サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

どうして自衛隊は隊員募集にキモい「萌えイラスト」を使うか分かった!

こんにちは。

 昨日に続いて今回のブログのテーマは何度も述べてきた「エロ絵と社会のあり方」。そこで、呟きのように書き続けてきた「物語の敗北」というフレーズを改めて考えているうちにこれって実はサブカルだけでなく、まさに今のこの国の国防が抱えている問題そのものを表した言葉でもあるんじゃないだろうか?という想いが湧きました。

 

 

そういやアニメ制作だった時代に監督から「AMは現在のアニメのエロ表現をどう思う?」と質問されたこともあり、そういう表現に頼らなきゃ作品が売れないんだとしたらはっきりいって表現の敗北と答えたこともありました。その時に監督は怒らずただ「そのお前の言い方にはムカつくけど、これ程適切な分析もない」と、ため息をついたのを、僕は今でも覚えています。

キモいオタクどもが表現の自由を「エロ」の言い訳に使う醜さ - サブカル 語る。

 

 

国防のリアリティ欠如を補う「萌え」

 以前、僕は自衛隊萌え要素のある女の子のイラストをポスターに使って自衛官募集をかけている現状について批判したことがあります。

f:id:arrow1953:20180920004606j:plain

f:id:arrow1953:20180920004612j:plain

 

 

現在のアニメ表現はポルノではないけれどポルノ的要素を含む表現であることは否定できないというのが僕の考えです。それを「個人の趣味」レベルで消費することは批判されるのに行政みたいな「パブリック」が市民権を得るため広報で利用されているっていうことについてオタクはもう少し真面目に考えるべきです。 僕自身のいいたいことは「女の子のセミヌード表現や、萌え要素の強いキャラクターが全盛となっている現在のアニメ環境を『セクハラ』と思う人はいるだろうね。ただ、そのアニメ表現を犯罪の温床みたいに扱いながら町おこしや自衛隊の勧誘に使っているこの国の空気って何?」ということです。町おこしや自衛隊員勧誘に「萌え」を利用している一方で行政が「非実在青少年」表現を巡って条例を改正しようとしたりするこの二枚舌な現状について、アニメファンは本来「お前らどっちなんだ!」と怒るべきなのです。

自衛隊の募集も地域振興もキモいオタクの萌えに頼るな! - サブカル 語る。

  

 以下のニュースを読むと日本は少子化やその他の理由で自衛隊が人材不足に陥っており、おそらくその打開策で萌えイラストをポスターに使って若い世代からの支持を集めたいという思惑があるのでしょう。

 

jp.reuters.com

 

「国の勇ましさ、誇り」という物語の賞味期限

 従来とは異なり、街中でよく目につくようになった萌えイラストに高感度アップを頼っているという有様も非常に情けないとは思いますけれども、これは「国防」というもののオプションだった「カッコよさ」「勇ましさ」などの物語が効力を失っている。ということの現れだろうと僕は思っています。90年代後半に出版された小林よしのりの「戦争論」という漫画によってこの国ではかつての戦争を肯定するだけではなく、周辺国の危機をやたら煽って日本の勇ましさをどうにか取り戻したい。堂々と軍隊を持って国の誇りと自信を手にしたいという人たちの声が大きくなってきていました。そこから卒業できない人たちがいわゆるネトウヨというやつです。周辺国が日本を狙っている。だからこそ軍備増強を!憲法改正を!っていう物語の構造は単純化されていて実に分かりやすい。

 

 ただそれは多くの人にとって(ネトウヨ含め)はどこまでいっても単なる「物語」でしかなかった。要するに「国」をめぐる勇ましさの物語はバブル以降の低迷で自信を失った日本人にとって小腹を満たせる程度のものであり、殆どの人たちはそれを「リアリズム」としては受け取っていなかった。さらにその物語はすでに消費期限も切れており、それを貪っているのもネトウヨだけというだけのことです。だからこそ誰も自衛官募集に応じない。国の防衛についてうるさいネトウヨこそ真っ先に手をあげそうなものなのに、そんな自称保守な奴らさえ集まらない。奴らにとっても周辺国の危機なんて所詮、絵空事なんでしょう。

 

 こんな風に消費され尽くした「国防」と「国の誇り」「周辺国の危機に抗う勇ましさ」という物語は、どれだけ策を労してもリアリズムとして国民に伝わらなかった。つまり、敗北しています。その敗北を補うためにみっともなく足掻き続け、ポピュリズムを求めて萌えイラストにすがりつく様のなんと惨めなことか。

 

 

lite-ra.com

 

  憲法の改正は安倍総理のなんとしても達成したい願いとのこと。そんな賞味期限切れで敗北している物語は安倍とその周囲のネトウヨだけで食っていて貰えないかね?国民も、そろそろ愛想尽きるぞ。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナショナリズム入門 (講談社現代新書) [ 植村和秀 ]
価格:907円(税込、送料無料) (2018/9/20時点)


 

キモいオタクどもが表現の自由を「エロ」の言い訳に使う醜さ

こんにちは。

 本日のテーマはアニメやライトノベルラノベ)におけるエロ表現について。以前、書いた記事の補強版!っていうかリライトになります。このテーマの記事を書こうと思ったきっかけになったのはツイッターでふと目にしたこのつぶやきでした。

 

 

萌えなんて、物語の販促品 

 ツイッター主の娘さんが女性の胸やお尻などの、性的シンボリックな部位を強調した表紙をつけた大量の本を並べている書店の光景を見て不快感を示したそうな。僕自身も娘を持つ未熟な父親ですが、この記事では「父親」という立場でなく、アニメ作りに携わっていた「元制作進行」の立場から語らせてもらうとコレははっきりいってもう「物語の敗北」といっていい現象です。本の表紙というのはいうまでもなくユーザーに購入を促すための「訴求」という要素を担っています。つまりユーザーに表紙で買わせるためこういった表紙を使っているということは身も蓋もない言い方をさせてもらうと出版社が「本の物語が面白いと自信を持てないので、エロ絵に群がるオタクどもを相手にアコギな商売をやっています」といっているようなものだと思います。

 

f:id:arrow1953:20180913100613j:plain

 この20年でアニメ、マンガ、ラノベなどのサブカルにおけるエロのモラルというか、基準がえらく下がっているな。というのは僕があるアニメ制作会社で制作をやっていた頃から感じており、同時に憂いてもいた事象でした。

 

80年代でもテレビアニメのエロ表現はありました。だけどそれらはあくまで作品のファンに対するちょっとしたサービスカット程度のものであって、エロ表現を全面的に出していたのはフェアリーダストの作る「くりぃむレモン」等の18禁アニメビデオというきっちりした区分みたいなものがあったのです。現在は、女の子のセミヌードなど婉曲的なエロ表現がオープニング映像や本編に多用される作品が増え、それらの直接的に近い間接的なエロ表現がDVDの売り上げや視聴率などにも関わっているという現状。僕が制作に携わった作品もDVDを売るために女の子の裸のシルエットに街のネオンを当て、身体のラインを曖昧にし、かつ肌色ではない色に変更して規制はセーフ!みたいな表現を多用したりしていました。そんなことをやるんだったら、最初からデスラー総統でも脱がせりゃいいのに。とかたまに思う。

