サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

ラブライブは結局、キモオタのためのアニメと思われても仕方ない

こんにちは。

 本日のブログのテーマは生徒減によって廃校の危機に陥った学園を救うため、学生が独自に結成したスクールアイドルグループを主人公にした作品「ラブライブ」。

 正直言って僕自身、この作品にハマったというもんでもなく、何話かをかいつまんで見て作中のスクールアイドルグループ「μ's(ミューズ)」のメンバーを一般常識として覚えた程度の知識しか持っておりません。そういえば最近続編の「ラブライブサンシャイン」の主人公(でいいのか?)「高海千歌(たかみちか)」という娘っ子のボディラインを強調したイラストを使った地域振興の広告が物議を醸しているのを見ていますけど、今回は別の話題。

 

www.lovelive-anime.jp

 

 物語の舞台を新たに新シリーズのプロジェクト起動!ということで、一般から声優を公募オーディションで選ぶという企画みたいですが、その募集要項はこんな具合。

 

エントリー資格
日本国内在住の15歳〜22歳の女性(2020年4月1日時点の満年齢)
※中学生以下は不可。
※特定のレコード会社や芸能事務所等と所属契約していない方。
※遠方にお住まいの場合、合格された際に上京・在住が可能な方。
※審査過程での映像等の収録にご協力いただける方。
※未成年の方は保護者の同意が必要です。
※未婚の女性に限ります。

 そりゃ一般公募なので芸能関連の事務所所属者や中学生はダメ!っていうのはわかるけど「未婚の女性でなきゃどうしてダメなの?」という声も多いそうな。

 

news.livedoor.com

 

 この作品自体、メンバーの声優さんが物語と同名のグループを結成してライブなどを行ったりしているそうだけど、こういう企画ってオタクの現実とフィクションの認知を歪める一端になっているんじゃないのだろうかっていう感じがしなくもありません。

 

 ちなみに僕が中学生の頃も、人気声優による音楽ユニットグループはありました。この「ラブライブ」と同じくサンライズの作品「鎧伝サムライトルーパー」でメインキャストを担当した5人の男性声優による「N.G.FIVE(エヌジーファイブ)」というグループです。

 

鎧伝サムライトルーパー - Wikipedia

NG5 - Wikipedia

 

 最近は二次元エロに飼いならされて金を搾取されていることにも気づかず「俺たちが日本の経済を回している!!」とかいう勘違いも甚だしい自称オタクたちから文句つけられたりもすることの多いこのブログ。今回もこういうこと書くと「お前の頃にも声優の音楽ユニットはあったんだろ?だったら批判するな!」とか「ラブライブの声優グループとこの「N.G.FIVE(エヌジーファイブ)」との違いはなんだ?言ってみろ!」とか言われたらとりあえず、こう答えておきましょうか。

N.G.FIVEは作品の人気の副次的なものであり、グループもそのファンも物語とはきっちり線を引いていたと思うよ」と。

 

    つまりトルーパーファンが嵩じて声優、グループのファンにはなったりするけれど、キャラと声優を同一視していなかった。そこは線を引くことで現実とフィクションのボーダーラインを保っていた印象があるのです。

 

 先ほどのリンク先の記事では、この問題についてこのように述べていました。

「『ラブライブ!』と言えば、“スクールアイドル”を謳っているため、必然的に声優もアイドル売りに。そのため、男性ファンは特に違和感を抱かなかったようですが、女性ファンからは不信感を買ってしまったようです。アニメ作品と言えば、以前、『けものフレンズ2』の新ユニットオーディションの募集要項でスリーサイズを求められたこともあり、物議を醸しましたが、どうやらアニメ作品ではそのようなケースが横行しているとのこと。これについてもアニメファンの間で議論されています」

 

 僕はやや異なる見解です。これは声優のアイドル売りではなくて、フィクションのキャラと実在する人間の同一化による「物語とのセット売り」である。といったほうがおそらく適切だろうと思います。だからこそ作品の声優は「高校生の物語」に沿って「未婚」でなきゃいけない。フィクションと現実の世界観を曖昧にして、日本経済を回してくださっているオタク共から少しでも金を搾取するために。

 

 誤解してほしくないんですけど、全然いいんですよ。物語とのセット売り。フィクションと現実をごっちゃにして考える二次元家畜どもから金を搾り取るには何より有効な手法でありマーケティング的にも正しい。

 

    ただ先述したラブライブのキャラのボディーラインを強調したポスターに異議を唱える人達に「そもそもラブライブは町おこしがテーマで老若男女問わず楽しめる作品なのでお前らの批判は当たらない。なんでもエロと結びつけるお前たちのほうが狂っている」とかいう意見を述べているオタクが散見されました。

 

 だけど今回の募集の募集をみる限り、どう考えても未婚女性対象って大きなお友達ターゲット企画だよね。本当に老若男女楽しめるアニメなら、声優に求められるのはキャラにあった声や演技の質のみだもんね。つまりラブライブってお前らみたいな「オタク」をターゲットにした作品なんだよね。って周囲に思われても仕方ないぞ。

 

 さぁ、オタクはどう反論するだろう。どうせろくに反論もせず、怒鳴り散らすだけだろうな。