サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

「水戸黄門」的な価値観を今こそ脱する時だとデモを見て思った

こんにちは。

f:id:arrow1953:20180316015115j:plain

 最近国会議事堂前や総理官邸が何やら賑やかで騒がしくなっているとのこと。与党もそんな様子を見てビビってきたのか、森友疑惑についての国会答弁でウソをついていると、もっぱら噂だった佐川さんを証人喚問に呼ぶそうな。まぁ部外者なのでその件についてはどうのこうのいいませんけど、とりあえずは佐川さん「上司に恵まれない人材」として「オー人事オー人事」の派遣会社に電話をしてみたらいいと思います。適材適所だと散々持ち上げておきながらいざとなったら解任、組織のトップは辞めさせた途端「佐川、佐川」などと呼び捨て。組織の人間じゃなくなった人のことを呼び捨てする感性もよく分かりませんけれど、そんなふうに人に敬意を払えない人間は平気で責任を押し付けてくるので「お前も道連れだ!」と意を決して知っていることをウソつかず全部ぶちまけた方がいいんじゃないかなとか考えたりする今日、この頃だったりします。

 

 さて本題。ニュースなどによると国会前、総理官邸前でのデモ参加人数は日を追うごとに増加傾向にあるとのこと。それはある意味、現在の政治について多くの人が「おかしい」と疑問に思ったり、この国の権力のあり方に憤っている人が増えた結果だと思うんだけど、どうしてみんなこんなに腰が重たかったのか?その背景にあるのは僕たちがどこかで「水戸黄門」的な他人任せの正義というか、強大な力や指導力を持った人物の「導き」みたいなものを求めていたからだろうと思うんですよ。国や自治体、会社。あらゆるコミュニティには大なり小なりの「理不尽」があって弱い個人は常に我慢を強いられている。だからこそ、その理不尽を「どこかの誰か」が壊してくれるのを望む。自民の政治不信が騒がれた時には小泉のおっさんだったり、民主党だったり。景気が悪くなったら「アベノミクス」で景気回復できる!愛国心を強く持って誇りを取り戻そう!と語る、現総理だったり。常に誰かに頼って今の閉塞をなんとかして貰いたい!と、この国の「戦後」は叫ぶだけだったように、僕には思えます。

 

 そこで「そろそろ僕たちも『水戸黄門的なリーダーの出現願望』から卒業しない?」と僕は提案をさせて貰います。選挙権を放棄するのは話にならないけど、選挙で票を投じただけで「後はよろしく!」って態度も、この国の憲法が「国民の主権」を謳っている限りやはり無責任。さらにいうと独善的な「水戸黄門的」なリーダーもいらないし、そんなリーダーの力で作られたコミュニティーなんて何の意味もない。手間もかかるけど、僕らが自分たちの判断や選択の正しさを信じながら、迷いながら丁寧に社会を構築していく。リーダーというより、行政や政治家は「国民」という国を支えるオーナーが税金で食わせている「僕」であり、納得できなけりゃ解任させる。そうなりゃ行政も政治家も飯が食えなくなるのがこわいので、民を軽んじることができなくなっていく。コレってすごく大変だろうけど、絶対やりがいあると思う。自らの意思を現実社会に反映させるため「政党」や「議員」などを選び、育成させながらミッションを与えてコミュニティーを作っていく。この国が、そんな社会になったらきっとスマホ無料ゲームとかやってるヒマもないほどおもしろくなるぞ。今のウソで固めた政権に多くの人が鬱憤をためているのは分かる。だからこそこの後に控える国作りゲームを楽しんでやろう!と僕は思う。

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

地方選挙実践マニュアル -改訂版ー [ 三浦博史 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2018/3/16時点)


 

※国のオーナー「国民」ではなくて、国民に使われるプレイヤーキャラクターになってゲームに参加というのもアリだけどね。自民だろうが立憲民主だろうが、共産だろうが「この国のオーナーである俺たちを舐める奴は許さねぇ」って思っているぐらいが丁度いい。後、デモで怒りをぶつけるのは結構だけど、全部を安倍と麻生のせいにはするなよ。この二人をのさばらせたのは僕を含め国民の責任。そこから目を背けたら、全部を佐川のせいにしている麻生とかわらないからな。