サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

アイドル=バカを決定づけた田原俊彦の伝説を語る

こんにちは。

 今日のブログのテーマは以下のブログ記事を読んで考えさせられたので「アクセスアップ」。

www.terakappa.com

 三か月でブログのアクセス数を10倍に!という目標を立てた「てらかっぱ」さん。この記事の中にある「そのために、何をするべきなのか?」という迷いを読んでいて、僕も考え込んでしまいました。

 

 ブログを書いている以上は多くの人たちに読んでもらいたい。これはブロガーとなった人の「業」であるというべき感情であり、僕の中にも当然、ある思いです。だけど、そのためにやるべきことは何か?っていうとおそらく具体的な答えを示せないでしょう。俗にいうSEO対策や、ブログ記事そのもののクオリティー向上、個性を発揮させたブログ記事の差別化。まぁこんなところでしょうか?

 

 個性を発揮させたブログ。いつもブログを書きながら考えているのは「AMネットワークのブログの売りって何なのか?」ということ。手前味噌ながら僕の売りは「記憶力」というところです。昔見ていたテレビやマンガ、本などから得た、辛うじて覚えているあいまいでおぼろげな記憶。それを頼りに脳の中にあるビジュアルを辿り「こんなのあったよな!」と皆さんの前に広げて懐かしんだり、驚きあったりする。読む人によっては俄かな知識の寄せ集めでしょうけど、それだって集めまくれば質より量で差別化を図り、楽しいと思ってもらえるブログになるんじゃないかと今日もパソコンの前に座っています。

 

 さて本題。若い頃にはブログなどありませんでしたがヒマを見つけては雑談のネタが欲しくて古本屋に何度も足を運び、ムダ知識の収集にせっせこ励んでいた僕ですけど、買い集めまくった本の中でも強烈だった本を本日は紹介させていただきます。70~80年代を代表するアイドル「田原俊彦」の自伝本。

 

f:id:arrow1953:20180216002934j:plain

「とびッきり危険(デンジャー)」

 

田原俊彦 - Wikipedia

 

内容に触れる前に、トシちゃんの透けパンから見える半ケツレアショットをどうぞ。

f:id:arrow1953:20180216003356j:plain

 この本、1986年出版なんだけどよくジャニーズ許したよなぁ。本を簡単にまとめると、少年の頃に家庭の事情で貧乏だった田原少年の「アイドル成り上がり物語」。トシちゃん自身の写真を交えて語られる自伝です。本を読むとトシちゃんがトップアイドルになるまでにどれだけ苦労、努力してきたかが伝わるだけでなく人柄もイヤミな性格ではないので苦痛ではないんだけれども、同時にトシちゃんのバカさも伝わってくるのがとっても味わい深い。自身の成功体験を軸にやたら「男らしさ」を語るっているけれど、どの「男らしさ自慢」もピントがずれまくり。例えば中学生時代。ヤンキーの先輩から「梨畑の梨を盗んで来い!」と泥棒を強要されたトシちゃん。逆らうと先輩に何されるか分からないと迷いながらも、ここでトシちゃんは男らしさを発揮!

 

「ボクも田原家の長男として、そのくらいのこと(泥棒)できなくてどうする!っていう頭もあったので、やったね。梨ドロ!」

 

 偉そうなこと言うクセに実際は単なるパシり。さらに勘違いした男らしさに拍車をかけるように、トシちゃんは苦手な勉強でも根性を発揮したんだぜ!と自慢。学校の成績のひどさから進路担当の教諭に「お前は公立ムリだから私立に行きなさい」と私立進学を進められたことに対して、「冗談じゃない!バカにするなよ!そこまでいうなら、県立高校に進学してみせるぜ」と反抗心を糧に猛勉強。甲府(トシちゃんの地元)、山梨県でトップクラスの公立進学校とかに受かったりすればドラマだけど勉強が苦手だったトシちゃんは、普通高校は諦めて偏差値の低い工業高校に絞って勉強。んでもって、合格やる時ゃやるぜ!と声も高らかに自画自賛。いや、別に工業高校みたいな専門知識を学ぶ学校をバカにするつもりはありません。だけど進路担当教諭に「ふざけるな!」と大見得を切ったからには地元トップクラスの学力を誇る学校に入るくらいの根性は見せてもらいたい。根性自慢の割には自分の学力に対する現状認識に抗うこともなく、ただ、打算により進路を決めただけなありがちケースから根性をどうのこうのと語るのでなんだかなと思わされるエピソードです。勉強が苦手だったけれど根性を発揮したぜ!と吠えるんだったらせめて偏差値60前後の公立学校には進学してほしい。

 

 こんな感じで長々続く無意味な前向き根性物語。根性サクセスストーリーと思わせておいて単なる過去の愚痴なんじゃねーの?と読者を惑わせる田原イズム。それは80年代の現役アイドルだった頃の思い出エピソードにも発揮されます。

 

f:id:arrow1953:20180216012401j:plain

 海からカッコよくダイビングを決めるトシちゃん。これはアイドル雑誌「明星」の企画で撮影されたものだそうな。またここでゲンナリな田原イズム。「明星の撮影って、いろいろやらされる。映画のハワイロケで、5メートルの断崖から飛び込め!っていわれた時はさすがにビビったね!冗談じゃないよ!」と怒りを露にするトシちゃん。アイドルだって人の子。その怒りについてはまったくもって当然。

 

「でも、やったね。僕は男だからね!」

 

長いものに巻かれまくりじゃねーかバカ野郎!

 

 この辺でイヤになったのでこの先は読んでいません。小学生の頃にタバコを吸っていたり、梨やブドウを盗んだ過去を振り返ってスタードッキリマル秘報告みたいに「大成功!」などと誇らしげに思い出をつづるトシちゃん。万引きで芸能界を干されたあびる優や未成年時代の喫煙から迷走中の加護亜衣の胸中いかばかりか?昭和って大らかだったんだなぁとつくづく思う。ただ、この本。女性問題についてはヤンチャなエピソードはほとんど書かれていません。女性の好みについての考え方はうるせーけど。たぶん、大らかな時代のアイドルだったトシちゃんは「抱きしめてTONIGHT」といわんばかりに言い寄ってくる女性ファンにも手を出しまくっていたんじゃなかろうか。想像だけども。

 

 結局のところトップアイドル「田原俊彦」の語る男らしさっていうのは「周囲には反抗しているように見せているけども、実際は長いものに巻かれながらも『俺はやってやったぜ!』とイキがってみせるメソッドということなのでしょう。アイドルも大変なんだなぁ。

 

 

 にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

 

 


 

 

※世間には数多くのブログがあります。

 

生活に根差したおトク情報を体験と検証を交えて伝えるブログ。

(今週更新された記事のために行われていた検証の細かさに敗北感を抱きました)

www.yukicoco.net

  

40過ぎの同年代おっさんの語る漫画・ゲームの魅力ブログ

www.40-game-life.com

 

アニメオタクなママさんのにぎやか子育てブログ

www.amiclo3sisters.com

 

漫画(少年ジャンプ)に精通したブロガーさんの情報ブログ

usedemikuray.hatenablog.com

 

ネガティブロガーさんのポジティブログ

www.iwako-light.com

 

国際結婚異文化ブログ

www.yanmei.club

 

 他にも更新されたら必ず読んでいる購読ブログの数々に目を通しながら、僕のブログのウリについて考えていたことを書こうと思っていたのにこんな記事になっちゃった。まぁ、そんないい加減さこそ「AMイズム」。