サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

就職活動の面接で「社畜になりたい」といったらこうなった

こんにちは。
本日のブログの話題は「就活塾」っていう塾について。

 

toyokeizai.net

世間にはお金を払って模擬面接や就活のノウハウを教える「就活塾」というものがあるそうな。雑誌記事によると、その塾と受講生の家庭でトラブルが増えているとのこと。塾でノウハウを学び、就職活動に備える筈がいつのまにかそこで行う模擬面接などで高評価を得る事のほうが目的になっていき、留年の憂き目にあった学生さんの親御さんの証言や勧誘の時にお金がないと断ったら塾に通う為のアルバイト先を紹介するとまでしつこく誘われ困ったといった話も書いてあり、なんだかなぁと思います。

この記事と前後して最近、大川総裁の就職活動論を読みました。

www.asahi.com

僕も大川総裁の考えに賛成で、会社面接も突き詰めていくと人と人の相性でありそこで気に入られたいからっていってマニュアルに頼ったところではたしてうまくいくか。もっと自分が何をしたいのか、自分の価値観をいい形で貢献できるところはどこか。会社に自分を選んでもらうというよりもいい意味での自分本位で会社を選べばいいのにとも思うけど、現実にはなかなかそういうわけにいかないのでしょう。

僕はやっていたけどね。

そのおかげで20~30前半までは苦労しまくりました。

この辺の話についてはいずれ語らせてもらうとしてさて本題。

現在、僕は会社員になり企業LANの設定やトラブル対応などを請け負っているネットワーク屋さんとして首都圏を回って勤務しています。前にブログでも書いたけど、大学で映像製作や脚本の執筆を専攻していたため学生の頃は就職先を映像制作会社に絞っていて、他の職業を考えてもいませんでした。実写映像の制作会社を受けて内定を貰えなかった僕は秋から始まるアニメ制作会社にターゲットを絞り準備。(大手だとだいたい秋が多かった)夏休みとかは面接に備えてさほど興味のない会社を受けまくっていました。いってみりゃ模擬面接です。

いくつか面接を受けた中で覚えているのがあるメーカー企業。募集時には明るくて雰囲気いい写真でめいっぱいPRしていましたがいざ、エントリーシート通過後に面接で訪れてみたところ、その社内や社員の漂う空気ボロボロなビルの概観が労働基準法違反」を具現化した会社である事を雄弁に僕らに語っていました。会社に集まった学生らがお互いに見せあった複雑な表情を、僕は今も忘れません。

やべぇなと感じながらも面接はスタート。当時は就職氷河期で、多くの学生たちはどんな企業でもいいので内定が欲しいという思いで、企業の面接を受けていました。その中で僕だけは「ぜったいにこの会社には入りたくない」との思いで面接に挑んでいたため、さぞや、周囲との温度差があったことでしょう。ともかくひどい回答で、落とされることだけをその時考えていました。

でもって面接の順番が回ってきて、面接官に「面接が通って入社となったら、この会社で、あなたはナニを目指しますか」と質問された僕は「どこに出ても恥ずかしくない社畜です」と回答。面接官の顔が曇ったのを見て安堵した数日後、社長直々のラブコールが電話に。 これはマジでびびりました。本来、あと2、3度面接があるという話だったんだけど、その社長に「ぜひAMさんには当社に来ていただきたい!」とアツい誘いをいただいたのです。僕は丁寧にお断りさせていただき、その会社の電話番号を着信拒否。ただ、これはひょっとしたら社長が回答を個性と捉えて直々に誘ってきたもので、僕を社畜にしようと思っていたんじゃなかったのかも知れない。ブラック企業というのは思い込みで実は社員のユニークさを尊重するいい会社だったんじゃないのかとその選択を後悔したこともありましたけど20年後にインターネットで会社を検索してもでてこないところを見るとやはりブラック企業だったのかな。現在はいい会社にめぐり会いチームの人間関係も好きなのでたのしく社会人やってますけどね。学生の頃のしょうもない思い出でした。

 

shachiku-festival.com

社畜って言えばさいきんこんなブログを作ったヒトデさん。いやいや、社畜道って、甘くないぜ!!

 

※ブログに書いたようなおふざけはモラトリアムの学生の間だけと決めていたので、現在はマジメな会社員をやっています。いやほんとに