サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

ブログのアクセス増やしたけりゃ、常に書けというのは本当だった

こんにちは。

 

f:id:arrow1953:20190929234910j:plain

 昨日の記事でも触れましたけれど、このブログを始めて今年で5年目。更新こそ少ないものの地味に長く続いております。ただ今年になってその更新量もめっきり減って、ブログのアクセス数もそれに比例するかのごとく減少。平均500~600、多くて1000~3000ほどあったアクセス数も平均300前後となっているのが現状です。

 

 そうはいったってしょうがないじゃんかよ。仕事大変なんだから!仕事だけじゃなく脚本だって書きたいんだから!とか言って物語の脚本を書いたりなども並行して行っているため本職のIT稼業のほかブログ、持ち込み用の脚本作成。そんでもってやるべきことタスクには育児、家事だってある(質と量について、及第点とは言い難い)。お前の本当になりたいものって何だ?凄腕のITエンジニアか?それとも人気ブロガー?遅咲き脚本家?そんなふうに自ら問いかけては迷い続けております。ただ迷いながらも時間はもったいないので全部のジャンルに大小の差はあれど手だけは伸ばしている日々というのはお金のムダ遣いが発生しないという点において有益といっていいかもしれません。

 

arrow1953.hatenablog.com

 

 さて本題。昨日、一昨日と思うところあってブログを連続で更新いたしました。別にブクマも多くついてないので書いたところであまり読まれないだろうと思っていたら、
アクセス数増えた。平均300のアクセス数がいきなりの500越え。それも昨日、一昨日の記事が読まれているというものではなく、googleアナリティクスを調べたらこのブログの全体でアクセスがだいたい10%ほど底上げされているっぽいのです。

 この辺について機会があったら検証してみたく思いますが、やっぱり手付かずで埃をかぶったブログよりも、何らかの形でブログ更新や記事のメンテを続けているブログをgoogleも評価するってことなのかな。

 

 手入れを続けていればブログはまた読まれる。だったら他の作業のプライオリティを下げてブログの比重を少し上げるか?と考えているブレまくりな僕でしたとさ。

 

 っていうことで、このブログをやめることなく長く続けていこうという想いが固まったので今後ともどうぞ御贔屓に。

 

 


 

 

 いつまでたっても人気ブログに進級できないから勉強でもしてみるかな。