泣きゲーなんて所詮、エロゲーを買えなかった奴のいいわけ - サブカル 語る。

 

  ちなみに下の写真はツイート主が「自分の子どもの頃のラノベ表紙はこんなもんだった」という20~30年ほど前のラノベの表紙と、同時期に大学で「漫画におけるエロ描写の表現と世相」についての研究のため、司書房などのアダルトコミック雑誌をある時期毎月買っていたころの表紙。

 

f:id:arrow1953:20180913101443j:plain

20年ほど前のラノベの表紙

 

f:id:arrow1953:20180913102243j:plain

20年ほど前のアダルトコミック雑誌の表紙

 

 当時はこういうのに興味をもってなかった。というのは大ウソで研究のためとはいえ興味アリアリだったけど、コレを本屋さんのカウンターに持っていくのが本当にイヤでイヤで当時は本屋の中を右往左往する挙動不審なお客になっていました。この20数年前の写真と比べると、一般的なエロの基準がひどく下がっているというのが一目瞭然。お姉さんの半裸アニメ絵の本を買うのが「恥」だった頃のアダルトコミックの表紙と同様のクオリティー、いやモノによってはそれより過激な表紙のラノベを皆さんホイホイと買っているんですよ。これを時代の変化とも呼べるけども、この現状は表現の進歩なのか退化なのかは、皆さんもどうかよく考えてみてもらいたい。というところです。

 

エロは社会のつまはじき者

 僕もこういうエロな絵に性的な興奮を抱くこともあるので、こういったエロな表現を全部否定するつもりはありません。それらを異常な趣味とも思わない。ただやっぱり、エロ表現というのはどんなに理屈をつけても「日陰者」であり、市民権を得ているものじゃないんだということは認識しておくべきなんだろうとは思う。女性の半裸を表紙に描いたラノベや漫画が世に出回り、売れたっていい。だけど、そういう表現はこちら。

 

f:id:arrow1953:20180913104046j:plain

 

 街角にひっそり置いてあるエロ本の自動販売機で周囲をキョロキョロ見回しながら手の震えをこらえて小銭を入れて本を選び、下の取り出し口からいそいそ本を取った後脱兎のごとく撤退。その時間は数秒にも満たない。そのエロな本を抱えながら「俺はエロいアニメ絵を心底愛している日陰者だ!だがこの日陰な趣味に人から文句を言われる筋合いなどどこにもない!」といって90年代のとんねるずの名曲「情けねぇ!」の歌詞のように芝居じみた正義の拳を振り上げる。っていうのが昔のオタクの美学でもあり、作法でした。

 

 その頃を思いながらただ「昭和と平成は遠くになりけり」と僕は今日も呟いてブログで愚痴るのみ。エロイラストのラノベも漫画も大いに結構。だけど、そういうのは本屋の角でひっそり売ってろ。それらが人気を博してアニメ化!いいね!!だけどそういうのは有料エロ専門チャンネルで金を払って観ろ。エロ表現の基準低下でそれらを簡単に享受できる世間に甘え、昔みたいな精神的、経済的なコストを払って手にするエロがどれだけ極上かを知らない人たちを気の毒だなと、僕は心から思っています。

 

 そういやアニメ制作だった時代に監督から「AMは現在のアニメのエロ表現をどう思う?」と質問されたこともあり、そういう表現に頼らなきゃ作品が売れないんだとしたらはっきりいって表現の敗北と答えたこともありました。その時に監督は怒らずただ「そのお前の言い方にはムカつくけど、これ程適切な分析もない」と、ため息をついたのを、僕は今でも覚えています。

 

エロに頼らなきゃ売れない物語 

 ラノベの表紙にエロ絵を使うことの是非やら、表現の自由やら、性的要素を含むことを考慮してゾーニング(子どもたちの目が届かない所で売る)やら、多くのファクターが絡み合ってややこしい話になっている印象ですが、僕のいいたいことをまとめると、「小説や漫画の表紙にエロ絵を使う必然性は何?」っていうだけです。物語というコンテンツだけで売れないからエロ絵でオタクを引き付けて売る。というアコギな商売は結局のところ物語に魅力が足りないと販売元が公言しているも同じで、僕はそれを「物語の敗北」と呼んでいるっていう話であり、そんな商売を続けていたら結果的に小説も漫画も「物語る力」を衰退させていくだけなんじゃないか?という元アニメの制作進行だった男からの問題提起でしかありません。だけど、同時にこういうエロ絵の独特なエロチシズムについて理解もしています。

 

f:id:arrow1953:20180913102243j:plain

 

表現の自由」はエロを認めたくないオタク共の言い訳 

 上記イラストは大学のゼミ研究(だったんだが興味なかったとはいわない)で買った90年代のエロ漫画の表紙ですが、この男性の性欲を満たす目的で出版されたエロ漫画の表紙と上記ラノベ表紙を比べたらドン引きする人はいるでしょう。

f:id:arrow1953:20180913101430j:plain

 記事にこのラノベは特別な作品で、他のラノベはそんな過激じゃない!とかいう人もいたので調べてみたところ。

 

togetter.com

 

 ブログの質を落としたくないのでリンク先の画像は引用しません。まぁこれも一部のラノベのみであって実際には、エロ絵に頼ることのない作品も多いのかもしれません。ただ、上記リンクのイラストを掲載している作品は常識的にこちらの領域だよな。どう考えても。

 

f:id:arrow1953:20180913104046j:plain

 

 エロ絵に抱く性欲自体を否定したりしませんが、どこまでいってもそれらは一般的な常識とは交わることのないものだというのは自覚をしておけ。そして現代のオタクらがそんなエロ絵ばっかりに食いついている状況は長い目で見るとラノベや漫画の「物語る力」を削いでいくことになり、サブカルはその結果衰退をしていくぞ。という話なんだけど僕のツイッターには「境界線上のホライゾン(上記画像の作品)を読んでいないくせに否定するな!」とか「表現の自由を奪うな!」みたいなコメントなども多く、ゲンナリさせられております。いっておきますけど表現の自由は公共の福祉に反さないかぎりという前提ありき。いくらエロ絵好きでも、それを不快に思うという人たちがいたら両者の権利の対立が発生する。そこで互いに妥協案を模索するっていうのが小・中学校で習うこの社会のルールという基本を理解できてない大人たちが多いことに、驚きでした。
  

公共の福祉とは「お互いの自由と人権の公平性を保つための原理」も含んでいます。 もしも、この公共の福祉が公益のみを意味するものだったらどうなるか。例えばあるコミュニティーで僕がヘビースモーカーだとします。20歳を超えた成人だったら僕にはタバコを吸う権利がありますが、その一方で僕の周辺には「タバコのにおいや煙がイヤなので、私の近くで吸わないでもらいたい」っていう人たちが大勢いて、僕みたいな喫煙派が少数だとする。公共の福祉が公益だったら僕のタバコを吸う権利が認められません。この場合、喫煙という行為は「大勢の利益に反するから」です。それとは逆に嫌煙家が少数派でヘビースモーカーが大勢な状況なら「タバコ吸われるのはイヤなのでやめてほしい」といえません。この場合「喫煙できる環境」こそ公益となるためです。 このように両者の(幸せを求める権利)が対立する場合には、お互いの持つ権利を最大限尊重して解決策を模索する。上記のケースならオフィスに「分煙室」をつくるという妥協案あたりが現実的な解決策になるでしょう。

