読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

ポケモンGO、ポケモンGOと騒いでいる大人がバカに見えて仕方ない。

社会 サブカル

こんにちは。

 

昨日からでしたっけ

日本でのポケモンGOダウンロード開始って?

 

headlines.yahoo.co.jp

 

ごめんなさい、僕、ほんとこの上記記事レベル。

 

以下、要約。

 

ポケモンGOとは?

任天堂と関連会社のポケモン、米国のゲーム会社ナイアンティックの3社共同開発のスマホ専用アプリ。ユーザーは外を歩き回って、モンスターを探索。スマホがモンスターを探知してカメラの液晶でそれらを捉えられたらアイテムのモンスターボール」で捕まえて育成。育てたモンスターを使ってユーザー同士対戦できる。モンスターたちの出現場所と時間はランダム。ふーん。このゲーム、世界中でヒットしてるんだー。と本当に他人事な自分です。

ってかいい年した大人たちが夢中ってバカか?例えばアプリをダウンロードした子どもたちに「◯◯◯にモンスターがいる!連れてって!」とせがまれて一緒に探しに行くという話ならまぁ分からなくもありません。または新しモノ好きでとりあえずダウンロードしとこう。んでもって、会社出勤時や帰宅時にモンスター捕まえたら、それを見せて会話のネタにするというのもアリ。90年代中盤にポケモン誕生ということは現在30歳前後までがリアルなポケモン世代。ジェネレーションギャップを解消するツールとして有効に活用するというパターンも考えられるでしょう。

そういった「お約束」のなかでクールにゲームを使うのだったら理解できます。

だけど。

 

www.sponichi.co.jp

 

こんなこと政治家に質問する方も、答える方もどうかしている。さらにはこんな記事も。

www.sponichi.co.jp

このゲームで歩きスマホ中の転倒や、交通事故発生というケースも多発しているとの事で、全国紙ではこんな社説も書かれる始末。

 

www.yomiuri.co.jp

 

以下引用。

米国では1日の利用者数が約2300万人に達した。スマホ向けのゲームでは過去最高だという。ダウンロードしているのは、ポケモンが人気を呼んだ1990年代に子供だった人たちが中心だ。日本発のコンテンツが海外でも愛されている好例である。

ー中略ー

米国では、スマホの画面に気を取られ、看板などにぶつかって負傷する人が相次いでいる。運転中にゲームに興じて事故を起こしたり、足を踏み外して崖から転落したりした例もある。日本でも、歩きながらメールなどをする「歩きスマホ」が大きな問題となっている。ポケモンGOが、それに拍車をかけることにならないか。

この国で今、最も大事なものは

「たかがゲームのデータに大人がうかれるんじゃない!」という当たり前のことばではないかと思います。アニメとゲームという畑違いではあるけれど、かつてサブカルの作り手だった自分から見たらこの現象はすっげー気持ち悪い。大手メディアや政治家が「たかがゲームに騒ぐな!」といわない言論環境に違和感を持たざるを得ません。

90年代の湾岸戦争時、この時代のある若者が戦争の映像を観て「まるでゲームみたいだ」といったことをきっかけに、たちは「現実と虚構を区別できない世代」だと叩かれたことがありました。その指摘が適切なのかどうかは別としてこの時代には現実とサブカルの間には、明確な線が引かれていた事だけは確かだったと思うのです。ところが今、この国は政治も経済も文化もサブカルという虚構に飲み込まれているように僕には思えてならない。

この国は本気でサブカルと距離を置くべきだと思う。

 

そしてポケモンGOムーブメントに乗り切ることができないことに寂しさを抱いているブログ読者がいたら、僕はこう言います。

あなたは大人として間違っていない。

こんなもんで騒いでいる世の中のほうがおかしい。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ポケモンくらべる図鑑新装版
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/7/23時点)

ポケモンって全シリーズ合わせるとモンスターの数は700を超えるとか。ほんとにすげーわー。

 

お題「ポケモンGO」