サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

最近のオタク共のメンタルの弱さについて語る

こんにちは。

 先日書いたこのブログ記事をツィッターにて紹介してみたところ思わぬ反響になり、えらいアクセスも増えました。

 

arrow1953.hatenablog.com

 

 この件を巡ってはラノベの表紙にエロ絵を使うことの是非やら、表現の自由やら、性的要素を含むことを考慮してゾーニング(子どもたちの目が届かない所で売る)やら、多くのファクターが絡み合ってややこしい話になっている印象ですが、僕の考える本質とは「小説や漫画の表紙にエロ絵を使う必然性は何?」っていうだけです。物語というコンテンツだけで売れないからエロ絵でオタクを引き付けて売るというアコギな商売は結局のところ物語に魅力が足りないと販売元が公言しているも同じで、僕はそれを「物語の敗北」と呼んでいるっていう話であり、そんな商売を続けていたら結果的に小説も漫画も「物語る力」を衰退させていくだけなんじゃないか?という元アニメの制作進行だった男からの問題提起でしかありません。けど同時にこういうエロ絵の持つ独特なエロチシズムについて理解もしています。

 

f:id:arrow1953:20180913102243j:plain

 

 これなんかは大学のゼミ研究のため(だったんだが興味なかったとはいわない)に買った90年代のエロ漫画の表紙ですが、この男性の性欲を満たす目的で出版されたエロ漫画の表紙と上記ラノベ表紙を比べたらドン引きする人はいるでしょう。

f:id:arrow1953:20180913101430j:plain

 記事にこのラノベは特別な作品で、他のラノベはそんな過激じゃない!とかいう人もいたので調べてみたところ。

 

togetter.com

 

 ブログの質を落としたくないのでリンク先の画像は引用しません。まぁこれも一部のラノベのみであって実際には、エロ絵に頼ることのない作品も多いのかもしれません。ただ、上記リンクのイラストを掲載している作品は常識的にこちらの領域だよな。どう考えても。

 

f:id:arrow1953:20180913104046j:plain

 エロ絵に抱く性欲自体を否定したりしませんが、どこまでいってもそれらは一般的な常識とは交わることのないものだというのは自覚をしておけ。そして現代のオタクらがそんなエロ絵ばっかりに食いついている状況は長い目で見るとラノベや漫画の「物語る力」を削いでいくことになり、サブカルはその結果衰退をしていくぞ。という話だったんだけど僕のツイッターには「境界線上のホライゾン(上記画像の作品)を読んでいないくせに否定するな!」とか「表現の自由を奪うな!」みたいなコメントなども多くゲンナリさせられております。

 

 いっておきますけど表現の自由は公共の福祉に反さないかぎりという前提ありき。いくらエロ絵好きでも、それを不快に思うという人たちがいたら両者の権利の対立が発生する。そこで互いに妥協案を模索するっていうのが小・中学校で習うこの社会のルールという基本を理解できてない大人が多いことに、驚きでした。
  

公共の福祉とは「お互いの自由と人権の公平性を保つための原理」も含んでいます。 もしも、この公共の福祉が公益のみを意味するものだったらどうなるか。例えばあるコミュニティーで僕がヘビースモーカーだとします。20歳を超えた成人だったら僕にはタバコを吸う権利がありますが、その一方で僕の周辺には「タバコのにおいや煙がイヤなので、私の近くで吸わないでもらいたい」っていう人たちが大勢いて、僕みたいな喫煙派が少数だとする。公共の福祉が公益だったら僕のタバコを吸う権利が認められません。この場合、喫煙という行為は「大勢の利益に反するから」です。それとは逆に嫌煙家が少数派でヘビースモーカーが大勢な状況なら「タバコ吸われるのはイヤなのでやめてほしい」といえません。この場合「喫煙できる環境」こそ公益となるためです。 このように両者の(幸せを求める権利)が対立する場合には、お互いの持つ権利を最大限尊重して解決策を模索する。上記のケースならオフィスに「分煙室」をつくるという妥協案あたりが現実的な解決策になるでしょう。

自民の改憲漫画が、あまりにも酷い - サブカル 語る。

  結局のところ、現在のオタクっていうのは自分の好きな作品が他者に肯定されたか、否定されたかだけが大事でありその作品の背後にある「社会」っていうものをまったく見ていないということが今回の件でよく分かりました。だから前回の記事みたく自分の好きなものについて、否定的だと思えるような声などには自らの「楽しさ」を守るためだけに文脈を読まずやたら噛みついてくる。そういう意味でナイーブであるともいえるけど、そのメンタルの弱さを情けなくも思います。それは以下のブログ記事に多く寄せられたコメントを読んで思ったことでもあるけど。

 

arrow1953.hatenablog.com

 

 限られた人の「楽しさ」「不愉快さ」だけではなく、他者の「楽しさ」や不愉快さも 内包しているのが社会。オタクを自称している人にはどうかそのあたりについて考えていただきたい。

 

 


 

 

ツイッターでたまに見られる「オタク差別」という言説を克服するところからオタクも変わるべき。まずは社会の常識と交わりなさい。