自民の改憲漫画が、あまりにも酷い - サブカル 語る。

 確かに何をもって「エロ表現」っていうのかは異なります。なので、そういう人たちは多分何の負い目もないでしょうから堂々と職場でこの抱き枕のイラストを同僚たちに見せてみたらどうでしょう。自分の判断基準だけに頼らず、第三者の客観的な判断を加味して物事の是非を吟味する。コレ、社会人の常識なので。

 

 ちなみに社会はこういった抱き枕みたいな萌え系のエロイラストをどう認識するのでしょうか?そのヒントは以下PDFにあります。

 

https://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/siryo/24koyoubyodoGB_01.pdf

 

行政の定義からエロ絵の「表現の自由」を考える

 リンク先のPDFによると東京労働局が平成23年度の男女雇用機会均等法に関する相談を受けた3450件のうちセクシャルハラスメント(セクハラ)に関わるものがおよそ1900件。その結果を受け、同局はセクハラを「相手方の意に反する性的な言動」と定義して、それを幾つかのパターンに分類しています。萌え系のエロイラストは下記の「環境型」に該当する可能性があります。

 

⑵ 環境型
 職場において行われる労働者の意に反する性的な言動により、就業環境が不快なものとなったため、能力の発揮に重大な悪影響が生じるなど、その労働者が就業する上で看過できない程度の支障が生じるものが「環境型」です。

<ex>
・事務所内で事業主が従業員の肩・腰などにたびたび触ったため、その従業員が苦痛に感じる「身体接触型」
・同僚が取引先に「性的にふしだらである」などの噂を流したため、従業員が苦痛に感じる「発言型」
・事務所内にヌードポスターを掲示しているため、従業員が苦痛に感じる「視覚型」

 

 国家公務員に基づき設立された人事院の「人事院規則10-10」で定める指針では、セクハラになりうる言動についてこのように述べています。以下引用。

⑵ 性的な行動関係
ア 性的な関心、欲求に基づくもの
①ヌードポスター等を職場に貼ること。
②雑誌等の卑猥な写真・記事等をわざと見せたり、読んだりすること。
③身体を執拗に眺め回すこと。
④食事やデートにしつこく誘うこと。
⑤性的な内容の電話をかけたり性的な内容の手紙・Eメールを送ること。
⑥身体に不必要に接触すること。
⑦浴室や更衣室等をのぞき見すること。

出典:職場におけるセクシャルハラスメント ー東京都ー

 

 僕の会社でもこのようなガイドラインに基づいて、人権啓発の一環でセクハラ対策に取り組んでいます。いうまでもなく「企業」「職場」というのは大勢の人が集う公的な空間。このため僕が職場にアニメの女性キャラクターがセミヌードとなっているグッズを持ち込んだらセクハラ認定により一発懲戒モンです。アニメだろうが実写だろうが内面の自由を語ろうが、他者を不快にさせる行為を企業は許さない。

 

 さて。ここからはそのパブリックスペースにおいて行政がこういった見解を示していることをどう捉えるべきなのかを考えてみましょう。おそらく職場にエロ系のイラストを持ち込むのと、店舗でエロ絵グッズを売るのは異なる話だ。それは議論のすり替えだ!という人たちもいるかも知れません。

 

 確かに職場におけるセクハラガイドラインとエロ絵の是非には直接的な関係は薄いでしょう。だけどこの両者は「公的空間」であることに変わりはありません。店に来るのはエロ絵大好きなオタクだけでなく、それらを嫌う女性や子どももいます。そのエロ絵を嫌う人たちに卑猥なイラストを見せるような環境は果たしてどうなのか?誰でも閲覧できるインターネットという公的空間で番組の公式サイトが萌え系エログッズをプロモーションするのはどうなのか?という想像力をエロ絵大好きオタクが持てるかどうかが重要なんだけど「表現の自由」を声高に叫ぶ人にはそれが欠けています。

 

 今の話を分かりやすく例えると、職場の中で大声を発してワーワー騒いでいる人がいたとします。当然、周囲はその人をうるさくて迷惑だと思うでしょう。それは職場だけではなくて電車でも同じ。車内でもしもワーワー大声で騒ぐ人がいたら周囲もまた同じように迷惑であると捉える。それはどちらも自分と他人が同じ時間を過ごす「公的空間」だからであり、そこでは他人に対して迷惑をかける言動や振る舞いを行わないとの「常識」があるためです。従って、職場でエログラビアに嫌悪の感情を抱く人たちがお店でエロ系萌えグッズなどを扱っているのを見た時、行政の示したセクハラの定義にある行為とみなすのもおおいにありうることであり、それは軽んじられるものでもありません。

 

日本国憲法を通じてエロ絵を考える

 日本国憲法第3章には「国民の権利及び義務」についてこう書かれています。

 

第11条
国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

第12条
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

第13条
すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

手前味噌ではありますが、これらを僕なりに翻訳します。

 

皆さんは独立した思想や考えを持っている『個人』であり、公共の福祉に反しない限りその個性は最大限尊重されるべきです。

※他の個性の考えている『幸せ』と衝突した時には議論によって、両者の落としどころを探しましょう。その個性を暴力や権力などで捻じ曲げるようなことがあってはいけません。

自民の改憲漫画が、あまりにも酷い - サブカル 語る。

  

 簡単に「表現の自由」を語ってエロ絵を正当化したがっている人も多いけども、それを見たくないという人の「人権」を考えると、そんな簡単なものじゃありません。もちろん萌え系エロが好きで欲する人たちの人権もあり、それについても尊重されるべき。そのためにもう一度オタクや業界はサブカルにおけるエロ表現について考えろと僕はいっているのです。

 

 表現の自由なんていう言葉で言い訳をせず、それを欲する自分とそれらを嫌う他者について考えろ。そのうえでエロの基準やその商品流通の在り方(それこそグリッドマン抱き枕から、キズナアイなどを含め全般の)ゾーニングやプライベート空間のみの所有など社会と折り合いをつけながらお互いの納得できる妥協点を探すべきだと、何度も訴えているのです。分からない奴らが多くて、イヤになるけど。

 

また、それは逆に言うと

「公共の福祉の考えに基づき、萌え系エロを女性の性的消費であると捉えて嫌がる人に配慮できないような奴に『表現の自由』なんてあると思うな!」ということでもあるとこの場ではっきりいわせてもらいます。

 

オタクたちのひどい被害者意識

 メディアなどで「オタク文化」が取り上げられる機会が90年代以降に増えたためかカン違いしている人を最近、多く見るけど僕にいわせりゃオタクなんて社会から嫌われてナンボ。最初にオタクなるものが認識された70年代~90年代の前半にかけてアニメやマンガ、TVゲームなどのサブカル表現は子どものモノであるというのが一般的認識でありその認識とかけ離れた僕たちオタクという存在は世間から見たら嘲笑の対象でした。

 

 それでもそれらを手放せない大人たちはプライベートな領域の「個」の空間と社会的領域の「公」の空間を使い分け、その趣味を「個」の空間だけで楽しむことで世間との折り合いをつけていた。それは僕らオタクたちの処世術であり、作法ともいえるものでした。

 

