読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

「刃牙」作者の板垣センセと武道の達人の会話、僕の合気道経験から「実戦」を考える

漫画 格闘技、武道 合気道

こんにちは

 

本日起きて、まっさきに気になったのが自称「合気道の達人」対若手格闘家の
異種格闘技戦の結果でした。

ネット上にはだいたい、以下のような感想が溢れています。

 

①60歳で試合に挑むのが無謀
合気道って強くない。
③武道はそもそも実戦性に乏しい

 

皆さん好き勝手いっているみたいですけど合気道六段でとある自治体の合気道会で
師範を務める父がいて、手前味噌なお話ではあるけど物心ついた時から道着を着せられて合気道の技を叩き込まれている僕にいわせりゃ合気道、武道は
「溺れる者が最後に掴む藁」であってそもそも試合に
出るなどアホの極みでしかありません。だって合気道は護身術なんだから。

※僕の合気道歴は30数年だけども、ブランクも長いため現在初段どまり。

 

日常で暴力に巻き込まれそうになった時は、ひたすら逃げる。
逃げて、逃げて、逃げて、逃げて、逃げて、逃げて、逃げて、逃げて、逃げて
逃げまくっても暴力が追ってきてどうにもならなくなった時にすがる最後の手段。

僕と父の考えは上記の通りです。この考えを「武道経験者のくせに情けない!」と思うかどうかについては読者に任せますが、少なくても武道にまじめに取り組んだ事のある人だったら
「うん。その通り」と頷いて貰えるでしょう。

 

今回のこの試合結果について、おそらく皆さんは2つの感想を抱いた事と思います。

 

合気道云々ではなく、挑戦者が弱かった
合気道って実戦的じゃない 

僕はそのどちらとも違い、 

合気道は実戦的かどうかじゃなく、そもそも試合に向いてないと考えています。

 
ここでこの本を紹介しましょう。 

板垣恵介の格闘士列伝

 

この本は人気漫画「グラップラー刃牙」シリーズ作者であり、学生の頃に少林寺拳法を学んだだけでなく卒業後、自衛隊員に入隊。その後アマチュアボクシングで国体に出場などの経験も持つ地上最強の漫画家板垣センセが、格闘技や武道などについて語ったエッセイ本です。ボクシング、空手、少林寺拳法、中国拳法、総合格闘技、プロレス、合気道。 

板垣センセは漫画の登場人物でも人気のある合気の達人、渋川剛気のモデル、
塩田剛三に直接会った事があるそうです。

f:id:arrow1953:20150719161603j:plain

 

この本によると板垣センセの知人が合気道を始めると聞いたが、この頃にはまだ合気道に疑問を持っていた。だけどもその知人が稽古でボロボロになりながらも塩田先生の技に心酔しているのを見ているうちに興味がわき、実際に見てみたくなって道場を訪問。塩田先生にぜひ技を見せてほしいとお願いしたところ、塩田先生は気軽に「ああ、いいよ」と快諾。板垣センセは道場で高段者を相手に次々技を極めているところを目の当たりにして、これはやらせじゃない!

「この人を達人といわずに誰を達人と呼べる!?」と心底感嘆させられたそうな。

ただ、板垣センセは塩田先生についてこうもいっています。

 「達人とはいえども塩田先生がK-1やPRIDEなど異種格闘の試合に出ても勝てるとは思わない。ただ路上の喧嘩みたいなルールの無い戦いでは何をやってくるのか分からないすごみがあって、心底『恐いなぁ、この爺さん』と思わされた。ルールの下に『ヨーイ、ドン』の合図で相手と技術を競う格闘技と、ルールのない戦闘で自らの身を守るために戦う武道。同じ強さを求めるものでも根本的に異なるこの2つを比べていて  『最強』という概念がわからなくなってしまった」

現在、この本が手元にないので正確な引用ではないけどこんな話でした。

 

んでもってこの話には後日談もあったりするんです。

板垣センセは中国で拳法を学び、師匠の許可を貰い「大気拳」を創設した澤井健一のお弟子さんと軽くスパーリングを行う機会を得たのだけど、そこで子ども扱いをされてボコボコ状態にされたそうな。自身もボクシングで国体出場などの経験から腕にはそこそこ覚えもあったんだけど、そのお弟子さんにはまったく敵わなくて心が折れたという話でした。そのスパーリングの傷も癒えぬ間に塩田先生に会った時、
「板垣さんコレやったな?」と塩田先生は拳を固めて見せたので、それに板垣センセが頷き、大気拳の道場でひどい目にあったことを伝えると
「大気拳?あぁ、知ってる知ってる。そうかい、あそこでやられたのか」と狂気じみた高笑いをみせたそうです。そのコワイ笑いがなんだか嬉しくてつられ笑ったそうだけど数日後、塩田先生のお弟子さんが塩田先生から板垣センセに伝言を預かっていると言うので話を聞いてみると 

「もう止めておきな」

「その程度で済んでよかったと思いな」と板垣センセに
強くクギを指す内容だったそうな。それは同時に 

「もしも俺のところに遊び半分で来たらそんなモンじゃ済まさないぞ」という
メッセージでもあったのだろうと板垣センセは受け取ったとのことでした。

何度も戦闘の場で修羅場をくぐってきた達人のメッセージは重かったことでしょう。

今回の試合で怪我をした60歳の達人が、本当に強いか弱いか勇気があるのかどうかについてどうのこうのいうつもりもありません。また、この達人の敗北が合気道を貶めたとも僕は思いません。ただ、塩田先生の言葉が頭をよぎるだけ。

 

「その程度で済んでよかったと思いな」

 

※暴力とは自分のエゴを相手に通す手段であるが、

そのエゴを相手に訴えて断る事をできないように差し向ける

手段という意味で

「土下座は最強の暴力」と語る

板垣センセの常人の斜め上を行く発想、僕は大好きだな!!

 

 

 

arrow1953.hatenablog.com

 この記事もあわせてどうぞ