読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

TM NETWORKはもっと評価されるべき -CAROL-

こんにちは

 

この間NHKTM NETWORKに関する番組が放映されていた事を知りました。


TM NETWORK『CAROL』制作秘話に迫るNHK番組、

マスターテープをもとにメンバーが語る - musicニュース : CINRA.NET

 

うわぁ観たかった!

TM NETWORKTMNではなく)辻仁成のECHOESと同じく

僕の中学時代を思い起こさせる音楽ユニットです。その中でも

上記の「CAROL」は屈指の名盤でした。

 

全13曲から構成されるこのアルバムはミュージカルを思わせるつくりに

なっているのが特徴で、曲の舞台は1991年のイギリス。

キャロル・ミュー・ダグラスという高校生の少女が

ラジオで「Gaball Screen」の曲を聴いて以来、世界各地で

「音」が消えていくという不思議な現象が起きている事に気づきます。

キャロルはそのGaball Screen」の曲に導かれて不思議の国のアリスのように

魔法や怪物が闊歩するファンタジックな世界に迷い込み、ティコ(木根尚登

フラッシュ(宇都宮隆)、クラーク(小室哲哉)と力を合わせて世界から

音を奪う魔王たちと闘う。

この物語を全部楽曲で表現した独特なアルバムでした。

 

CAROLの曲を中心とするLIVE「CAROL TOUR」もTM NETWORKの歌と

キャロルのミュージックを合わせた構成になっており、物語と音楽の

融合を目指した小室哲哉のこだわりが感じられます。

 


TM Network - In The Forest [CAROL TOUR FINAL] - YouTube

こんな感じ。

 

あ、ちなみにTMNになった頃の曲は僕の中では評価が低くなっています。

TM NETWORKはアルバム「HUMAN SYSTEM」からこの

「CAROL」までの時期が僕にとって黄金期でした。独断と偏見だけども。

 

さて、このTM NETWORKの活動時期は1984年~1994年。

「SPEED WAY」というロックバンドで活動を行っていたけど

あんまり売れなかったため、小室哲哉宇都宮隆木根尚登の三人が

今までのものとは異なる、斬新で独創的な音楽を追求するために

始めたユニットでした。

その後、3人は楽器メーカー「ヤマハ」主催のアマチュアバンド大会

「フレッシュサウンズコンテスト」でグランプリ受賞。

 

デビュー後にアルバムを数枚リリースしたものの、評価はイマイチでしたが

Get wild」のヒットで全国的なブレイクを果たします。僕が初めて見た

TM NETWORKはザ・ベストテン。ランク外だけど注目株のアーティストを

紹介する「スポットライト」のコーナーだったと記憶しています。

そこでTMは最先端の楽器を使い、3人ながらハイテクの音楽機材を

駆使して10人分の演奏が出来るバンドと紹介されており、番組で

Get wild」を演奏。そのカッコイイ音楽は当時の僕にとって衝撃でした。

 

この曲はアニメ「CITY HUNTER」のエンディングにも採用。

アニメのラスト場面からイントロが流れてゆっくりスタッフ画面に

変わっていく演出は今見ても鳥肌モノなので、ぜひ読者の方にも

ネットで探してみて欲しいです。

 

さてこのTM NETWORK。名前の由来はユニット結成前後のエピソードを

木根さんがつづった「電気じかけの預言者たち」(94年発行)によると

Time MachineNetwork(タイムマシンネットワーク)。

近未来の音楽を引っさげ、やってきた三人組という

コンセプトで結成されたためと知られていますが、これは後付けの話。

本当はメンバー全員の出身地だった立川、国立など

東京都多摩(TAMA)であり、東京の多摩から発信するNETWORKという

意味だったのはファン以外には意外と知られていません。

多摩を心底愛する僕はこのエピソードに狂喜しました。

めちゃくちゃ、地域密着型の音楽ユニットだったんですよ

TM NETWORKって。

 

上記のTM NETWORKの自伝ともいえる本には、その他にも

小室哲哉の悪癖「遅刻グセ」なども掲載。メンバー全員で

ミーティングの約束をしているのにいつもながら小室が来ない。

そしてミーティングが始まった後、小室から電話。

 「少しミーティングに遅れるかも」という話を聴いたメンバーたちは

またいつもの事かと思いながら、小室に今どの辺にいるのかを尋ねます。

小室は普通のことのように「今、札幌」と回答。

「ウソだろ!!」と驚くメンバーに「これから飛行機に乗るから」と

のんきに答えた小室に対してメンバーは

「やっぱり小室哲哉はグレートだ」と思ったそうな。

 

また、このユニットは積極的に多くのメディアとタイアップ。

多方面でメディアミックスを行っていたのも大きな特徴です。

 

その中でもイロモノなアイテムがアニメ版「CAROL」と

ファミコンソフト。

 

※内容については以下のブログ参照。丁寧なレビューに、感動しました。


TM NETWORK 「CAROL」アニメ版:a Black Leaf (BLACK徒然草)

 

中学生だった頃に購読していた学研のアニメ雑誌

アニメディア」によるとキャラクターデザインは「アーシアン」という

作品で有名な高河ゆん。この作品はTM NETWORKのファンイベントの

ために作られたものだったようですが、後にビデオで発売。

本気で買おうと思っていたけど、この作品をみた同級生から

「主役の声が宇都宮隆セリフが全部棒読み

だったためおもしろくなかった。との話だったのでやめた記憶があります。

 

次。

TM NETWORKファミコンソフト。

TM NETWORK LIVEI N POWER BOWL


TM NETWORK LIVE IN POWER BOWL ファミコン - YouTube

 

※内容については以下のブログ参照。

TM NETWORK ライブインパワーボウル 〜TM NETWORKのゲームレビュー〜

 

物語は1999年の日本。1989年にSDI計画(この辺が80年代だね)の

一端で打ち上げられた衛星が暴走して世界各地にレーザー兵器を照射。

その爆発の衝撃により10年前の1989年にタイムスリップした主人公が

TM NETWORKの協力を得て衛星の暴走を止めるという

アドベンチャーゲームですが

なんでTMの力を借りなきゃいけない?という

野暮なツッコミはしないでやって下さい。

 

このゲームはTM好きの妹が買ったものの、上記ブログにあるとおり

その難易度の高さに音を上げたため、僕もゲームに参入。二人で

あーでもないこーでもないといいながら、クリアした思い出深い作品です。

 

当時はインターネットもなかっただけでなく、ゲーム自体が

ひどくマイナーなのでファミコン攻略雑誌などでも特集が組まれないため、

ゲームクリアに必要な情報がない。

そういうキツい環境だったのでクリアした時の達成感は相当なものでした。

 

クソゲーだけど楽しめたというゲームですな。

 

ファミコンあったらまたちょっと遊びたい

 

 

 ※楽曲だけでなく、上記ライブの映像やインストゥルメンタル盤も

加えた豪華版。皆さんもCAROLの世界を味わってみてはいかがでしょう?