 それを考える時にいつも思い出すのが、高校時代のある同級生です。その娘もご多分に漏れず子どもの頃からアニメやゲームが大好きで、その趣味が高じてコスプレに興じるようになっていました。その娘とは隣の席だったのお互いにとりとめのない話を交わす程度の仲になっていました。

 

 そんなある日。彼女は「AMはこういうのどう思う?」といいながら一枚の写真を見せました。そこには彼女がドラクエⅣのアリーナになりきっている姿が写っていました。どう思うも何もその頃にアニメージュアニメディアニュータイプなどを購読していたのでコスプレについてはある程度知識もあった僕は(当時はクラス40人として「コスプレ」っていう単語が分かるのはせいぜい一人か二人。そんな時代だったんだよね)「コスプレか。僕はやらんけどおもしろそうだな」と、率直な感想をいいました。彼女はそれを聞いて「AMだったらたぶんそういってくれると思った」と安堵の息を漏らして嬉しそうに笑いました。学校で自分の趣味やすきなことの話を周りにしてみたい。だけどもコスプレなんて周りも知らないし、教えてもクラスメートにバカにされるかも。という葛藤を抱えていた彼女はその頃からアニメや特撮の雑談を周囲と楽しんでいた僕に目をつけ「AMだったらたぶん私の趣味を分かってくれるかも!」という想いを抱いて、周囲に言えなかったコスプレ趣味を教えたくなったそうです。

 

 コスプレは今でこそ多くの人に認知される趣味となってきていますが、30年前は人から理解されるどころか嘲笑されてあたりまえのものでした。ツイッターやインスタグラムで誰かがアップするコスプレ写真を見る度に、僕はあの娘が見せた安堵と喜び混じりな笑顔を思い出します。

 

 先述したとおり、そんなアニメやオタク文化も90年代の後半になって、攻殻機動隊の海外ヒットやエヴァンゲリオンのブームをきっかけにそれらは「ジャパニメーション」という括りで呼ばれるようになり、アニメやマンガ、ゲームは日本の誇るべき文化とかいう論調が多くなっていきました。その結果「オタク文化」といわれているものがある程度市民権を得たというのは、僕を含めオタクたちにとっては今までの息苦しさを解消させる可能性のある喜ばしいものだったことは皆さんも想像つくでしょう。

 

 だけど。多くの人に認知される。市民権を得るっていうことは同時に社会へのコミット能力や異文化としてのオタクの在り方を伝えるためのコミュニケーション力も求められていた。それをオタクは理解できていなかったのです。いってみれば社会はオタク文化の側面を認識しただけであり、それをオタクは「自分たちの趣味は社会に認められた」と勘違いした。そこからオタクは自分たちの趣味や振る舞いなど公私を区別せずに垂れ流したため、オタク文化の負の側面に対しての批判も集まるようになってきた。その批判がなぜ寄せられているかを理解できず狼狽したり、社会的なコンセンサスと照らし合わせて異議を唱える人たちに怯えて噛みついているのが現在のオタクの実情なのだろうと僕は思います。所詮オタクなんて社会から嫌われて、疎まれてナンボ。それを、「自分たちは社会から迫害されている」なんて被害者意識をみっともなく振り回すな。っていうだけのこと。

 

 結局のところ、現在のオタクっていうのは自分の好きな作品が他者に肯定されたか、否定されたかだけが大事でありその作品の背後にある「社会」っていうものをまったく見ていないということが今回の件でよく分かりました。だから前回の記事みたく自分の好きなものについて、否定的だと思えるような声などには自らの「楽しさ」を守るためだけに文脈を読まずやたら噛みついてくる。そういう意味でナイーブであるともいえるけど、そのメンタルの弱さを情けなくも思います。それは以下のブログ記事に多く寄せられたコメントを読んで思ったことでもあるけど。

 

arrow1953.hatenablog.com

 

 今回についていえばアニメ業界やオタクたちが「抱き枕カバーやラノベのエロ絵は、表現の自由」といくら訴えても、もしも社会が「エロ認定」したらそれは「エロ」です。それをエロじゃないと社会に認めさせたいなら苦言に背を向けたり牙をむいたりせずに対峙して積極的にコミットする中で双方納得できる「エロ」基準やそれを楽しむルールなどを構築する以外ありません。

 

 フェミニズムが性的な搾取の辛さを訴えるならオタクも「迷惑かけない範囲でキャラのエロを楽しむ」権利を主張する。そのうえで両者の納得できる妥協点はないか模索する。その折り合いは簡単ではないけど、少なくとも現在の異議についてなんでもかんでも敵意をむき出しにして言葉の暴力で殴ったり噛みついたりする態度よりも誠実ではあります。フェミニズムの人もそこを言っているのです。「私たちの辛さを訴える声を聴いて!表現の自由という言葉で耳をふさがないでよ!」と。

 

 また、フェミニズム云々とは別の観点から僕は注意を促してもいます。財務大臣の麻生や自治体、自衛隊などがポピュリズムを得るためオタク文化にすり寄っている現状がありオタクたちも調子に乗っていますが「オタク文化の奴らは誰とも対話できない」とのことになり、人々も飽きてその発信力も賞味期限切れともなれば「利用価値なし!」として社会はオタク文化を躊躇わず切り捨てる。確実に。話の通じない奴はどの集団にいたって邪魔でしょ?だからこそ僕はこのブログで「表現の自由という単語に甘えて閉じこもらず社会と対話しろ!それこそオタク文化を守るために重要なことなんだぞ!お前らいい加減に理解しろ!」と怒鳴り続けているのです。

 

 

 追記:こういうのを見ると、もう被害者意識全開なオタクはオウムと変わらないな。

 

togetter.com

  

arrow1953.hatenablog.com

 

※手前勝手な物語(妄想)に引きこもって外界に目を背けるという意味でネトウヨとも同じメンタリティーもっているんだろうな。俺の中ではオタク=オウム=ネトウヨだ。

※俺は優しいからいってやるけどオタクが「表現の自由!!」とか叫んで守ろうとしているのものは所詮、アニメキャラの萌え系エロ抱き枕やラノベの表紙程度のものだっていうことのみっともなさに気づいた方がいいよマジで。


 

 

ラブレターで失恋!学年集会で、先生に大声で手紙を読まれた思い出

こんにちは。

 

f:id:arrow1953:20190320014516p:plain

 

 

 

 世間はもう卒業式などを終えて春休みといったところでしょうか。卒業生はまた4月から始まる新たな学校や会社での生活に対して期待と不安を抱き、在校生は進級を控えて気を引き締める。この時期は夏休みとも冬休みとも異なる独特な雰囲気を持っており既に学校を卒業して社会人になった自分にとっては懐かしさを感じさせます。

ラブレターのせいで失恋!

