サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

安倍や自民以外に国を任せられないというのがそもそも「カルト」の洗脳。

こんにちは。

 先日書いた「オウムの本質はカルト」だという記事には多くの反響が集まりました。そのことに感謝を述べると同時に、以下に述べた現政権とその周囲の持つカルト的な性質について、もう少し掘り下げて書こうと思っていたんだけども、予定変更。

 

現実に対して空虚さを抱えた人々を強く引き付けたオウムの教理が前述されたオカルト的な価値観だけでなく、アニメの設定や各宗教の価値観などを切り貼りして編集を行い、独自の世界を構築していきながらその世界を守るため世間と断絶を図り、結果敵に先鋭化の道を突き進んでいく。この光景は同じく現実社会に対する閉塞感に目を背けるためyoutubeで周辺国や現政権の批判者を「反日」などと罵るデマや不正確な情報を切り貼りして作った映像を観て、敵意むき出しのネトウヨ共が増殖したり、英国BBCのドキュメントで人権意識にひどく欠けたコメントを得意げに吐いて悦に浸る自民党議員を生み出したりしているこの国とどこが違うというのか。その風潮を良しとせずに批判する人を「サヨク」「パヨク」などと嘲り、議論することもせず自説をつらつら述べ、それに答えるまえに「はい論破!」といって粋がるネトウヨや国会の質問に誠実に答えずニヤニヤ笑うだけのバカなこの国の首相と、同じく教団の批判に対してディベートには長けていたが、オウムの本質には全く触れることのなかった嘗てのオウム広告塔「上祐史浩」と何が異なるのか。この両者は僕にいわせりゃまったく同じであり、だからこそこの国は本格的にオウム化しているといわざるを得ません。

オウムの本質は「カルト」でなく「サブカル」であり、それは今この国を覆っている - サブカル 語る。

  このニュースを見て僕は怒っています。

president.jp

 これどういうニュースかっていうと、西日本の大雨で各地に気象庁からの避難指示をまったく気に介さず、自民の議員たちが集まり、大宴会を行っていたという批判が多くなってきたため竹下総務会長が会見で「正直言ってこれだけ凄い災害になるという予想を私自身は持っていなかった」と釈明。7/5のツイッターには自民の議員が集まってお酒を飲みながら旨いものを食って大はしゃぎ!という様子が投稿されていました。

f:id:arrow1953:20180710004158j:plain

f:id:arrow1953:20180710004558j:plain

 皆さんも暇だったら、片山さつき議員と西村やすとし議員の7/5のツイートをご覧になってみて下さい。本当に、自民の議員は和気あいあいで楽しそうです。

 

 「7/5の時点でこんな災害になるとは思っていなかった。」という釈明を百歩譲るにしても、まず大雨で苦しんでいる人が大勢いるというのにこんな無神経なツイートをした議員たちがいたことをどうして詫びないんだ?なぜこの無神経な議員たちはまだこのツイートを削除もせず、詫びないんだ?そもそも、こんな行為を誰も咎めないのか?コイツらには人の痛みを理解しようとする、想像力を働かせる感性がないのか?

 

 酒を飲むな!とは言わない。プライベートな空間で楽しむなともいわない。だけど自分らが酒を飲んで騒いでいる部屋の先には大雨の災害で苦しんでいる人がいる。だったらせめて自分たちのバカ騒ぎを公に公表するのは控えておこうという、そんな程度の思慮もない奴らがどうして議員をやっているんだ?

 みんな、ほんとにこんな政党がいいのか?「自民以外に政権を任せられない」「安倍以外に総理を任せられない」と思っているなら、それこそほんとにカルトだぞ。でなけりゃ暴力を受けながらも「私にはこの人しかいないのよ!」と思い込まされているDV被害者だ。僕だったらこんなバカの集う政党と、その政党が政権を担っているこの国を「下劣」に思う。そしてこんな下劣な政党には退場いただき、別の政党に国のかじ取りを任せたいと思う。経験もない政党に不安がないかといったらウソになるが、それでも人間性が腐っている奴らに権力を委ねるよりよっぽどマシだ。頼りにならなけりゃ新人育成のつもりで使い続けながら鍛えてやる。国民にそのくらいの気概がなかったら何も変わらないぞこの国!!