読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

ボロボロのパソコンをLinuxを使ってリサイクルしてみる

 

こんにちは。 

本日のテーマはWindowsやーめた!」
現在、僕の自宅には3台のパソコンがあり、全部Windowsです。

 

Windows7のデスクトップ
Windows vistaのノート
Windows XPのノート

この③についてはOSの保証期間はとっくに切れているので、ネットにつなげません。NWに接続できないスタンドアローンのPCなどゴミ同然といえます。なので本日、この本を買ってきてOSを変更させてみました。

 めっちゃくちゃ使える!

 

Ubuntuというのは「LINUX」というOSの種類のひとつ。このLINUXUNIXというのはサーバー構築ほかシステム管理などの分野で、割とよく使われているOSなんですけど、マイクロソフトWindowsが圧倒的シェアをほこる個人所有のPCでは見る機会も多くありません。だけど、意外な所で「LINUX」は使われています。具体的にいうとみなさんのスマホのOSである「andoroid」。これもLINUXの仲間です。

この辺の話は「日経Linux」などを読むと分かりやすくておもしろいかも。とにかく本日、Windows XPをノートPCから削除してLinuxOSのひとつ「Ubuntsu」をインストールしてみました。数多くあるLinuxOSからUbuntsuを僕が選択したのは以下の理由から。

①LinuxOSの中で最もメジャーであり、入門者にぴったり
②メジャーであるため、関連書物が豊富
③日本語サイト、フォーラムがあるため質問しやすい

そのインストール時の画面の写真はこんな感じ。画面にアプリケーションのアイコンがあるので必要に応じてアイコンをクリックしてアプリを起動させます。操作感覚はWindowsとほぼ同じ。LinuxOSは専門サイトでダウンロードするのが原則ですが、Ubuntuはビギナー用Linuxの専門書などに付録でついている事が多いので、もっとも入手が簡単。PCにインストールして本に従い操作をしていけばネット閲覧くらいだったら1~2時間程度で可能です。

 

 f:id:arrow1953:20150323011923p:plain

以下ホームページより
Ubuntu - Wikipedia

今回インストールしたPCはメモリ768Mのノートですけど、メインで使っているメモリ2Gのデスクトップ(Win7)に比べて使い勝手も遜色ないのには驚きました。Windowsの方が操作に慣れているためUbuntuの操作プロセスなどに違和感を抱くところも多少ありますが、PCの利用がインターネットやメール、ドキュメント作成のみだったら慣れるのも早いでしょう。

ついでにWindowsからLinuxへの切替時のメリットとデメリットについても紹介。

メリット

①原則的にLinuxのバージョンアップ版はダウンロード無料のため、OSのアップグレードなどで端末買い替えをしなくてもいい。

Windows Officeと互換性を持つ無料アプリケーションがあるので、OSの切替後もWinPCとWord、EXCELのデータやり取り可能。

デメリット

Windows用のアプリケーションが起動できない(場合によって出来る事もある)
②快適に使いこなすためには、ある程度の勉強が必要となる 

 

このメリットとデメリンとも人それぞれですけど。Win7、Win8のユーザーだったらせっかくマイクロソフトがタダでWin10をくれるっていうんだから素直に貰っちゃえばいいじゃんと思うけども、もうサポート終了でネットに繋げないWinXPや、サポートから外れWindows VistaユーザーはWindowsを捨ててLinuxOSをインストールして使うのもアリです。パソコンの利用目的が文書作成やネット閲覧、映像、音楽の視聴や編集などだったら専用のフリーソフトもそれなりにそろっているし、WORDやEXCELと互換性のあるフリーソフト「Libre Office」のおかげでOfficeの書類をLinuxで閲覧、編集できるようにもなりました。

EXCELのデータについては関数が狂って使えないケースなどもあるので注意。

メイン機として使うとしたら多少頼りないけれど、セカンド機として使うなら充分。このブログを書くのに使っているパソコンもたまにCPUに多くの負荷がかかって重くなる事もあるけれど、使い勝手はWindowsと比べても、遜色ありません。 

f:id:arrow1953:20150815103020p:plain

※僕の使っているブラウザはマニアックなVivaldi(笑)

 

さて。

Linux系OSでボロボロパソコンをリサイクル!というのはいいんだけど、今回の対象機器の性能はメモリが768メガ。今どきメモリ4Gが当たり前の時代にギガ以下の単位のメモリ。Ubuntuの推奨メモリは512メガなので、起動できるけどやっぱり動作が遅い。おまけに世間では意外とWindowsXPの端末を捨てていないお宅もあるみたいなので、もっと低い性能の端末でも使えるLinuxOSってないかな?と考えて以下の条件で探しました。

①500M前後のメモリでも使える
②OSそのものの容量が軽い(CD-ROM1枚に入る程度)

 

現在は殆んどのLinuxOSは容量1ギガを超えるためDVD-ROMでないと入りません。そこでCD-ROMに入る700M前後の容量のLinuxを探してCD-ROMにダウンロードする事に。そんでもってやっと、この2つのOSを見つけました。

 

Puppy Linux 日本語版

 

osdn.jp

 

次回はUbuntsuから上記2つのOSに変更とその比較。