 さて本題。学生だった頃の僕は何度もこのブログで書いておりますけど彼女おらず。されども、恋多き青少年ではありました。どれもこれも思い出すとトホホと、呟きたくなるようなものばかりだったけれども、そんな中で今でも忘れられないのは同級生全員の前で学年主任が大声で俺のラブレターを読み上げたことです。

 

誰にも言えぬ想いを込めた恋文 

今から25年前のことです。僕には好きな女の子がおりました。ただ照れ屋なもので、自分から声をかけたり好きだ!とその子に打ち明ける勇気もない。そこで手紙で自分の想いを伝えたい!好きだとその子に知られるのも恥ずかしいので匿名で出そうと思ったのがこの出来事のきっかけでした。

 

 手前味噌になるけどその頃、学年で最も作文のうまい生徒だと国語の先生にいわれていたこともあったので書き上げた手紙、いやさ恋文を手に僕はひとりご満悦。ところが読むにつけ、そのこだわった文章や筆跡から「これは自分だとバレるな」と思ったのです。彼女に想いを伝えるのは匿名でなくてはならない。書いたのは僕だと知られたらけいない。彼女にしても好きでもない男に告白されたところで迷惑だろう。誰も知らない知られちゃいけない。という、今日もどこかでデビルマンな思考になっていた僕は自宅の雑誌や週刊誌などの活字を1文字1文字丁寧に切り抜き、文章にこだわるのをやめできるだけシンプルに想いを伝えるべくそれを便せんに張り付けて、

 

僕 は 君 が 好 き で す。

 

 という恋文を作って、下駄箱に置いたのでした。10文字足らずの恋文だけど、明朝体やゴシック、POPなどのフォントが不揃いな大きさで綴る匿名からの想いは今考えてみると確かに不気味ではありますが、見方を変えればどこかアーティスティックでもあります。

 

 数日後、卒業を控えた学年集会で学年主任がこの手紙を読み上げ「こんないたずらをするのは誰だ!」と激怒。このいたずらって発言に怒った僕は、学年主任に気づいたら「俺の純愛をいたずら扱いするな!」と怒鳴り返していました。結果、手紙を書いたのは僕だとバレることに。職員室に呼び出されてラブレターについて説明したものの理解されず、周囲からは変人扱いを受けることとなり、その娘も口をきいてくれなくなりましたとさ。いや、そりゃ明らかに僕に非があるんだけどもね。

 

ラブレターによる失恋の傷を活かせ! 

 そんでもって後日談。その数年後のことです。大学の講義で担当教授が「君たちのレポートにはオリジナリティというか、独創性というものがない。ぜひ私を唸らせるレポートを読んでみたい」とかいうのでその時の手法でレポート作成を実施。部屋に閉じこもって山のごとく積んだ雑誌と新聞を机の横において下書き。できるだけ活字で使うことの少なそうな漢字を含む単語や言い回しなどを避けたものを書いて、それに合わせ活字を1文字1文字ごとに切り抜き、張っていく。部活やバイトを全部休み、トイレと風呂、三度の食事以外はレポート作成。そうして、どうにか400字詰めの原稿用紙だいたい10枚分ていどのものを書いて提出したのです。

 先生は数日後、研究室に僕を呼んで「文章は平凡。だが、私は世界でたったひとつのレポートをもらったのかもしれない」と仰っていました。その授業で「A」をもらったのは僕だけだったそうな。

 

 本日のブログはそんな青春の苦い思い出についてでした。ちなみにその娘とは20代のころに行った同窓会で和解をしているものの、その後どうなっているか分かりません。僕の恋愛遍歴は高校時代、好きになった子の口に僕の脛毛が入ったことから失恋となったエピソードやおなじみの「友達未満」エピソード、その他多数。こりゃ彼女できなくてもしゃあなぃわ。よくよく考えたら、コレって僕の中にありきたりな常識をぶっ壊したいという欲望がこの頃から強くあり、それが潜在的に発露されたのかも。

 

 

arrow1953.hatenablog.com

 

 

arrow1953.hatenablog.com

 

 


 

 

 

俵万智公認?サラダ記念日に捧げられた下品な返歌集

 こんにちは。本日はバレンタインデーのお返しである3/14のホワイトデーってことで恋愛にちなんだ記事でも書いてみたいと思っております。

 

 

 

 

若い男女の綴る、短歌の交流

いきなりですけど皆さんこのブログ記事を読んだことってありますか?

con2469.hatenablog.com

con2469.hatenablog.com

 コレはどんなブログかっていうとタイトルそのまんまで、好きな女の子に告白をして振られた男の子がそのつらい心境を短歌で表現。その歌の中で気に入っている158首をプリントして女の子に手渡したところ、全部の短歌に感想を貰えたっていう珍しい体験について語った記事です。

 

実は、ぼくは一昨年の年末から「西村取想」という名前で短歌を作り、毎日1首以上をTwitterに投稿しています。

 今回はその短歌にまつわる話です。 1ヶ月前に1年半ほど片想いをしていた女の子に告白をしたらふられました。普通だったらそこでお互いに気まずくなって関係がギクシャクしてしまうのかもしれませんが、ぼくは諦めが悪いというか打たれ強いというかタチが悪いというかなんというかなので、後日その女の子に「その女の子のことを想って過去に作った短歌から選んだ158首」をA4用紙(9枚)に印刷して「ラブレターです」と言って渡しました。その女の子は優しいというかなんというかなので「ありがとう!読んだら感想言うね!」と言って受け取ってくれました。 そしてさらに後日、ふたりでスカイプ通話をしているときに「そういえば感想まだ言ってなかったね。今から言うね」と相手が言ったので、全体に対する感想を言ってくれるのかなと思っていたら、なんと最初から1首ずつ読み上げて感想を言い始めてくれました。それがとても嬉しかったので、その一部をみなさんと共有しようというのが本記事です。

告白したらふられたので「その女の子のことを想って過去に作った短歌から選んだ158首」を紙に印刷して本人に渡したら1首ずつ感想をくれた話【前編】 - 鯖寿司が食べたい

 

 この歌とその女の子が述べた感想についてはここでどうこう述べません。だけども、このように男女がお互いの想いを「短歌」で表現して伝え合う」のは風情がありなかなかいいものだなと思います。

 

短歌と言ったら俵万智のサラダ記念日 

 さて本題。短歌といえば僕たちの世代でピンとくるのはやはり俵万智さん。複雑かつ多様性に満ちた男女の機微をシンプルな三十一文字でつづった短歌集「サラダ記念日」は多くの支持を受けてベストセラーにもなりました。お馴染みの映画「男はつらいよ」でも「寅次郎のサラダ記念日」という作品が作られたり、80年代の名作アニメ「めぞん一刻」第86話では「衝撃の一夜!明日菜のサラダ記念日」というエピソードタイトルをつけたりなどまぁ、ほんとにその人気はその当時子どもだった僕が見ても「すげぇ」と思わざるを得ない程でした。

 

サラダ記念日 - Wikipedia

 

 そんなベストセラーのサラダ記念日に対する「男たちのサラダ記念日」というの本があったのを皆さんご存知でしょうか。

f:id:arrow1953:20190314013000j:plain

左:サラダ記念日
右:男たちのサラダ記念日

 

俵万智の歌に贈られた、下品な返歌集

 この男たちのサラダ記念日っていう本は「サラダ倶楽部」という正体不明のグループにより綴られた、サラダ記念日に収録されている短歌への返歌集。どんな返歌かというと全編にわたってこんな具合。

 以下、引用(赤:サラダ記念日 / 青:男たちのサラダ記念日

 

君を待つ      土曜日なりき 待つという 時間を食べて 女は生きる
そういえば   年も名前も聞かないで   SEXしちゃったこの娘は誰だ

女性は愛する君を待つ時間を食らい、男は性欲のままに若き女性に肉体を食らいたがるという身も蓋もない男の欲求の吐露。この男を誰かぶん殴ってやれ。

 

