読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

辻仁成の誕生日だからこそ紹介したい名曲ベスト5(ECHOES編)

芸能 音楽

こんにちは

 

本日、10/4は小説家兼ミュージシャンの辻仁成の誕生日。

僕は中学生の頃、この人の楽曲の影響を強く受けておりました。

今でもツライ時や気分を高揚させたい時、この人の曲を聴いて

自らを奮い立たせる事もあります。

 

本日はミュージシャン辻仁成に心からの敬意をこめて

AMネットワーク独断の辻仁成ベスト曲(ECHOES編)を紹介

 

第5位 Jack 収録アルバム:No kidding

www.youtube.com

ECHOESの代表曲で、ライブでは多くのファンを魅了しました。

「Jack」という夜の街を歩き回っては小銭を使い、人々との交流を

求め続ける不良少年と、それでもその息子を信じる母親の物語。

小銭をいつも切らしているJackだけでなく、僕たちもまた

交流を求め、明日もまた僕らは出会いに期待を込めて

夜をふらついているというイメージ。

 

第4位 デラシネ 収録アルバム:Dear Friendwww.youtube.com

何をやっても長続きせず、それを社会のせいにしてはケンカ。

自分の中にあるちっぽけなプライドを捨てて社会と共存を図り、

対立よりも共存を選んだ日こそ自分の独立記念日なのさと嘯く

男の物語。中学生の頃はこの曲を聴いてマジで泣きそうになった。

 

第3位 Dear Friend  収録アルバム:Dear Friend

www.youtube.com

 

久々の友人と再会。ある程度年齢を経ていれば

「お互い変わった」「変わらない」は誰にでもあるけど

友人は主人公が「人が変わったなと感じる、あのイヤな瞬間」を

味わうほど変わっていた。

 

約束は破ったもん勝ちと嘯く友人は嘗て

「人を裏切るより裏切られた方がいい」と呟くイイ奴だったのに。

社会の欲望に染まって人を裏切る側に回った友達が

昔のイイ奴だった頃に戻る日が来る事を強く信じている主人公と

その友達はその後、どうなったのだろう?

 

第2位 友情 収録アルバム:HURTS

www.youtube.com

学校を卒業後、ふと偶然出会った同級生。

友人でもなく恋人でも無い距離感の中で送った青春時代を

思い出しては、もう戻せない時計の針を思い

You&I,keep on heavy frendship

(友人でい続けるってキツイな)と呟く青年の曲。

 

第1位 Dreaming   収録アルバム:HURTS

www.youtube.com

 

夢を夢で終わらせてたまるかと18歳で街を飛び出した少年。

将来の不安にビビっても、周囲に笑われても走り続ける

人たちへの応援曲。夢が叶うかどうかではなく、

「まずは走れ!」と強く背中を押される曲。

 

実を言うとベスト5っていうのはこの記事のいいわけで

実際にはこの他にも好きな曲も多くて、ベスト5なんて選べない。

 

現在の音楽事情を知らないので批判も肯定もできないけど

自分の心情を言い表せる曲、バンドに出会っていた僕の10代は

たぶん幸せだったんだろうなと、僕は思う。