サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

コンビニの店員にお礼どころか、雑談をする僕は迷惑な客

こんにちは。

 

f:id:arrow1953:20180219021910p:plain

 本日のブログのテーマは「接客」。きっかけは以下の記事です。

 

 

 

www.j-cast.com

 

 コンビニや飲食店での会計時、店員さんにお礼を言うのは常識か否か?というのが、ネットで話題になっていたそうな。賛否両論の意見を読ませてもらったなかで、このブログの記事が僕の考えに最も近い。

www.pojihiguma.com

以下、記事を引用。

 

僕はコンビニやレジのお会計が終わった際に「ありがとうございます」を言います。感謝しているからです。 買い物の生産で品物をバーコードに読み取り、お会計の金額を出してくれて「ありがとう」の意です。 あとは袖触れ合うも多少の縁ということで、レジのお会計でも何らかの人間的繋がりに感謝しているというのも理由のひとつです。 それと、相手が喜んでくれる、というのも理由としては大きいです。人によりますがとても嬉しそうな笑顔を見せます。その笑顔だけでご飯が2杯でも3杯でもいけちゃいます。人の笑顔って本当に好き。 「ありがとうございます」だけで誰かの笑顔を作れたら、これほど有意義なことはないのではありませんか。表情筋をちょいと動かして、発声器官を振動させるだけ。これだけでスマイルが生まれるのだから魔法でしょ。 場合によっては無表情でなにも起きないこともありますが、それがスタンダードだと思えば笑顔が返ってきた時はラッキーくらいに思えるので精神的に健全です。

コンビニやレジで「ありがとうございます」言います - ポジ熊の人生記

 

  「お店の店員に笑顔になってもらうのは嬉しい」という考えを述べた後、反対派のいう「接客やレジ打ちはシステムであり、当然の業務。それに対してお礼をいうのはおかしい。という意見も間違ってはいない」との声も汲み取ったうえで「結局、お礼という振る舞いに常識云々を求めるのは難しくて、是非についてはそれぞれの好き嫌いによる。ただ、自分としては人の笑顔を見る機会を得られるのでお礼はお得」だというこの考えに人柄の良さを感じて、なるほどなぁと思わされました。

 

 僕も学生の頃、コンビニの早朝アルバイトを4年ほど続けていたことがありました。その経験からいうと、お礼を言う、いわれる以前に店員としてはもっとシンプルにお客さんと「話してみたい」っていう強い欲求にかられることがあります。だいたい朝決まった時刻にお店に来て、決まった銘柄のコーヒーやタバコなどのバーコードを読み取って表示された金額のお金を受け取り、おつりを渡して「ありがとうございました」の簡単な会釈。そのプロセスはお客や自分を取り込んだ定型のルーティンっぽくて、息苦しさを感じることがよくありました。なのでたまに接客中、どうでもいいことをいってくるお客さんはそのプロセスにノイズを混ぜてくれる貴重な存在であり、そのたまに生じる「不協和音」は「定型ってラクだけどつまらないよな。人間ってやっぱりシステムの中だけで生きていると息苦しくなるよな」ということを再認識させてくれていたように僕は思います。

 

 レジを挟んで向かい合うお客の自分と店員さん。そのルーティンを狂わせたくなった時に僕は「いたずら」をしかけます。買った商品をわざと忘れて店を出て行ったり、以前お店にあったお気に入りな商品の発注をやめたことを聞くと「あの、かゆいところに手に届くようで全然見当違いなラインナップが好きだったのに」と嘆いてみせたり(この話を振ったら店員のおねーさんに『私もそうなんですよ!うちの商品ってマニアックですよね』と同意されたことあり)、迷惑のかからなそうな範囲で対話のボールを投げたりする。その時見せる店員さんの反応に人間性を見い出して僕はほっとさせられる。迷惑な客だとも自覚しているけど。

 

 だけどね。この「人間性」っていうのは軽んじられない問題なんじゃないのか?と僕は思う。この数年、お客側の異常なクレームなどが社会問題になっており、そのクレーマー増加の背景にあるのは人間や社会そのものの合理化っていうかシステム化に伴った人間性の排除っていう面も絶対あるはずなのよ。

 

www.news-postseven.com

 メガバンクのAIの導入による業務のスリム化やドローンを使った物流「無人化」。

www.mlit.go.jp

 

 全部が全部、機械が人間の仕事を奪うとは思わないし僕もシステムや機械による合理化を否定しないけども、この傾向は結果的に人間の心を追い詰めるだけじゃないか?この「人間性」という不合理で曖昧なものをどう組み込んで社会を形づくるべきかはもう少し考慮されてもいい。

 

 

 にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人間はどういう動物か (ちくま学芸文庫) [ 日高敏隆 ]
価格:907円(税込、送料無料) (2018/2/19時点)