気がつけば 君の好める 花模様 ばかり手にして いる試着室
もう少し ヤセた方がと 言いかけて やめたウエスト 85のオレ  

他人のことを、どうこういうより自分をどうにかしろ。

 

あかねさす テラスはつかに 春を告げ くるんと次の葉を出すアビス
ブラウスの 袖口のレースに 照れ笑う 新郎は元柔道部主将

めちゃくちゃ。こんなのもう返歌でもねぇ。

 

二番目に 愛されたれば それゆえに 決められており 「愛人タイプ」
もう二度と 合わぬと思い 抱いた人 人妻と知り 得した気分

不倫について歌っているがこれほどまで違うものなのか。背徳的かつ情調的な俵万智に比べて下品さしか感じない返歌。

 

 バカ野郎。以外の単語が出てきません。だけどこの本、そこそこ売れたそうな。ただかなりレアな本なので古本屋を回ってもなかなか出てこないため、興味ある人がいたらヤフオクあたりで探してみたらいかがでしょう。サラダ記念日と比べながら読むとこの返歌を詠んだ男どもの教養の無さと下品さなどが際立ち、笑えます。ってなところで、これにて!

 

 


 

 

※インターネット古本屋だったらそこそこある店舗も。笑えはするけど、何の足しにもならない本であるということはご了承下さい。ベストセラーにもなったけど、この頃はまだ女性も結婚、家庭という価値観に強く縛られていた時期でもあったため現在の女性たちがサラダ記念日に共感できるのかどうか?というのは分からないなぁ。この辺について、ぜひとも女性に聞いてみたいとも思っている。

体育会系なバカになるな!社会や企業で通用しないぞ!

こんにちは。

 

f:id:arrow1953:20180603024857p:plain

 

 本日のブログのテーマは「体育会」。

president.jp

 

 

 日大アメフト部やその他の体育会系サークルの不祥事などを報道で知って「スポーツマンシップはどこに行ったんだ!」と憤り、嘆いていらっしゃる方もおられるでしょうけれど、学生の頃に体育会だった僕からいわせりゃ「今さら、何いってるの?体育会にいる奴らはバカの巣窟なんだから暴力や年代別の権力の横暴なんて当たり前だった。だから対策しなきゃダメ!」っていうだけのこと。ちなみに以下リンクは「体育会系」で検索していて上位にあった記事の中で、最も興味深いコラム。

shukatsu-mirai.com

 

以下、上記記事の引用

 

体育会系ってバカなの?

運動部特有の気質を持った人を「体育会系」と呼びます。その具体的例を見ていきましょう。

①目上の人が言うことは絶対という思考を持っている

②情熱的でチームワークを大切にしている

③根性論や気合いの精神を持っている

④辛いことがあっても諦めずストイックに取り組める

 

出典:就活の未来

 

体育会系ってバカですねぇ、率直にいって。単なる思考放棄の家畜だこんなの。

 

体育会系=バカという美しい方程式

 先述しましたが僕自身、大学時代は合気道部。つまりバリバリ体育会系学生でした。この体育会っていう組織では、全体育会系サークルの集う総会で学ラン着用必須だとか会議中に部の旗をずっと掲げなきゃいけないとか、誰が見てもアホで非合理的ともいえる行為を強制されるプチ軍隊みたいなバカの集団。体育会の幹部は何かにつけて、偉そうに「体育会の自覚」という思考停止の極みみたいなフレーズを連呼してふんぞり返ってやがる。

 

 そんな連中を見ていて「こりゃ合気道部がカウンターカルチャーにならなきゃいけないな。意識改革が必要だな」と常日頃思っていた僕は3年で合気道部の主将になったと同時に今後の合気道部だけでなく「体育会系=バカ」という社会的イメージを払しょくするため目指すべき方向性を示した「体育会系文化会」という目標と「トモミズム」というキャッチコピーを作ったのです。この、トモミズムの語源になっている「トモミ」とは「華原朋美」のことです。この当時リリースされていた曲、

 

たのしくたのしくやさしくね」 

 

 この曲名のような活動を合気道部では目指そうという意識、想いを具現化させたいという僕の判断から「たのしくたのしくやさしくね華原朋美主義=トモミズム」というコピーを作ったのでした。

 

 当時の合気道部は1年~4年を含めても、せいぜい10人。そのために上下関係もあったけど、どちらかというと僕が入部した時から大学の運動部というより中小企業をみんなで切り盛りする親方と社員のような空気でとても仲がよかったので、どうせだったら先輩と後輩の関係も乗り越えちまおうぜ!という想いを込めて作ったコピーでした。そして僕が後輩に求めた鉄則はこの4つ。

 

体育会系バカにならないための鉄則

①先輩の意見が正しいと思うな!

→年上だろうが年下だろうが誰もが物事を考え、時に誤る。物事の判断に、年齢差を反映させるのは、正確な認識を狂わせる

 

②稽古に上下なんてない!

→先輩だってミスして技が効かないことだってある。そんな時には先輩後輩関係なく技について指摘し合う。稽古で重要なのはメンツでなく、技の向上である。

③遊べ!ふざけろ!

→体育会に染まるな!アルバイトや他サークルかけもち、ゼミなどの活動を通じて、広い視野を育てろ!


④大学の4年時の残単はひとケタ

→学生の本文は学業。体育会活動にかまけて単位の取得を疎かにする奴はクズ。ちなみに僕はというと大学4年時の残り単位8。

 


 こんなことを表立って主張したり、他サークルを批判していたからまぁ、他部の主将や体育会本部の役員には変な目で見られていましたね。その中でも最も重要視したのは①。先輩や周囲の言うことを「絶対」と教える体質に染まった部員というのはほんとうにかわいそうです。

 

 だから僕が率先して「体育会の常識」という思考停止をどう壊してやろうか?といつも考えていました。「腕立て100回、腹筋100回、背筋100回を各自、毎日イメトレで実践!」と後輩たちに課して全員から「バカ」という罵声を浴びたり。部室にプレステやセガサターンを持ち込み、100人組手と称してゲームの「鉄拳」や「バーチャファイター」で100回対戦やったり。稽古は稽古でまじめにやりながらも、おふざけを前面に押し出した部活。後輩からの愛ある「バカ」という罵声も心地いいもんでした。

 

 このおふざけの極めつけは体育会の会長ほか各部主将たちがそろって発言をする体育会総会。皆でまた「体育会の自覚」を連呼するため、頭にきた僕は「体育会の自覚ってやつより、僕や皆さんは親御さんからのお金で学生生活を送っている『脛かじり』という立場であり、そのうえで体育会ごっこで遊んでいることをもっと自覚するべきだろう」っていってやったら会長が怒りで震えてやんの。

 

体育会で鍛えた身体を活かすのは鍛えた思考である

 今はすっかり会社員になった僕も、まだその精神を捨てていません。今も「問題児」扱いされながらもどうにか社会人やっています。だけど。今回の日大の件や昨今の日本の抱えている諸問題を振り返って考えるとやはり、こういう批判精神っていうか現在に対して常に疑問を抱き続ける「思考」って大事だろうなと思う。

 そんな僕の会社員生活。

 

 

arrow1953.hatenablog.com

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

保育士は体育会系! [ 河原ちょっと ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/6/3時点)


 

 

※体育会のマインドって結局のところ、一人だけで立てない弱い人間、物事の変化に対応できない人材を輩出するだけだよな。以下リンクの記事はぜひ多くの人が読むべき。

www.businessinsider.jp

news.livedoor.com


 

 

自衛隊の募集も地域振興もキモいオタクの萌えに頼るな!

