読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

聲の形の感想は、「みんな自分勝手」

こんにちは。

数年前に週刊少年マガジンで連載されて話題になった、聴覚障害を持った女の子とその周囲の人間模様をテーマに描く作品「聲の形」。アニメーション映画になり、概ね好評だそうです。僕はこの映画をまだ観ていないので映画についての感想をどうこう書けないけど、いい機会だな。と思ったので自宅にある原作全7巻を読み直してみました。

 

f:id:arrow1953:20160928001617j:plain

ネットなどでは「感動した」「いい映画」などという好意的な声や「実際の聴覚障害はこんなもんじゃない」  「障害を美化しすぎ」「感動ポルノ」という厳しい意見もあったりで賛否両論なんだけど・・・原作をあらためて読んだ感想としては「自分勝手な物語」っていうところに尽きる印象だったりします。

この物語はどこにでもいそうな高校生、石田将也が聴覚障害を持つ少女、西宮硝子と数年ぶりに再会。その瞬間から思い起こされる少年時代の回想から始まります。小学生時代の石田は、退屈と戦うための度胸だめしに友だちと川に飛び込んだりメチャクチャなイタズラを好むわんぱくな少年でした。だけど周囲の友だちはそのイタズラに飽きていき、もうガキなことはいつまでもやってはいられないといって、石田とは距離を置くようになっていきます。
そんなある日。石田のクラスに西宮さんがやってきます。生まれつき聴覚に障害を持つ彼女は、自己紹介のときにノートを広げて「この筆談ノートを通じてみんなと仲良くなりたいです」とあいさつ。そんな彼女をみて石田はいい遊び道具ができた!とはしゃぎながらいじめに走ります。そのいじめを横目で見ていたクラスメートも直接的には手を下さないものの間接的にそれを喜び、担任もそれを知りながらも「面倒はゴメン」という態度。そして石田に壊された複数の補聴器が総額で170万円という金額になり、学校もこの件について無視できなくなった途端、担任はすべて石田に罪をなすりつけ断罪し始めます。クラスメートも手の平を返して石田を糾弾するようになっていき、それをきっかけに今度は石田がいじめの標的になってしまうことに。そんな石田に対しても怒ることなく笑顔を見せ、孤立したクラスの中で親切な態度を見せる西宮さんに石田は酷く苛立ちを見せ、二人は取っ組み合いの大喧嘩をする事に。そしてそれから1か月後に西宮さんは別の学校に転校。ソレと同時に石田の机には以前からクラスメートのひどい悪口が書かれており、クラスの花係だった西宮さんが毎朝早く学校に来て、石田の机の落書きを消していたことに気づくのでした。自分がいじめの標的にしていた女の子が自分を労ってくれていたことを知った石田はこの日以来、西宮さんへの罪悪感や自己への憎悪、周囲への不信を抱きながら生きる事になっていったのです。

さらに月日も流れて石田も高校3年生。小学生時代の過ち、記憶を引きずり自分自身への絶望から「自殺」を考えていた石田は自分の人生の最後のケジメで西宮さんを探して、以前自分が小学校の池に投げ捨てた筆談ノートを手渡して謝罪。思いがけない行動を見せた石田にひどく戸惑う西宮さんを前、に自分の無知が今でも許せないことを告げたうえで石田もまた「友達になりたい」と、思いがけない本音を西宮さんに口走るのです。その発言に石田の手を思い切って握ることで応えた西宮さんでしたが・・・。

 

自分の人生のケジメをつけるため西宮さんとの再会を願う石田の心情は分からなくもないけど、コレっていじめの被害者だった西宮さんにしたらひどく迷惑。もう思い出したくない記憶をほじくるだけになることもありうるという発想を持っていたら、こんなことできる筈ありません。石田という少年、対峙する他者の心情に思いを寄せられないという意味で、西宮さんをいじめた頃とはあまり変わっていない。ただ、他人を理解できないから排除するという小学生時代の自分勝手さではなく「人と関わりたい」という自分勝手さに変化はしている。だからこそ西宮さんは嘗てのいじめっ子であり、クラスのみんなと仲良くなりたいという当たり前の願いや可能性を踏みにじった石田に歩み寄ったのだろうと考えられます。

