サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

昭和と平成で異なるドラえもんが青くなった理由に見るジェネレーションギャップ

こんにちは

 本日のブログのテーマは「ジェネレーションギャップ」。 きっかけとなったのは

www.hitode-festival.com

上記ブログの筆者さんがツイートで「ドラえもんの身体の色が青くなった理由」について呟いていたのを目にしたことです。リプに書かれていた理由は2つ。

①ネズミに耳をかじられた後、その姿を鏡で見て青ざめたから身体が青くなった
②ネズミに耳をかじられた事がショックで泣き続けてるうちに、黄色い本来の塗料がはがれて身体が青くなった。

いったいどっちが正解なのか?実を言うと、両方正解。

①は昭和の頃に放映していたドラえもんのオフィシャル設定。
②は平成の映画以降に改められたオフィシャル設定

80年代に小学生だった僕らにとっては①が正解。
90年代に小学生だったこどもたちには②が正解。

 こんなふうにドラえもんの物語設定にはジェネレーションギャップが存在している事になりますが漫画の長期連載やテレビ番組のシリーズ化により、本来の設定が上書きされて、全く別になる。 こういった現象は、サブカルにおいてはよくあります。これはサブカルの物語が現在の流行や情勢、空気などを積極的にとりいれる事で、リアルタイムでウケを狙うという特性によるところが大きい。仮面ライダーも最初、1号だけでしたけど主役の藤岡弘、さん負傷というアクシデントが1号はショッカーの幹部を追うために日本を離れる事になった。その間は、2号がやってきて日本を守るために戦うという後づけ設定を産み、ライダーを放映したところソレがあたって人気爆発。その後付けの設定が作品の幅を広げた結果、現在に至ります。

 ウルトラマンのシリーズも最初はそれぞれ独立していたために初代ウルトラマンとセブンには直接的な繋がりがなかったけどセブン以降の作品で「ウルトラ兄弟」というコンセプトを掲げて物語を縦軸でつないだ結果、ウルトラシリーズは長寿作品に成長。めでたく今年、50周年となりました。設定の上書きはオールドファンとしては納得できないということも多々あります。僕もウルトラセブンに実の息子がいたという後付け設定でウルトラマンゼロというキャラクターが出てきた時は ふざけんな!ダンとアンヌの報われぬ悲恋はどうなった!と怒りがこみ上げましたが最近は「設定を変えていく事で新たな世代が自分の愛した物語を好きになってくれるんだったら、それもいいかな」と丸くなっちゃった。

大人になっちゃったな、僕。

  

NHKニッポン戦後サブカルチャー史 [ 宮沢章夫 ]

NHKニッポン戦後サブカルチャー史 [ 宮沢章夫 ]
価格:1,944円(税込、送料込)

 

 ※NHKでサブカル特集。時代も変わったもんだな。