こんにちは

 本日のブログはこの記事から。

news.livedoor.com

 

 

 

f:id:arrow1953:20190306020533j:plain

 

 自衛隊・滋賀地方協力本部自衛隊募集ポスターに「ストライクウィッチーズ」というアニメのキャラが使われており、ヒロインキャラの下着が見えているような絵柄からポスターが「セクハラ」にあたる。という声が上がっているそうな。

 

 上記リンク記事によるとキャラの服装は下着でなくてズボンである。として今後も掲載を継続する。との話だったが、結局のところ批判が収まらずに撤去。この話題を受けてロリキャラ大好きオタクや性表現へのゾーニングなどにはうるさいくせに他の表現については呆れるほど無頓着な表現の自由戦士は「表現の自由がどうこう」と騒いでいました。

 

www.mbs.jp

 

表現の自由?ロリキャラで何を表現?

 そういう連中には常に、僕はこういってやります。表現の自由?目が大きく身体のラインを強調したり、肌の露出が多い服を着て独特の口ぐせや口調で会話をするキャラを使って自衛隊の何を表現したいんだ?答えられるなら答えてみろ」と。

 

 このアニメを使った募集ポスターから見えてくるのは自衛隊の「可愛い女の子アニメキャラを自衛隊のポスターに使えばイメージアップだ!!」という極めて安直な思考。そして公的機関にアニメキャラが使われたことで「自分たちの趣味が公に肯定されているんだ!」とかいう勘違いをしているバカなオタクたち。というところでしょうか。

 

 どちらにしても不幸なのは世間の常識からいえば「ロリキャラ=キモオタ」というのが一般的であるという現実に気づいていないことでしょう。キャラの履いているのがズボンか下着か云々なんていう議論なんてどうでもいい。アニメに興味ない人がこのポスターを見たら「生足のロリキャラ?こんなの好きなの?来るな!キモイ!」っていうだけ。オタクの人は、そこを認識しておくべきでしょう。あなたたちの好きなモノ=皆の好きなものではありません。

 

曖昧なアニメとポルノの境界

 アニメやサブカルで描かれる女性はポルノなのか?そうでないのか?という議論についていうとアニメ制作の現場で働き、そこでDVDを売ったり視聴率を上げるため女の子のセミヌードを登場させたりするのを直接、目の当たりにしてきた経験から言わせてもらえば常にグレーゾーンだというのが僕の意見。商業目的で大きなお友だちの性的興奮を煽るような表現を多用してきたのが90年代後半~現在のアニメというのもまた事実です。むろんアニメ作品全部ではありませんが。

 

 この「アニメ=児童ポルノ」っていうくくりについて「そういわれたら否定できないところもあるよな」というのが僕のスタンスではあるけれど、それをプライベートな趣味で楽しむ分には問題は全くありません。それらにポルノ的要素があることを自覚して、きっちりとゾーニングを行いパブリックとプライベートで折り合いをつけられるなら、文句をいう筋合いは誰にもありません。むしろ僕はアニメをポルノ扱いしておきながらそれらの持っている「記号的な分かりやすさ」「かわいさ」を利用して政治・経済の分野でポピュリズムを得ようとする人たちの二枚舌こそ批判されるべきだろう。と思います。

 

サブカルの「萌え」にすり寄る行政、国防 

 被害妄想のひどいオタクはすぐに「オタク差別」なんて簡単にいうけれど、80年代~90年代なんてオタクは周囲からしたら「侮蔑と嘲笑のターゲット」でした。僕自身も、中学生だった頃に「鎧伝サムライトルーパー」の女性キャラ「ナスティ柳生」にハマりこっそりアニメイトで水着のイラストポスターを買ったことがありました。もうその時抱いていた後ろめたさみたいな感情ったらありません。コレを見られたら俺の学生生活めちゃくちゃだなぁ、確かにアニメに興味ない人がこんなのを見たら不気味だろうな。とかウダウダ考えているうちに自分のプライベートと外的空間のパブリックとの折り合いのつけ方を身に着けた。僕らはそうやって社会から見た自分たちのキモさを認め、それでも自らの趣味を肯定しながら公私を切り分けたうえで、オタクであり続ける覚悟を持ったのです。

 

 で、それはかつてのオタクたちが現実にコミットするための「作法」だったんですよ。なに?オタク差別?君らは僕らの時代と比べたらすっげーぬるま湯に浸かっていると思うぜ。自衛隊や行政が積極的にオタク的表現を使ってくれてよかったじゃないか。ある意味社会から公認を受けたわけだ。すげー恵まれているな君ら。それでオタク差別だ?フェミニズムに否定された?そんな程度で騒ぐな!

甘ったれるなバカと怒鳴ってやりたくなります。自分たちの趣味を周囲に認めてもらいたくてギャーギャーわめいている現在のオタクは正直いって見苦しい。

 

 僕らの90年代後半あたりから「萌え」という言葉が流通し始めて以来、日本の政治・経済・文化がその「萌えキャラ、ロリキャラ」のあり方を変化させていき、現在に至る。公的なものがポピュリズムを得るために萌えなどのサブカルに媚びてきたりすり寄ったりする現象が増えています。以前はそれらを犯罪の温床とでもいいたげに扱ったり、時にはそれらを「非実在青少年」表現とかいう名称で呼んで、規制しようとしたくせに。

 

 それがいつのまにか掌を返すように非実在青少年を使い自衛隊員を募集したり、地域の振興に使ったり。そういった風潮に僕はウンザリしています。そういや数年前には海女さんの萌えキャラが一部で賛否両論にもなりました。

 

ama-megu.com

 

 僕はあまり感心しませんけどまぁ、最近アニメの舞台となった自治体に多くのファンがお客として訪れるっていう現象が増えているのを考えたらこういったものに頼りたくなる気持ちも分からなくはありません。

 

 さっきも書いた通り、現在のアニメ表現はポルノではないけれどポルノ的要素を含む表現であることは否定できないというのが僕の考えです。それを「個人の趣味」レベルで消費することは批判されるのに行政みたいな「パブリック」が市民権を得るため広報で利用されているっていうことについてオタクはもう少し真面目に考えるべきです。

 
 僕自身のいいたいことは「女の子のセミヌード表現や、萌え要素の強いキャラクターが全盛となっている現在のアニメ環境を『セクハラ』と思う人はいるだろうね。ただ、そのアニメ表現を犯罪の温床みたいに扱いながら町おこしや自衛隊の勧誘に使っているこの国の空気って何?」ということです。町おこしや自衛隊員勧誘に「萌え」を利用している一方で行政が「非実在青少年」表現を巡って条例を改正しようとしたりするこの二枚舌な現状について、アニメファンは本来「お前らどっちなんだ!」と怒るべきなのです。

 