自分の小学校生活をボロボロに破壊した憎むべき石田が手話を覚えて自分と会話をしている。「なんで手話できるの?」という西宮さんの手話から始まる二人の会話は西宮さんから過去の過ちを断罪されることで終わる筈だったのに、初めてお互いに言葉を語り、筆談ノートを大事そうに抱えた西宮さんは石田にノートを見せて「一度諦めたけど、あなたが拾ってくれたから(大事)」と手話で伝えます。それを見た石田はあらためて、自分が西宮さんから奪ってしまったものの大きさを実感。二人は友だちになりたい、お互いを理解したいという素直な思いに、石田の贖罪の思いが混ざった複雑な感情を抱える関係になっていくのです。

ここで視点を西宮さんに変更して考えてみましょう。ここまでではまだ明らかになっていませんが、自分の障害が原因で父と母が離婚することとなり、妹も「ミミナシの妹」と言われていじめ、からかいの対象になっている。小学校のクラスも自分がいるせいで周囲の空気がどことなくぎこちなくて重い。彼女もまた自分は結局、周囲の人を不幸にする存在である。という絶望的な苦しみから自らへの嫌悪感を背負っていたのでした。高校生になった西宮さんは周囲に溶け込み、まぁまぁ楽しくやっている。石田は西宮さんを探している時にそういった情報を得ていましたがそれはおそらく当たり障りない態度を周囲に見せることでつくってきたものであり、だからこそ数年の時を経て、手話を覚え自分に語りかけてきた石田に「他人と心からの言葉を通じてつながりたい!」という諦めていた願いの可能性を見た。

そう考えると二人の関係っていうのは相互理解への渇望、友達になりたいという願い、過去のいじめへの贖罪といった複雑な両者の感情が絡みあった危ういものでした。そこに小学生時代のクラスメートが再び集まりだした事で西宮さんは追い詰められます。いじめに積極的で、今もその当時を反省していない子、それを見かねて西宮さんと仲良くしたことでいじめを受けた子、消極的にいじめに加わっていた子などの互いに抱えていたものが噴出した事で西宮さんは再び「自分は周囲を不幸にする」と思い悩むようになり、物語後半でとんでもない事を実行することに。それは石田の友情や「奪った時間への償い」、わだかまりはあれども負の感情を乗り越えて関係をつくり直そうという周囲の気持ちなどを裏切る結果となった。その意味で西宮さんも自分勝手なのです。

かつて傷つけた相手に関わることを願った石田。相手と関わりたいと願いながらも、自分の思い込みで相手を切り捨てる事を選んだ西宮さん。このコインの裏表みたいな「二人の自分勝手」こそが物語の本質であり、「いじめ」「聴覚障害」っていうのは実はそんなに重きを置くテーマじゃないんじゃないのか。そんなことを考えています。

 

koenokatachi-movie.com

f:id:arrow1953:20161003013427j:plain


arrow1953.hatenablog.com

この物語のポイントとなるのは西宮さんと石田の「自分勝手さ」であると僕は考えています。西宮さんの聴覚障害をあざ笑い、いじめ続けた石田は逆にクラスメートからいじめを受ける立場になったことでその行為の愚かさを知り、罪悪感に苛まれる日々を生きてきました。自らの罪深さと、いきなり自分をいじめの標的とした周囲への不信を抱えて自殺を考えていた石田を思いとどまらせたのは再会した西宮さんの手話による「なんで手話できるの?」という驚きの声でした。西宮さんに憎まれて当然な自分に向けられたのは憎悪、敵意ではなく驚きとその真意を問う表情。敵も味方もない「個」と「個」の対話だったことで石田は本心を語り始めます。

「小6だったあの時にお互いの声が聞こえていたら、とずっと思っている」
「自分勝手で思いやりがなく、クラスメートを見下して生きてきた。俺はそんな俺がキライだ」

石田の話をまとめると、だいたいこんなふうになります。石田は西宮さんと友だちになる事を願い、西宮さんも自分とことばを交わすために手話を覚えて現れた石田に長年諦めていた「他者と心からの言葉で繋がる」ことの可能性を見つけ、石田の想いに応えます。石田と西宮さんはお互い「相互理解への渇望」だけでなく石田の「罪の意識」と西宮さんの心に芽生えた「石田への淡い恋心」が混ざり、複雑なものに変貌。さらに石田の心情も西宮さんと接すれば接するほど罪悪感や自分への不信が贖罪の意識を強めていく事になります。

