サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

ネトウヨな愛国の軽さを歌うゆずと小野田紀美議員

こんにちは。

 

f:id:arrow1953:20180412025305p:plain

 

 昨日おとといと僕のツイッターにフォークデュオの「ゆず」についての批判がやたら多く流れているので気になり、情報をネットで集めてみたら彼らの新曲「ガイコクジンのトモダチ」の詞が「美しい日本」「靖国の桜」など、ネトウヨが感涙にむせぶようなフレーズに溢れており、ファンがひどく困惑させられているそうな。

 

www.j-cast.com

 

「ガイコクジンノトモダチ」

http://j-lyric.net/artist/a000614/l045c95.html

 このブログ記事で歌詞を引用するとまたJASRACがうるせーのでどんな内容か簡単にまとめてみます。

 

 お箸をうまく使えるけど納豆は食べられない外国の友達ができた。その友だちに「私、日本のこととても好きです!あなたはどこが好き?」と質問され僕は戸惑った。
この国で生まれ育った僕らは知らないことばかり。国歌もこっそり歌わなきゃダメ。
この国のことを誇って胸を張ることさえもダメなのかな。国旗はタンスにしまおう。
平和で美しい日本チャチャチャ。

 

 そもそもゆずの曲を僕はまともに聞いたこともないので、この曲についての批判とかするつもりもないんだけれども、どうもこの数年サブカルの中で「愛国推し」みたいなものがひどく強まっているような状況に僕は困惑させられています。ゆずの曲だけでなく、先日はとある国会議員インターネットテレビに出演。

 

abematimes.com

 

 ゲームオタク・腐女子を自称する、この小野田紀美という議員さんはゲーム制作会社を経て政治家に転身。番組では左手の薬指を見せて「見えません?ここ(薬指)に日の丸が。国と結婚しておりますの」と愛国っぷりを熱弁。おそらく裸の王様みたくバカは見ることのできない日の丸なのでしょう。僕には全く見えません。

 

 べつに主義、主張は各々の自由なので誰が愛国を語ろうがどうでもいいんだけど、なぜそこまで「愛国」をアピールしなきゃいけないのか。昨今の「日本文化、伝統スゴイ」を強調しまくるテレビ番組の乱立と相まりすごく鬱陶しい。以前もブログで書いたけど日本の文化や伝統なんて、もはや現実生活と乖離している観念でしかありません。その観念的シンボルである国旗や国歌を持ってきて愛国云々を語られてもひどく空虚で噴飯モノ。お前笑わせるなよ!!という感じだし、こういった声高に愛国を叫んでいる人たちは「愛国」を叫ばなきゃ生きていけない弱者だと思うと哀れみを感じます。

 ん?お前には愛国心はないのか!って?そんな、みなさんに誇るような愛国心なんて持っていませんよ。ただ、日本で生まれ育ってきた自分の歴史、子どもの頃から現在にいたるまで生活の拠点になっている「多摩地域」という土地に愛着はある。わざわざ他人に語らずとも、自分の現在と未来はこの多摩地域への愛着と深くつながっている実感を持っている。だから僕は地に足をつけてこの地域で生きていく!というだけのこと。ゆずも小野田議員も「日本スゴイ!」というナショナリズムに縋っている人も僕から見たら「愛国でなきゃ、生きていけない!」という強迫観念に追い詰められているみたいで、彼らがどれだけ笑顔でも僕には、痛々しく見えるのです。

 今後、日本国は道徳の授業で「愛国心」を重視する方針だと報道で知りました。僕みたいな愛国心にすがらなくても生きていける強者としては大きなお世話でとても迷惑な話だと思い、量産されるだろう表層的な愛国フレーズを考えるだけで憂鬱だし、これとは別で90年代になってからこの国で顕在化したサブカルナショナリズムの融和についてもここから話題を進めていきたいんだけど、それはまた別の機会に。

 

arrow1953.hatenablog.com

 

コレどうして、多くの人が当時、拍手喝采したか分かる?コレはマリオみたいなゲームキャラその他アニメのキャラが「日本文化」としてリアリズムを持ったため、日本人の風習として生活に根差していた、本来「日本文化」と呼ばれるべきものが観念的な「サブカル」になっちゃったことを表す現象で、本日の記事とも繋がっていく話です。日本の文化に対してリアリズムを持っていないため、安倍もゆずも小野田議員もサブカルを通じて「愛国」を叫ばなきゃいけないわけです。だからこそ保守はサブカルによる表面的な「愛国」に拍手とかしているヒマがあるなら、本来あるべき日本文化は、どうやってサブカルからリアリズムを取り戻すべきかを考えるべきなんです。

 

arrow1953.hatenablog.com

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナショナリズム入門 (講談社現代新書) [ 植村和秀 ]
価格:907円(税込、送料無料) (2018/4/12時点)