サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

「私が愛したウルトラセブン」を思い出した沖縄旅行

こんにちは

 先日の沖縄旅行以来、生活リズムや僕の思考が休日のモードから戻らず、今週は仕事が大変。 それだけ沖縄が楽しかったってことなんですけどね。今回の旅行では首里城や海洋博公園などの定番スポットを回ったり遊びまくりました。そんでもって海洋博公園から見える海を眺め「そういや海洋博も金城さんの作品だったっけな」と、感慨に耽ったのです。

 

 

 

f:id:arrow1953:20151031012155j:plain

 

ウルトラマンやセブンの生みの親「金城哲夫 

 金城さん。本名は金城哲夫といって「ウルトラマン」「ウルトラセブン」でメインライターを務めた、まさにウルトラマンの生みの親といえる脚本家さんです。沖縄県出身の金城さんは上京後に知人の紹介で円谷プロ入社。以来、多くの特撮作品やドラマを手がけました。1969年に円谷プロ退社後は沖縄で舞台の脚本ほか地元ラジオ局のパーソナリティーを通じて地域密着の活動を展開。1975年にはその一環で沖縄海洋博覧会の演出・構成も務めまています。

 

 さて本題。この「金城哲夫」という名前から、多くのウルトラファンたちはウルトラマンウルトラセブンを連想すると思いますけど、僕はここで「私が愛したウルトラセブン」をクローズアップ。このドラマは同じくウルトラセブンで脚本を務めた市川森一さんの作品で1993年にNHKで放映されました。

 

「私が愛したウルトラセブン」とはどんなドラマ? 

 この物語の舞台は1960年代。ウルトラセブンの制作を通じて集まった俳優と脚本家、監督、その他スタッフや周囲の人たちの青春を描いた群像劇になっています。このドラマで金城哲夫を演じたのは佐野史郎さんでした。物語は実在の人物が出てくるフィクションであり、金城さんはセブンの物語を描きながら日本と土地なのにアメリカによって統治されている故郷、沖縄と自分のあり方などについての苦悩を手放せずにいる設定。飄々とした性格と口調でみんなから「金ちゃん」と慕われる好青年ながらも心の奥底では沖縄の未来を強く憂い、それを「ウルトラセブン」のストーリーに反映させる様子を演じる佐野史郎の演技は説得力があり、思わず引き込まれたのを今でも覚えています。

 

 けど、実際の金城さんはどうだったのか?円谷プロでその当時セブンを作っていた監督たちの話では「金城さんが沖縄や米軍などについて話した記憶が無い」ために物語のルーツを当時の沖縄県が抱えていた問題に求める事には否定的意見も少なくないということですが、本当にそうだったのか。別に、その監督の話を疑っているわけじゃないんですけど。

 

 この「私が愛したウルトラセブン」が放映された頃の僕は高校生。小さい頃からウルトラマンが大好きだったけど、あくまでもそれは人間社会を壊す怪獣をやっつける正義のヒーローに憧れる程度のレベルでした。ウルトラシリーズは放映当時の世相が色濃く反映されたストーリーになっている事を知ったのはこのドラマがきっかけです。ドラマは2週連続の2部構成で、第1部はウルトラセブンのメイキング。当時のセブンの撮影現場の悲喜こもごもなエピソードを参考に、ドラマ作りにのめりこむダンやアンヌ、大勢のスタッフたちの青春にスポットをあてるつくりになっています。

 

 単なるセブン制作の青春物語と思ったら大間違い。ドラマは2部で風雲急。思いがけないハードな展開になっていきます。セブンが好評のうちに放映される中、撮影の現場ではそろそろ最終回ロケが始まろうとする雰囲気になっていきます。ダンも、その他のウルトラ警備隊員も夢みたいな世界を卒業して別の作品に出演する俳優に戻っていく。その淋しさを感じていたアンヌはある日、人伝でベトナム戦争出兵を拒みアメリカから追われているという若い米国の兵士に出会います。兵士の話では脱走兵の逃走をサポートする組織が国内にあり、その脱走兵を海外に逃がす準備を進めている間だけ、兵士を匿ってもらえないか?とのこと。そんでもって、偶然にもその兵士を国外脱出させる場所は最終回ロケ現場近く。いきなり巻き込まれた思いがけない現実に困惑しながらアンヌとダンは戦争に加わるのがイヤで祖国に逆らい、徴兵を逃れようとする兵士の姿にウルトラセブンの世界を見ます。まるで彼は戦争がイヤで地球に逃げてきた宇宙人みたいだな、と。

 

 そして2人と番組のスタッフたちは現実でウルトラ警備隊やウルトラセブンの世界を演じてみせようとするように、その兵士を匿ってロケ現場に出発。ロケを直前に控え、東京に残る金城さんはとぼけた口調で「もしもセブンがベトナム戦争で闘ったらアメリカ側につくだろうなぁ。だってベトコンなんていかにも怪獣っぽい名前だもんなぁ」とおどけてみせたり、アンヌが兵士を匿ったことを知って「アメリカの怖さを全然分かっていない!」とかいいながらもそのアメリカに対して戦いを挑むアンヌたちを見て「まいっちゃったなぁ」と、嘲笑とも賞賛ともとれる曖昧な高笑い。そして、周りにはなにもいわず沖縄へ帰るのです。

 

ウルトラセブンと社会 

 もちろんドラマはまったくの創作だけど、大国間の軍拡競争や技術の力で闇雲な成長を目指す高度成長期への批判など、当時の社会問題を皮肉ったようなエピソードも多いウルトラセブンの世界がドラマの元になっているせいかやけに、話にリアリティがあったことを覚えています。

 

  たまに僕は沖縄のニュースを見て思います。もしも金城さんが生きていたらどんな物語を書いていただろう?と。当時と違い、日本に返還されながらもいまだに多くの問題を抱えている沖縄をどう捉えたのか。その頃のスタッフのいうとおり、ウルトラセブンには当時の「沖縄」を反映させていなかったかもしれない。だけど金城さんには現代社会への批判意識みたいなものが確実にあり、それを物語に反映させていたことは確かだったと僕は思う。

 

 人間は必ずしも善ではなく、時に愚かな道を選ぶ存在であることに苦悩しながら人間を守り続ける巨人を作った金城さん。現在の日本をどう考えるだろう?

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

私が愛したウルトラセブン DVD 全2枚
価格:6048円(税込、送料無料) (2019/2/23時点)

楽天で購入