単行本の帯には物語が進む事で変化し続けていく石田の心境が表現されていますけれど、そこにあるフレーズは本編以上に心を抉るものになっているので紹介。

2巻「大切なものを壊してしまった。」
3巻「この命、どうか燃やすように生きたい。あいつの近くで」

石田も実際に、2巻で西宮さんへのこだわりをこんな具合に語っています。

「俺は西宮に会って、その全部を強烈に感じたからこそ人生から逃げずに済んだ。身体のあるうちは西宮のために消耗したいと思う。命も!」

西宮さんはいつの間にか石田の生きる目的になっており、その多少過剰気味な精神的依存を越えて本当の他者への愛情につなげていけたらよかったんだけども、西宮さんも自分の障害は周囲の人を不幸に巻き込んでいくだけという絶望的な思い込みを秘めていた。だからこそ石田への恋心(愛情)の中には「聴覚障害の自分はいつか石田を不幸に巻き込む」という自分自身の不信もどこかにもっていた。

そんな二人の感情は思わぬかたちになり、周囲を巻き込み始めます。西宮さんとの再会を機に嘗ての同級生や石田の過去を知らない現在の同級生らが集まった事で、互いのわだかまりを超えた新たな人間関係が二人をまっている筈だったのに、小学校時代の石田のことを知らない友人が「いじめ」についての話を語りかけてきた事で、石田は小学生時代の同級生が自分を孤立させるため、自分の過去を教えたのでは?という不信を抱きます。実際にそんなことはなかったのだけども、この石田の態度は皮肉にもクラス全体にかつて自分が障害者いじめのリーダーだったことを知らしめる結果に。石田はいたたまれなさから自分や周囲を否定し、西原さんへの依存を強めていきます。

西宮さんもそんな痛々しい石田に「自分と一緒にいるだけで不幸になる」と謝り、その数日後、今までの石田の努力や周囲の人の思いを裏切る行為で西宮さんは人間関係の輪を徹底的に破壊。結局、石田も西宮さんも自分勝手な「負の感情」により周囲をめちゃくちゃにしてしまうことになったのでした。

映画も原作もこの物語はあくまで石田の目線で語られていますがこのプロセスをみていくと、やっぱりこの物語は「石田と西宮さんの自分勝手さの成長」なのだと改めて僕は思いました。聴覚障害の西宮さんをいじめていたころの石田の自分勝手さは言葉どおりの自分勝手。自分の価値観が絶対であり、その周辺にあるノイズを嫌い、他人をいじめても痛みを感じることができない勝手さです。だけど高校生となり自らもいじめを受けたり、周囲に阻害されたことで石田は「人の痛み」を学び、その痛みを与えた西宮さんに関わることを求めた。いじめの被害者である西宮さんから見たらこれまた「自分勝手」な行為なんだけども、人を排除する自分勝手さから、人と関わりたいと思う自分勝手さに変わっている。それはやはり、石田の人間としての成長なのだと思いたいのです。小学校時代の過ちに苦しみながらも自分なりに(自分勝手)に西宮さんにとって何ができるだろうか?なにをしたらいいかと考えて実行し続けたことが彼女への依存度を強め、周囲を混乱させた形になったけど西宮さんに抱いていた贖罪の思いはその頃には「彼女を労る優しさ」にはなっていた。

西宮さんの自己否定も自分勝手なんだけど、結局のところそれも彼女なりの「周囲を気づかう優しさ」だったことを考えたらその「優しさ」も無下に否定できない。みんながみんな互いに「良かれ」と思っていた振舞いが周囲を困らせるだけだったという結果になることは現実にもあることだからです。

石田の西宮さんへの想い。西宮さんの石田や古いクラスメートを中心とする人間関係への想い。周囲の石田、西宮さんへの想い。それぞれがそれぞれにみんな自分勝手なんだけど、自らの利益のためだけでなく、自分以外の誰かを自分なりに思いやり、石田と西宮さんに接していた事が物語で明らかになった時、僕はコレを「自分勝手の物語」だと評しました。自分のエゴだけを追求する自分勝手ではなく自分のエゴに他人への思いやり、過去の体験などに由来する不信や期待など複雑な感情が混ざった「めんどくさい自分勝手」。
あまりいい表現ではないかもしれないけど、僕ら人間がお互いに関係を作りたいと思ったら、その自分勝手さを自覚して踏み込まなくてはなにもはじまらないのも事実。「僕とあなたの自分勝手さをお互いに見せ合い、それをどう克服していくか」そのめんどくさい問いかけこそが、この物語の本質なのではないか?と思うのです。

 

 

※なんだかんだいってこの漫画、俺好きなんだろうな。