 最近の萌えだけでなく、このアニメや漫画の持つ性的イメージと規制との戦いは昭和から続いており、行政はつねに表現の「敵」という立場にありました。

 

有害コミック騒動 - Wikipedia

 

 その行政がポピュリズムを得るため、サブカルに擦り寄う構図が僕からみたら酷く気持ち悪い。ポスターに使っている萌え絵に性描写があるのかどうかっていう話ではなく。例えば美濃加茂市で話題になったポスター。

 

f:id:arrow1953:20151215012626j:plain

 

f:id:arrow1953:20151215012635j:plain

 

 これをポルノとは言わないけど女性の体型を強調した構図は性的なものをアピールする狙いがあるのは明白。僕だってこのキャラの大きな胸に目がつられました。行政は今までずっとこういう表現を猥褻として否定をしてきた筈。それなのになんでそのサブカルの持つ性的イメージに今、頼りたがるのかを考えると、ある結論に至ります。

 

オタクは行政に利用されるな 

 もし、このムーブメントを多くのアニメファンが「自分達の趣味が社会的に認められた!」と喜んでいたとしたら、それは大きな思い違い。行政は日本のサブカルや「萌え」について「日本の文化」と認めたり理解したんじゃなく、「萌え」の分かりやすい可愛さに目をつけて利用しているだけです。 

 

 だから表現の規制とパブリックの広報という矛盾を、臆面もなくできるのです。利用をしているだけだからこそ、行政がオタク / サブカル表現の賞味期限が切れてもはや価値なしと判断したら、あいつらはあっさりまた掌返しで表現規制に向かいます。

 

 アニメ / サブカル好きなのだったらこの現状や問題について危機意識と批判精神を持つべき。そして、アニメファンにはアニメを二次元ポルノといわれて否定するのではなく「現在のアニメとポルノの境界線は確かに曖昧だけど俺はそれらが好きだ!個人的な趣味として周囲に迷惑をかけないので誰にも文句言わせない!だけど俺らよりもそのポルノ要素を出目とする『萌え』表現に擦り寄るこの国のほうがよっぽど異常だろボケ」と啖呵を切るぐらいの強さを持って貰いたい。

 

追記:アニメのコラボで隊員募集。

 

www.hai-furi.com

 水没によって国土のほとんどが水没した日本が舞台であり、その中で海上を守る女性防衛部隊「ブルーマーメイド」を目指す専門養成学校「横須賀海洋女子学生」の物語だそうで。また、このアニメには海上保安庁海上自衛隊も積極的に関わっていることもありこんなポスターも。

f:id:arrow1953:20160412232435j:plain

 

www.hai-furi.com

 

 

※今回は表現の自由についてこだわりのある人に向けて書いてみました。タイトルがキツイ?大丈夫!表現の自由だもん。

 

刑務所の体験ツアーで食べたくさい飯について

こんにちは。

 いきなりですけど皆さん、こんなお誘いを受けたらどうしますか?

 

f:id:arrow1953:20190225002917j:plain

 

 

 

「刑務所のご飯、食べてみませんか?」

 刑務所のご飯=俗にいう「くさい飯」っていうやつです。このくさい飯という表現のルーツは「ご飯が麦飯だったため、独特の匂いだったから」という話や「拘置所の部屋はトイレを直接備え付けている構成になっているため、そのトイレの匂いのことをいっている」など、諸説あるとのこと。ただ、このメニューは人の道を踏み外さない限り、決して食べることのできない非常にレアなものであることは間違いありません。そこで今回はこのレアメニューを食べるため、先日、僕の地元昭島市で行われた「刑務所体験ツアー」なるイベントに妻と娘とのいつものお決まりメンバーで遊びに行きました。

 

f:id:arrow1953:20190225002844j:plain

 

 2年前、昭島は「国際法務総合センター」という施設を開所。コレは何かっていうと八王子の医療刑務所少年鑑別所、都の青少年更生センター、少年院などを一本化して建設された複合施設です。この施設建設を巡っては周囲の住民から相当な反対もあったそうな。今回の刑務所ご飯の実食体験はその複合施設で受刑者の作った家具や食材などを売る矯正展で行われたものです。

 

 

刑務所のくさい?飯を実食!

 さて皆さん、お待ちかね。このメニューこそ「刑務所のご飯」!

f:id:arrow1953:20190225004619j:plain

 メニューは鶏肉のきのこあんかけ、煮物、青菜とツナのマヨネーズ和えに麦と白米のブレンド飯です。当日はこのメニューの他、刑務官が食堂で食べているカレーとラーメンもありました。だけどやっぱり来場者みんなのお目当てメニューは「刑務所のご飯」限定200食に長蛇の列ができていたほどです。

 

f:id:arrow1953:20190225005056j:plain

 

 味はというと率直に言って「美味しい」。受刑者の人の健康を考え作られていることもあり栄養バランスは抜群。味は薄味になっており、これまた体にやさしい食事といえます。これのほかにどんなメニューがあるのか、もっと食べてみたいという思いもあるけれどそのために犯罪に手を出して警察に捕まるというのもありえない選択なので諦めざるを得ません。

くさい飯を食べたら刑務所見学ツアー!

 くさくなくておいしいけど「くさい飯」を食べた後は実際の護送バス、人気フォークデュオのゆず風にいうと「シャバとしばらくサヨナラバス」に乗って刑務所見学ツアーへ出発!

f:id:arrow1953:20190225000817j:plain

 

 注意書きにある通り、バスや施設の撮影はダメ!荒くれ者たちが鉄格子を掴んで看守や僕らに凄んだり怒鳴りつけたりするなんてこともまったくなく、案内役を務める刑務官さんの後について施設を回る見学会でした。まぁそりゃそうか。ただ、見学したのは矯正医療センター、つまり医療刑務所のため内部はまるで病院そのもの。普通の病院と違い、受刑者たちのトラブルを避けるため相部屋ではなくみんな個室だそうな。

 

お買い得!生活用品や食材

 その他の見どころでは生活用品や食材が安く買える物販コーナー。そこでは受刑者の作った革靴や家具、石鹸やパンなどが驚きの価格で購入できました。僕らのお目当て商品は洗濯用せっけん「ブルースティック」。

 

f:id:arrow1953:20190225012210j:plain


 黒く汚れたシャツの襟もとをこのせっけんでこすって洗ったら、驚きの洗浄力!!
口コミでその評判を知っていたので大量に買ってきました。Amazonなどではだいたい一本あたり200円前後ですがこの日は三本300円!興味ある人がいたらこちらもどうぞ。

www.e-capic.com

 このCAPICというのは刑務所作業製品の通販専門サイト。売り上げの一部は更生して社会復帰を目指す犯罪者の支援施設援助に使われるそうな。

 

 犯罪や犯罪者を肯定する気はありませんけれど、自らの過ちに気づいた後に本気で社会へ復帰を目指す人たちだって少なくありません。僕自身、このイベントに思うこともそれなりにありました。刑務所や刑務所作業製品に触れることで「自分の知らない世界をひとつ知ったり考えたりする」という意味で貴重な経験を味わえた日でした。機会があったら皆さんもぜひどうぞ!こんなふうに結構、行われているんですよ。

dailyportalz.jp

 

prisonfile.info

 刑務所体験ツアーではなく、リアルな刑務所体験記。興味深いけど重いわ。