作を越えた駄作ドラマになっちゃった!っていう結果になるのもおもろいけど。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

電影少女 1【電子書籍】[ 桂正和 ]
価格:780円 (2018/1/14時点)


 

※この電子書籍の表紙にある胸当てみたいなものがついたデザインの服。コレを実写にしたら単なる安いコスプレになるのでやめた方がいい。